茨城県公認会計士のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

茨城県の公認会計士

『鈴木厚税理士事務所・(有)鈴木総合事務所』のご案内 ■税理士 ◆鈴木 厚 土浦第一高等学校卒業、慶應義塾大学経済学部卒業 三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)、メリルリンチ証券会社を経て、税理士となる ニューヨーク、ロンドンでの勤務経験、並びに官・民・学の幅広い人脈が強み 得意分野は、法人税・消費税・相続税の他、資産運用・経営革新・国際業務 ◆鈴木輝雄 土浦税務署、国税局資産税課、国税不服審判所審判官、潮来税務署長・西川口税務署長など、 4ヶ所の税務署長を経て、税理士となる。

詳細を見る

青木税理士司法書士事務所です。 主な取り扱い業務(相続税・贈与税・法人税など) 貴方のベストパートナーを目指し、元気な社会づくりの お手伝いをさせて頂きます。

詳細を見る

主な取扱い業務 無床診療所(クリニック)の新規開業支援、クリニック新規開業資金調達支援(融資交渉と事業計画の作成)、診療圏調査、各種優良業者のご紹介(金融機関、建設業者、医療専門設計士、医療専門広告代理店、調剤薬局、医療機器業者ほか)、スタッフ採用支援(採用事務代行から給与・人事規定等のアドバイス・接遇指導まで)、開業時の諸届の提出事務、医療法人設立、医療法人の定款の見直し、歯科医院の新規開業支援、医院の事業承継、医院の経営改善、病院の再生、開業物件のご案内、内科、小児科、外科、整形外科、心療内科、眼科、皮膚科、耳鼻咽喉科、婦人科、勤務医の確定申告、開業医の確定申告、医師のためのリスクマネジ…

詳細を見る

◇中小企業・医院・歯科医院・福祉施設の税務・会計◇ 税務・会計・記帳代行、事業承継、資産防衛、企業再編、事業再生、PC会計ソフト導入指導(大蔵大臣・建設大臣・福祉大臣・給与大臣・公益大臣・販売大臣 他)、人事課代行(賃金制度規定、諸規定の作成、給与計算業務)など ◇医院・歯科医院の経営相談◇ 病院・医院・診療所の開業相談、医療法人設立相談、事業承継相談、診療圏調査、増患・増収立案、財産運用管理、相続税対策など 医業経営コンサルタント (公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会)の資格を持ったスタッフが財務のことだけでなく、職員採用・患者対応・広報など経営改善のためのアドバイスをいたします。

詳細を見る

『迅速な対応、親身なアドバイスをモットーに』税務申告書の作成及び申告代理業務、法人税、所得税、消費税、相続税、贈与税等の申告書、その他の税務書類の作成及び申告代理を正確かつ迅速に行っております。

詳細を見る

所属税理士、加藤 耕三・加藤 信彦です。 親切・丁寧でわかりやすくを常に心がけております。 元気で健全な会社づくりのお手伝いをいたします。 個人・及び法人の税務関連、記帳、資産対策などのアドバイスをいたし、お客様(個人・法人)の未来を共に考えていきます。

詳細を見る

税務や経理、会計、決算に業務や開業支援に関する業務などのお手伝いを致します。 新規開業のサポート、相続の相談などをおこないます。 また当社は、「経営改善計画」の立案、【黒字決算」の達成、「適正申告」の履行の支援を推進・力をいれています。

詳細を見る

鈴木眞吾税理士事務所所長の鈴木と申します。 茨城県猿島郡境町に事務所を構えております。 交通の便は良いとは言えませんが、 関東平野のほぼ真ん中に位置しておりますので、 車での移動も簡単にでき機動力に関しては 問題の無い場所ですので経理等にお悩みの社長様、 ご一報下さい。

詳細を見る

実際の依頼例

公認会計士をお願いしました

茨城県における公認会計士の依頼例

公認会計士が必要なとき

公認会計士とは

会計におけるプロフェッショナルで、その知識と経験を生かし、法人、または個人事業主をサポートするのが公認会計士の仕事です。業務内容は幅広く、監査や財務、経理など、様々な業務に従事しています。なお公認会計士は国家資格であり、その専門性はとても高いものと認められています。では、公認会計士にはどのような業務を依頼できるのでしょうか。以下でご紹介していきます。

会計監査

公認会計士にしか行えない独占業務が、会計監査です。企業から公益法人など幅広い対象において、財務情報に関する書類が正しいかをチェックし、その信頼性を担保する役割を持っています。特に、上場企業などの大企業において監査は重要です。金融商品取引法により、上場企業は投資家や企業の利害関係者に対し、企業の情報・経営状況を示す有価証券報告書を開示するよう義務付けられています。報告書は年度ごとに開示し、これにより投資家の保護や市場の公正化が図れるという制度です。そしてこの報告書を開示する上で、公認会計士または監査法人の監査が必要となります。他にも監査には様々な種類があり、あらゆる場で公認会計士の公正な目が必要とされています。

税務

通常、税務といえば税理士を想像する方が多いでしょう。しかし、公認会計士は税理士としても登録することができ、そのため、税理士同様に税務も行うことができます。具体的には、法人や個人事業主における税務書類の作成、税務申告代行、企業の再編に伴う税務処理や財務調査、グループ法人税制・連結納税制度の相談、その他税務の相談などの業務を依頼できます。

コンサルティング

コンサルティングとは、一言で表すと助言・提案を行うことです。公認会計士の立場から、コストの軽減や、節税対策、資産運用、経営アドバイス、コーポレートガバナンスの支援など、様々な分野における相談に乗ってもらうことができます。また、JSOX(内部統制報告制度)により、健全な事業活動を目的として、全ての上場企業は内部統制報告書・内部統制監査報告書を公表することが義務付けられています。この内部統制においても、公認会計士に内部統制組織の立案・相談を依頼することができます。

会計業務

税務以外の、経理一般の業務を公認会計士に依頼することもできます。具体的には財務書類の作成や、給与計算、年末調整といった業務を依頼できます。企業の中には経理に回せる人手が不足しているところもあり、そうした企業は会計業務を依頼することで、中心業務に専念できるでしょう。

その他の業務

上記が公認会計士の中心業務ですが、そのほかにも、公認会計士が活躍する場は多くあります。ひとつは、M&A(企業の合併買収)における仲介業務です。M&Aにおける企業価値評価の算定や、財務デューデリジェンスと呼ばれるM&A取引対象の財務面における価値やリスクの調査、M&A戦略の策定などを公認会計士に依頼することができます。また、会社設立においても公認会計士が活躍します。会社設立における定款(会社の基本規則)の作成と、その提出を法務局に提出する、会社設立登記を依頼することができます。なお、公認会計士は資金繰りにおけるフォローが強く、その面からも公認会計士に起業支援を依頼することはおすすめです。

よくある質問

公認会計士の料金はどのくらいかかる?

公認会計士とは顧問契約を結ぶ場合が多く、顧問契約の内容としては、会計・税務処理の確認や相談、経営アドバイス、税務関係の書類作成、会計システム導入・支援などがあります。顧問契約の場合、法人ですと、年商1,000万〜5,000万円未満の場合、月額顧問料は15,000〜2万円程度で、決算・申告業務を依頼した場合は、プラス年に10〜15万円程度かかります。個人事業主ですと、年商1,000万円未満の場合、月額顧問料は15,000円程度で、決算・申告業務を依頼した場合は、プラス年に5〜9万円程度かかります。なお最も依頼料が高額となるのは、会計監査を依頼したときです。企業規模や年間の売上高などで大きく料金が異なりますが、依頼料は数百万円に及ぶ場合が多いです。

公認会計士の依頼における注意点は?

公認会計士と騙る業者の中には、資格を持たずに業務を行うニセ公認会計士がまれに存在します。個人情報の収集、詐欺などの犯罪行為を目的に、公認会計士と名乗って営業をしているのです。業務を行うことができる公認会計士は、日本公認会計士協会に必ず登録されています。そのため、もし本物かどうか調べたい場合、協会の検索システムから調べることができます。対応が粗雑である、もしくは受け答えが曖昧など、少しでも不安を感じた場合は偽物である可能性を疑うようにしましょう。

公認会計士に依頼する流れは?

まずは事務所に問い合わせて、面談の予定を調整します。面談では、現状や課題、依頼したい内容などをヒアリングしてもらいます。その後、ヒアリングの内容をもとに見積もりとプランを提案してもらい、問題なければ契約を結びます。契約後は、提案してもらったプランに沿って、業務をスタートしてもらいます。

公認会計士の選び方は?

公認会計士を選ぶとき、重要視すべきなのは事務所の得意分野や実績です。会計業務や税務業務など、中心業務と呼べる業務はどの事務所も得意としています。ですが起業支援やM&Aに関する業務、経営アドバイスなどは、事務所によって得意・不得意が分かれ、その実績もまちまちです。そのため、中心業務の他にも公認会計士に依頼をしたい場合、自分の依頼したい分野が得意かどうか、事前にホームページなどで確認しておきましょう。また会計業務や税務業務を依頼する場合でも、実績や得意分野を明言している事務所は自分の仕事に自信を持っており、信頼性が高くおすすめです。

その他気を付けるべきポイントは?

事務所によって依頼にかかる費用や、顧問契約においてサポートしてもらえる内容は異なってきます。そのため、2〜3箇所程度で相見積もりを取ることをおすすめします。複数の事務所に全く同じ相談をし、いくつかの提案を受けることで、依頼したい内容における相場感覚や事務所の判断ポイントが見えてくるでしょう。

こんな時も、公認会計士におまかせ

Q1:起業を考えているのですが、法人化するか、個人事業主として起業するか悩んでおり、そのような状態でも相談に乗ってもらえますか。

A1:はい、大丈夫です。現状やビジネスの形態などからのアドバイスを行なってもらえる事務所も多く、お問い合わせの際に相談してみてください。

Q2:スポットで依頼をすることはできますか。

A2:はい、ほとんどの事務所でスポット依頼にも対応しています。業務の内容にもよりますが、決算・申告業務などを、スポットで依頼することができます。