東京都江東区中国語レッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都江東区の中国語教室

カク ギョウビン

ニューユーザー

中国語レッスン 中国語日本語通訳翻訳日本語能力試験一級 TOEIC 725点 中国高等学校教師資格証明書 中国語標準語二級甲等 中国国内大学院卒、専門は通訳です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

挑戦大好きで、どんな困難があっても乗り越えられます初めまして、ホリーと申します。小さい頃からアメリカンスクールに通い、高校卒業まではアメリカンスクールなので、ネティーブです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

C-Tutor

0
ニューユーザー

新感覚の台湾中国語と台湾文化のレッスン!新感覚の台湾中国語(華語)レッスンと台湾について楽しく学ぶことができます。 台湾の生活・文化・グルメなどを学べるオーダーメイド型のレッスンとなっております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

GINZ中国語教室

ニューユーザー

目標を現実に導く質の高いレッスンと講師陣GINZ中国語・台湾華語教室(銀座校、神田校、木場校)東京、新橋、銀座、神田、木場でありながら、低料金、駅から近くお洒落な環境、あなたの目標を実現に導く質の高いレッスン、中国語検定や台湾華語検定に合格率が高い学校、教えるスキルが高く熱意を持ったネイティブの講師陣。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

サイマル・アカデミー東京校は、通訳者・翻訳者を養成するための教育機関です。英語、中国語、フランス語のコースを開講しており、通訳者/翻訳者養成コースをめざす「準備コース」など、様々な通訳者育成のためコースを用意して対応しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

語学教室Kenは中国政府公認の中国語検定合格に特化したスクールです。独自に開発した電子教材を使って左右の脳のバランスを重視、右脳左脳を強調させることで、単語・基本文のスピード記憶術、文法のスピード理解術などの加速学習法を取り組んでいます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

音楽留学に関する様々な疑問や不安を解決し、音楽留学専門の会社ならではの留学プランをご提案いたします。 海外音楽大学等への長期留学サポートから、国内での音楽レッスン・語学レッスンなど、さまざまなサポートをさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ECC外語学院銀座校は、英会話教室・語学学校・外国語スクールです。全国にスクールを持つECCでは、一般英会話・ビジネス英会話・子供英会話・マンツーマン英会話や、TOEIC(R)L&R・TOEFL(R)Test・英検(R)の英語資格取得など、あなたの目的や条件に合わせた多数コースをご用意しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

アンドビジョン株式会社は、 音楽留学専門会社です。豊富な海外ネットワークでお客様の「 つながる、ひろがる、響きだす」を実現し、公開レッスン、海外音楽夏期講習、冬期講習、 春期講習、プライベートレッスン、海外音楽大学、海外音楽専門学校まで幅広くサポートします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社オーティーシーはIT技術者の派遣、請負、委託業務・ソフトウェアの設計・開発業務・ネットワーク、WEBサイトの設計、開発及び運用、保守業務のサービスを提供している会社です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

NOVA東京八重洲口校は英会話スクールです。少人数のグループレッスンは月4回で税込1万円、マンツーマンレッスンは月4回税込2万円です。3歳から学生、社会人、シニアまで幅広い世代の方が通っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

学校法人東京ギャラクシー日本語学校は様々な留学生に対応し、留学生の目的に対応するプログラムを行っています。その他にも学校行事などもあり、学生が楽しく日本語を学べる環境を整えています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

中国語教室をお願いしました

江東区における中国語教室の依頼例

中国語とは

漢族が使用する言葉を中国語と呼んでいます。中国の9割以上が漢族という民族で占められており、その漢族が使用しているのが中国語です。

中国語の中でも方言があり、香港は広東語、北京は北京語、上海は上海語と、同じ中国語でも少々異なっています。中国語における標準語は北京語です。

中国語の特徴

中国語、とひとくくりに表現しても方言や、漢字の違いがあります。方言は、日本と同じく地方によって特徴や癖があります。

漢字の違いは、繁体字と簡体字の2つに分けることができ、繁体字は漢字の通り、難しく複雑な漢字を使う中国語で主に香港や中国で使われます。簡体字も漢字の通り、簡略された漢字を使う中国語で、主に中国大陸で使われます。簡体字が中国の正式な文字です。

中国語が話される国や地域

中国語は漢族のいるところで使用されます。中国大陸だけではなく、全世界中に住む漢族が利用しています。

例えば中国大陸ではなくとも、日本の横浜、神戸、長崎やアメリカなど各国に中華街や中国人街がありますが、町並みや人々の会話の中で、中国語が飛び交う様子を見ることができます。

中国語の試験

日本で中国語のレベルをはかるための試験には、日本中国語検定協会が実施する中国語検定試験や、株式会社ハオ中国語アカデミーが実施し、通常TECC (Test of Communicative Chinese)と呼ばれる中国語コミュニケーション能力検定があります。他には、中国政府が認定する中国語資格、つまり国家資格となるHSKがあります。

中国語教室の相場

体験レッスンの値段

無料で体験レッスンを実施している教室やクラスが一般的です。教室によって状況や条件が異なるため、体験レッスンがあるのか、料金はいくらか、問い合わせてみましょう。

グループレッスン

中国語教室の入会金は約9,000円~2万円程度です。他の受講者と一緒に学ぶグループレッスンは、レッスンごとの都度払いを設定している教室はほとんどなく、月謝制か回数制です。回数制とは、一定期間内に24回、48回などの回数を受講する制度です。

1レッスンあたりの金額は約1,600〜1,800円程度が一般的です。月謝制では一般的に約7,000円程度、回数制は例えば3カ月で24回のレッスンがあり合計約4万円、1 年で48回レッスンがあり合計約8万円など、回数が多いほど通うことのできる期間が長くなり、1回あたりのレッスン料は安くなります。

個人レッスン(マンツーマンレッスン)

他の受講者とレッスンを受けるのではなく、講師にマンツーマンで教えてもらうことのできる個人レッスンも、入会金や支払い条件はグループレッスンと変わりません。

1レッスンごとの都度払いを設定している教室はほとんどなく、一定期間内に24回、48回などの回数を受講する回数制が一般的です。レッスン料は、1レッスンあたり約4,000円〜6,000円程度が一般的です。

回数制とは、例えば、24回レッスンが約15万円、48回レッスンが約27万円と、回数が多いほど通うことのできる期間が長くなり、1回あたりのレッスン料が安くなります。個人レッスンも教室に生徒が出向くのが一般的です。

レッスンの時間や頻度

実際のレッスン時間は、グループレッスンは50分程度、個人レッスンは50~90分が一般的です。月謝制のクラスはたいていグループレッスンとなり、週に一度同じ曜日と時間に受講します。

個人レッスンには回数制を採用した教室が多く、週に1回のペースで日時を固定するか、自分の都合に合わせた頻度で受講できます。