茨城県コンクリートの打設・補修工事のプロが近くにいます

どちらでコンクリートの打設・補修工事業者をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

茨城県のコンクリートの打設・補修工事業者

コタジマ総建では、顧客満足度100%を目指して、お客様に感動のリフォームを提供しています。 【親身に向き合う「顧客対応」】 リフォームは不安。

. . . (もっと読む)

住宅リフォームのことなら、おまかせください。 お風呂やキッチンといった水まわりは、毎日使うとても重要な設備です。少しの故障でも、毎日の生活にストレスが溜まり、とても疲れてしまいます。

. . . (もっと読む)

下地興業

ニューユーザー

現在のレベル

ニューユーザー

土間工事駐車場やお家の周りの生コン仕上げ工事を20年してます! 色々と地域の人に活躍できたらと思い登録しました。マンションや一軒家やパチンコ店の土間やガソリンスタンドの生コン仕上げなど20年実績があります!。

. . . (もっと読む)

当社は屋根工事専門の業者です。 瓦等の傷みは、早期に修繕することが大切。雨漏りをしてから合われるのではなく、定期的なメンテナンスをお勧めいたします。

. . . (もっと読む)

施主様の要望・予算に応じて、自然素材を生かした本物の手作りの家をご提供致します。鉄筋コンクリートの土台の上に、4寸角の木材をふんだんに使用する為、地震に強く、長持ちする家造りが可能です。

. . . (もっと読む)

あなたの家屋やビルは健康ですか? 人が年齢を重ねるように家屋も年を取ります。 各部位の劣化は、雨漏れや、思いがけない外壁の剥落落下事故などを招きます。

. . . (もっと読む)

瓦の葺き替えから、カラーベストなどの葺き替えまで屋根のことでお困りならご相談ください。 水漏れなどの補修工事から、防水工事までお客様のお悩みを解決いたします。

. . . (もっと読む)

親子3代、80年の歴史で地元密着に力を入れて歩んでまいりました。当社は純日本式化粧住宅をはじめ、木造軸組工法や最新システムの通気システムであるソーラーサーキットの家を手がけ、純日本化粧住宅のもつ無垢材の美しさ、出桁や欄間など細かな大工の手仕事はもちろん、新建材や新製品にも研究や勉強を怠っておりません。

. . . (もっと読む)

当社では、自然素材を使った新築住宅・住宅リフォームを承っております。 お客様のご要望の多い珪藻土を使うなど、健康に配慮した住宅をご提案しております。

. . . (もっと読む)

お客様に満足いただくことが私たちの喜びです。皆様お一人お一人との出会いを大切にし、ご要望に対しては常に最大限の努力によりお応えしてまいります。

. . . (もっと読む)

未来を築く気概、啓発を絶やさぬ創造への道 私たちは創業より、「啓発」「気概」「創造」を企業理念として、きめ細かなサービスを行える「総合建設業」を目指し、建設事業・土木事業・リフォーム事業・不動産事業などのあらゆる方面で、一心に誠意を込めて取組んでおります。

. . . (もっと読む)

当社は安心安全はもちろん、ひとにもそして環境にも優しい住まいづくりを目指しています。さらに当社の職人は少数精鋭、勉強熱心なスタッフばかりです。

. . . (もっと読む)

実際の依頼例

茨城県におけるコンクリートの打設・補修工事業者の依頼例

よくある質問

コンクリートの打設・補修工事の料金はどのくらいかかる?

コンクリートの打設は、1平方メートルあたりの単価は約1万円程度です。その他、重機にかかる費用に〜5万円程度、ひび割れを防止するために目地で行う作業費用に約5,000円程度かかります。

補修工法にはパテ工法と注入工法があり、費用は工法や修繕箇所の状態によってかかる用金が前後します。パテ工法はコンクリートの表面に剥離(はくり)や劣化などの欠陥が見られる際に補修モルタルなどを使用して行う工法です。注入工法はコンクリートに生じたひび割れの進行を防止するため、エポキシ樹脂などを使用して行う工法です。

コンクリートの打設・補修工事の依頼における注意点は?

コンクリートの打設工事は天気で左右されます。打設終了後に表面仕上げを行い、凝結が終了して硬化が始まった頃から小雨が降り始めて、風が強すぎない、という状況は問題ないのですが、昨今の日本位増え始めたゲリラ豪雨など極端な天候の変化はコンクリートの打設工事の工程や仕上がりを左右します。天候の変わりづらい時期の方が工事がしやすく、急に天候が変わる時期には工事ができなかったり、人件費や必要な道具の費用などが余計にかさむ可能性があります。

コンクリートの工事は、1から流し込み作業する打設工事と、既設建造物の機能向上を目的とする補修工事に大別することができます。依頼者が補修を希望していても、現場を調査した結果、解体をして新規打設工事を行った方がいい、という結論に至ることもあります。

コンクリートの打設・補修工事を依頼する流れは?

コンクリートの打設はやり直しがききません。コンクリートを新しく打つまでの確認を専門業者に依頼するため、専門業者を探します。複数の専門業者に現地調査と見積書の提出を依頼して、見積書を元に業者を比較し、実際のコンクリートの打設工事に入ります。コンクリートの打設は天候にも左右されるため、スケジュールが前後することもありますが、着工し、完了したら代金を清算して終了です。

すでに利用しているコンクリートの補修工事については、災害や経年劣化などで欠陥や気になる箇所が出てきたら工事を検討するタイミングです。塩害や排気ガスなど環境からの影響でコンクリートは劣化が加速するため、劣化がひどくなりすぎるまでに専門業者を探しましょう。点検を依頼し、実際の点検結果に応じて補修工事の内容を相談しましょう。

コンクリートの打設・補修工事業者の選び方は?

経験に裏打ちされた技術を持っている業者を探すと同時に、新しい工法や設備機器にも関心を示して、取り入れている業者を探すこともポイントです。自社の材料や工法にこだわりすぎて、依頼者の希望する方法や工法などに耳を傾けてくれない業者は、他の施工を依頼できそうな場合でも、こちらの希望を聞いてくれない、相手の言い分を通そうとするなどコミュニケーションが上手くいかない可能性があるため注意しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

コンクリートの打設・補修工事には「はつり」や「解体」などのコンクリートを壊す作業などが発生することもあります。それに伴い騒音・悪臭・粉塵が飛ぶなどの公害が発生する可能性が高まります。自分の敷地内でコンクリートの打設・補修工事を行う際には、周囲の建物やご家庭のオーナーの皆様に工事内容や期間を予告して、余計なトラブルが発生しないよう、気持ちよく作業を進めることができるようにしなければなりません。