兵庫県リコーダーレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

兵庫県のリコーダー教室

フルート教室

ニューユーザー

フルートを吹きたい方、一緒に楽しみましょう!フルート教えます。 初心者から経験者、また中高年からのはじめての楽器演奏まで幅広く指導します。大阪音楽大学フルート専攻卒業 多くの楽器店、カルチャーセンターにて講師経験有り。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ピアノをこれから始めたい方や、昔習っていて再開したい方、本格的に学びたい方など、小さなお子様から大人の方まで、どなたでもレッスンを受けることができます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

お気に入りの曲で始められます。音符を読めるようになりましょう。ミュージックプレーヤーに合わせ、仕上がった曲はレパートリーとしてストック。そしていよいよ発表会デビュー! ステージでは緊張するけど主役になれますよ!さあ、次はあなたが奏でてみませんか?ぜひ、ステキな音楽と出会って下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

……事業内容…… ≪ピアノ調律・修理・メンテナンス≫ ピアノは機械でもあり、定期的な点検・整備が必要です。 音感にも影響しますので、年に1~2回の調律と点検整備をお受け頂き、手入れをしていくと、品質維持ができ廃棄処分の時期をのばす事が出来ます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

大阪音大ピアノ科を卒業した講師が丁寧に指導させていただいております。 音大入試、幼児教育大学のための入試準備などにも対応しております。 幼稚園児や小中高生など個人のレベルに合わせて、楽しくマイペースにレッスンさせていただいております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

お子様から大人の方、趣味から音楽高校・大学受験を目指す方まで、ピアノの個別指導を行っております。 習い始めの意識を高く設定し、すべてにおいて専門的な練習を行います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当音楽学院では、社会で必要とされる生きる力を育み、人とのつながりを大事に考える地域に根差した学院を目指しています。 乳幼児のための育脳コース、リトミックコース(1歳~5歳)、英才コース(3~10歳)、ピアノコース(3歳~大人)、ヴァイオリンコース(3歳~大人)、人間力マスターコース(3歳~大人)などの、様々なコースがございます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ピアノ・エレクトーンなどの楽器や、小物類を販売いたします。 楽譜・ピースは常時2000冊以上取り揃えております。ご注文があればお取り寄せも可能です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

現役プロ講師指導の下臨場感溢れるライブスペースで練習を行うことが出来ます。 学校、会社帰りに通いやすい時間帯のレッスンをご用意しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

【業務内容】 総合楽器販売・修理・中古楽器販売 音楽教室、コンサート企画 琴城流大正琴振興会播州支部 ネットショッピング ●○音楽教室○● 音楽を「楽しむ」ということに一番重点をおいて運営をしております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

リコーダー教室をお願いしました

兵庫県におけるリコーダー教室の依頼例

よくある質問

リコーダーレッスンの料金はどのくらいかかる?

リコーダーレッスンの平均料金は約8,700円で、価格帯は約6,500~13,000円です。レッスン回数は、1レッスン30分で月2回が標準ですが、月3回という教室もあります。個人の音楽教室、個人のリコーダー教室のレッスン料金は、平均約7,500円で、価格帯は約4,500~10,000円です。レッスン時間は1レッスン30分で月2回が一般的です。

リコーダーレッスンの依頼における注意点は?

大手のリコーダー教室では、体験レッスンを無料としています。体験レッスンではリコーダーを貸してくれる教室がほとんどです。個人運営のリコーダー教室でも、体験レッスンは無料が一般的です。有料の教室では、価格帯は1,000円〜4,000円です。体験時間は30~60分で、リコーダーを用意している教室と、持参が必要な教室とがあります。

リコーダーレッスンを依頼する流れは?

初心者の方はグループレッスンを探してみましょう。子供のレッスンを探している場合は「キッズレッスン」などを探します。生徒側のレッスンへの気持ちやモチベーションなどをなるべく詳しく説明した方が、いい先生と出会いやすくなります。少なくとも2〜3の教室や講師の体験レッスンを受講してから、1箇所に絞りましょう。

リコーダーレッスン業者の選び方は?

生徒に寄り添うレッスンをしてくれる先生を選びましょう。リコーダーは体格の小さな子供でも演奏しやすく、また学校の音楽の授業などでも触れることのある楽器です。子供にとっての「初めての楽器演奏」にも適しています。もちろん大人でも楽しむことのできる楽器です。生徒側のレッスンに対するモチベーションや気持ちに寄り添って、楽しくレッスンを進めてくれる先生を選びましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

リコーダーは、小中学校の音楽教育に採用されているポピュラーな楽器です。音域の違いで、ソプラノとアルトの2種類に大きく分けられます。ソプラノは音域が高い方に広く、教育用にも使われます。アルトは音域が低い方に広く、ソプラノに比べると本体サイズが大きいです。ソプラノとアルトの違いとは別に、リコーダーの穴を押える指使いの違いで、さらにジャーマン式とバロック式に分かれます。ジャーマン式は音階順の指の運びで演奏できるので小学校で使われていますが、シャープ♯やフラット♭の派生音が出しにくい作りです。バロック式は指の運びが音階順ではありませんが、派生音が出しやすいです。なお、アルトリコーダーは、バロック式となっています。リコーダーにはプラスチック製と木製があり、プラスチックは音が安定し、値段も手頃です。木製は木の種類によって音が変わり、多彩な表現ができます。リコーダーのメーカーは、国内ではヤマハ、タケヤマ、アウロス、ゼンオン、スズキが有名です。外国メーカーではメック、モーレンハウエルなどが有名です。ソプラノリコーダーの価格は、プラスチック製のものは1,000円〜3,000円前後が多く、教育用は1,000円以下で販売されています。木製になると安くても10,000円で、平均30,000~70,000円の価格帯が中心です。アルトリコーダーは、ソプラノリコーダーの値段とは大きな違いはありませんが、アルトリコーダーの方が高めの価格帯です。中古の相場は、状態により値段は大きく開きますが、新品の6~7割がひとつの目安になっています。