京都府電気屋・電気工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

京都府の電気屋・電気工事業者

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

京都府における電気屋・電気工事業者の依頼例

電気工事士(第一種)に依頼できる仕事

建築電気工事

最大電力500kw未満の工場やビルなどの需要施設で必要な電気設備作業、および一般電気工作物に関する作業です。一般電気工作物とは、簡単に言うと住宅や規模の小さいお店などの電気設備作業のことです。

例えば、ビルや工場で「電柱からの電線を作業室に引き込みたい」、ご自宅で「部屋の照明をLEDに変えたいけど、差込口が古くて合わないから新しいものに交換したい」、「コンセントの数と場所が不便だから増設したい」という作業のことです。

鉄道電気工事

駅の改札、表示板、照明、空調など、駅にある設備の工事と点検を行う作業のほか、変電設備工事、線路工事にも従事します。変電設備とは、新幹線や在来線など、それぞれに対応した種類の電気への変換を管理、およびメンテナンス作業のことです。

電気工事士(第二種)に頼むことができる仕事内容

簡単に言うと、一般電気工作物の電気工事だけを行うのが第二種電気工事士です。ご家庭で発生した電気に関するお悩みを依頼できます。

電気工事士にしかできない仕事内容

電気工事士にしかできない仕事内容は、電気工事士法施行規則第二条によって明確に定められています。資格保有者でなければ行うことができない作業や工事はいくつもあります。

コンセントを一つ増設するにしてもその先に何万ボルトという高圧電力が流れています。素人作業で間違った工事を行うと感電や火災の危険性も高まり、近隣住民にも被害が拡大する可能性もあります。安全に作業を終えるためにも電気に関する作業は、電気工事士の資格を持つ専門家にきちんと依頼しましょう。

ご自宅のコンセントおよびスイッチ関係

コンセントの交換、電源コンセントの新設置および増設、屋外用コンセントおよび専用コンセントの設置など

アンペア増設関係

電圧の切り替え、ブレーカーの交換、ブレーカーの新設、漏電調査および改善工事など

照明器具関係

スイッチ切り替えおよび引掛けシーリングの取り付け、照明増設配線工事、LED照明工事など

エアコン関係

エアコン取り付け工事(5.0kwまで)、エアコン取り付け工事(大型機種)、エアコン撤去工事など

電気工事を電気工事士に依頼する場合の相場

コンセントおよびスイッチ関係

新しいタイプのコンセントやスイッチへの交換は約3,000円程度、電源コンセントの新設置および増設は約5,000円程度、屋外用コンセントおよび専用コンセントの設置は約12,000円程度です。

アンペア増設関係

電圧の切り替えは約3,000円程度、ブレーカーの交換は約5,000円程度、ブレーカーの新設は約20,000円程度、漏電調査および改善工事は約8,000円程度です。

照明器具関係

スイッチ切り替えおよび引掛けシーリングの取り付けは約5,000円程度、照明増設配線工事は約8,000円程度、LED照明工事は約15,000円程度です。

エアコン関係

エアコン取り付け工事(5.0kwまで)は約16,000円程度、エアコン取り付け工事(大型機種)は約19,000円程度、エアコン撤去工事は約5,000円程度です。エアコン関係の作業については、電気工事士の資格がなくても実施可能な、軽微な工事に分類されることもあります。事前にご確認ください。

電気工事士(第一種)とは

電気工事士においては最上位の資格で、第二種電気工事士の作業範囲のほか、工場やビルなどの大きな施設で最大500kw未満の電気工事を行うことができます。電力が供給されている住宅以外の工事を請け負うには必須の資格で、大規模な電動機や変圧器を使用する工事にも従事可能です。

資格の取得には一定の実務経験が5年以上必要です。上昇傾向にある第二種電気工事士の合格率と比例することなく、第一種電気工事士の合格率は毎年4人に1人程度といわれており希少価値の高い資格です。

電気工事士(第二種)とは

難易度は電気関連の資格の中では比較的簡単な方に分類されており、試験は毎年二回実施されています。

電気主任技術者(第一種)とは

電気主任技術者は、発電所、変電所、工場やビル、ショッピングセンター、学校、会社などで、電気が正しく安全に使用されるように保安する役目を担う国家資格です。区分は第一種から第三種まであり、中でも最上位にあるのが第一種電気主任技術者です。

管理できる電圧に際限はなく、家庭用電力から超高圧の発電所に至るまで、すべての現場に対応できます。主に電力会社などの電気事業者において求められる資格です。

実地試験こそありませんが高度な専門知識が必要で、一般財団法人電気技術者試験センターが公開している試験実施状況によると合格率は2~4%を推移する難易度の高い資格です。

電気主任技術者(第二種)とは

高い電圧の維持および運用に必要な資格で、電圧170,000V未満の電気設備の管理が可能になります。50,000Vを超えるケースが多い規模の大きい工場や大型ショッピングモールのような商業施設で重宝される資格です。

全体の合格率は5%前後で、年度によっては3%を下回ることもあります。

電気主任技術者(第三種)とは

一定規模のオフィスや店舗、工場を維持するのに必要な資格のため常に人材不足です。合格率は10%前後というデータも出ています。

電気工事施工管理技士とは

国土交通省管轄の国家資格で、建設業において一定の水準以上の施工技術を身に付けていることが公的に認定されます。合格率は平均して50%前後といわれています。