undefinedエレキギターレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

千葉県のエレキギター教室

自分のペースで学べるウクレレ・ギター教室 初心者の方でもご希望の曲で楽しく学べるレッスンです。ご希望に合わせて、好きなジャンルを学べます。無料の体験レッスンからお試しください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

エレクトーン、ドラム、ウクレレ、バイオリン、ギターなど様々な楽器を対象としたレッスン を行っています。 東京、埼玉、千葉、茨城など広域から、子供から大人まで集まってくる教室です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ピアノ、ドラム、ギター、ベース、ウクレレ科目等のの音楽レッスンをしていま す。 子供から大人まで音楽を初めてみたいという気持ちに応え楽しく成長を実感でき るよう、様々なクラスがございます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

初心者の方から実力者まで多くのギターを学びたい方に応えられるよう、現役 プレーヤー、コンクール出場者などハイレベルな講師が在籍しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当録音スタジオではadat及びハードディスクレコーダーによるデジタル録音です。 アナログミキサー等も揃え、アナログの温かい音も追求しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ようj幼児からシニアまで幅広く生徒サンボ募集しています。 音大合格者や子どもコンクール受賞者もいます。 レッスン形式は、月謝制ではなく1レッスン制です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ピアノ科、マリンバ科がございます。ほかにも空室レンタルも。 初めての方から経験者まで、一人一人に合わせたレッスンをおこなっております。 レッスンの見学をすることも可能となっておりますので、初めての方はご利用ください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

初心者も含め多くの方が参加しています。大人の生徒さんが多く、究極の趣味の場として心ゆくまで楽しめます。 レッスンの回数等、スケジュールに合わせていただけます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

<扱い商品> ヴァイオリン ヴィオラ チェロ 弓 ケース 弦 小物 教本 <工房> ●弓毛替 ●修理・調整 <分数楽器レンタル> ●ヴァイオリン・チェロ ●マスターメイドのものをはじめ、手工芸のものをそろえています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

【ピアノ科】 初めての方、大人の方、受験生まで基礎(ソルフェージュ・聴音を含む)から自己表現まで。 【バイオリン科】 初めての方、受験生、演奏を楽しみたい大人の方まで。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

エレキギター教室をお願いしました

千葉県におけるエレキギター教室の依頼例

よくある質問

エレキギターレッスンの料金はどのくらいかかる?

エレキギターレッスンの料金は、1レッスン5,000円前後〜8,000円前後で提供している個人レッスンが多いです。大手音楽教室の場合、1レッスンごとの料金の他に、入会金・教材費・施設使用料・楽器レンタル代金などがかかることもあります。個人の教室はそのような「レッスン料金以外の金額」がかからないことも多いです。

エレキギターレッスンの依頼における注意点は?

大手音楽教室のエレキギターレッスン、個人講師のエレキギターレッスン、どちらがいいということはありません。むしろどちらのレッスンも受けてみて、比較したほうがいいです。楽器のレッスンは、本人の練習量によって上達の度合いも変わるため、「良い先生に教わったら必ず上達する」というよりも「自分を練習する気分にさせてくれる、相性の良い先生と出会ったら自宅練習などをする気分にもなって、上達する」ことが多いです。先生と生徒の相性が大切です。相性の合う先生に会えるように、いろんな講師のレッスンを受けてみるのは良いことです。

エレキギターレッスンを依頼する流れは?

エレキギターレッスンを受けたい理由、弾きたい曲、憧れているバンドなど自分の考えていることをなるべく細かく、具体的に書いてレッスン依頼を出してみましょう。複数の教室や先生からレッスンの見積もりや無料体験レッスン、見学などの連絡が入るため、時間の許す限り受けてみましょう。1箇所に決めても良いですし、1箇所に決めずに複数の先生のレッスン受け続けて、比較し続けても良いでしょう。(ただし先生によってはこの通学方法は好まない方も多いです)

エレキギターレッスン業者の選び方は?

エレキギター奏者における「プロ」の定義ははっきりしていません。ステージ経験がある、プロのシンガーやバンドと共演したことがある、海外で演奏をしたことがあるなど経歴や状況、背景は奏者や講師によって様々です。「この人のように演奏できるようになりたい」「この人のレッスンはわかりやすい」と思える先生に師事すると良いでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

エレキギターにも様々な音楽ジャンルや奏法があります。音楽ジャンルはロック、Jポップ、ポップス、ジャズ。奏法は、チョーキング、ビブラート、速弾き、タッピング、ボトルネック奏法、アーミング、バイオリン奏法などです。様々な技術を教えてくれる教室や先生を選んでみてくださいね。また、自分でも様々な演奏を聴くことも大切です。たくさんのエレキギターサウンドに触れて、自分でも弾けるようになるように、ぜひレッスンに挑戦してみましょう。