岩手県自動車車検・車検代行サービスのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

岩手県の車検代行サービス業者

岩手県自動車整備振興会の業務や教育事業、各種産業教育、整備士資格取得のための講習、検定試験、認定試験に関する協力等や業界教育に関する全てについて携わっており、整備技術資料、教材、ビデオ等の貸出も実施致しております。

詳細を見る

事業内容は新車、中古車販売・車検・設備・板金・塗装・自動車保険などを行っております。 自動車整備の国家資格を持った整備士が丁寧に点検・説明をいたしますので安心してお任せください。

詳細を見る

中古タイヤを買取販売いたします。ホイールのみ・タイヤとホイールのセット販売も対応いたします。 ウェッズ・エンケイ・ワークなどの高級ホイールからリーズナブルなタイヤセットまで。

詳細を見る

自動車の整備や販売・買取などを取り扱っております。 車検や点検・一般修理・自動車部品や用品の販売など、お車に関するトータルサービスを承ります。

詳細を見る

故障時の緊急ロードサービス・レッカー承ります。 バッテリー上がり、エンスト、オーバーヒート、その他車が動かない場合、脱輪などの引き出しから、その後の修復まで完全メンテナンス対応。

詳細を見る

車に関する事ならご相談下さい。 ◆業務内容◆ ◎整備業務 車検整備・点検整備・修理・鈑金・塗装一般・タイヤ交換・廃車・抹消登録・各種手続き ◎保険業務 各種自動車損害保険取扱い ◎各種クレジット契約取扱い ★料金詳細は車輌やお車の状況により変わります。

詳細を見る

<未使用車> 人気の車がすぐ乗れる! お買い得の未使用車は1台限りの特別プライス! 価格も諸経費もお得な未使用者は早い者勝ちです! <中古車> 品質に自信有り!!全車修復履歴なし!全車保証つき! 浅井自動車は買うとき安心!修復歴のある中古車は扱いません。

詳細を見る

実際の依頼例

車検代行サービス業者をお願いしました

岩手県における車検代行サービス業者の依頼例

車検代行サービスが必要なとき

車検(自動車検査登録制度)とは

自動車やバイクが公道を安全に走るため、車の所有者に欠かせないのが車検です。普通車や軽自動車、排気量251cc以上のバイクの場合は新車購入後3年に1回、それ以降や中古車を購入した場合は2年に1回、継続検査を受けることが義務付けられています。また、貨物自動車や8ナンバー車などは購入後から2年に1回、車検を受けることが義務付けられています。なお種類によっては1年おきに車検が必要なものもあります。車検は各地の運輸支局(陸運局)か、運輸局より指定を受けた民間の工場で行われます。

車検の種類

車検にはいくつか種類があり、一般的な車検にあたるのは継続検査というものです。初回の新規検査・新規登録の後、ナンバープレートが付いた車の車検有効期限を延長するため、行われる検査です。車検の有効期限が切れた車は公道を走ることができないため、定期的に行う必要があります。また構造等変更検査と呼ばれるものもあり、これは車の高さや幅、最大積載量など構造を大きく変更した際に行う車検です。具体的には車をカスタムした場合や、福祉を目的に車両を改造した際に受ける必要があり、車検の有効期限が残っていても受けなければいけません。

法定点検との違い

車検と似たもので、12ヶ月点検・24ヶ月点検と呼ばれるものがあります。これらはそれぞれ法律で義務付けられた法定点検で、それぞれの期間ごとに、車が安全に走ることができるかを確認する検査です。なお24ヶ月点検については、一般的に同じく2年に1回の通常の車検と同時に行われます。法定点検が行われているからといって、車検をパスできるわけではありません。あくまでも故障がないかを定期的に確認し、その上で公道を走るためには、車検を受ける必要があります。

ユーザー車検

自ら陸運局に車両を持ち込んで車検を受けることを、ユーザー車検と言います。ユーザー車検では車検の予約から陸運局への持ち込み、車検前の点検・整備、検査項目における車の操作といった、車検に関わる手続きを全て自ら行わなければなりません。業者の仲介手数料が取られないぶん、陸運局での車検に必要な費用だけで済みますが、かなり手間がかかってしまいます。また陸運局は平日の限られた時間しか車検を受けられず、その時間に予定を合わせる必要があります。

車検に必要なもの

車検当日は車だけでなく、事前に書類を用意しておく必要があります。具体的には車検証、自動車納税証明書、自動車損害賠償責任(自賠責)保険証明書、印鑑、定期点検整備記録簿、自動車検査票、自動車重量税納付書、継続検査申請書といった書類を用意しなければいけません。また車検に通るよう、事前に点検や整備を行い、故障箇所などは修理しておく必要があります。

車検代行サービスとは

車検代行サービスとは、ユーザー車検における車検の予約から陸運局への持ち込み、検査の手続きを代行してもらえるサービスです。また代行業者に依頼する場合、自動車検査票、自動車重量税納付書、継続検査申請書の書類を用意する必要がありません。なお代行業者は法律により分解整備を禁止されているため、車検前の点検や整備では、最低限の作業しか行えません。そのため、車がしっかり点検整備されていることが、利用の前提となります。ただ中には整備工場と提携し、車検に通るための点検や整備を行なってもらえる業者もあります。そのため、問い合わせ時などに確認しておくとよいでしょう。

他の車検業者との違い

他にもディーラーやガソリンスタンド、カー用品店、整備工場といった車検に関わる業者があります。これらの業者と代行業者の大きな違いは、車検を通るために必要な点検や整備を行なってもらえるかどうかです。代行業者でも一部整備工場と提携しているところがあるものの、あくまでユーザー車検における車検手続きのみを代行します。そのため、車検業者と比べ点検や整備にかかる人件費を抑えられ、安い費用で車検を受けることができます。

よくある質問

車検代行サービスの料金はどのくらいかかる?

費用の内訳は、車検に必要な法定費用と、代行手数料から構成されています。法定費用は重量税・自賠責保険・印紙代で構成され、車種や重量で固定されているものです。特に重量税は、車ごとに大きく異なります。新規検査の場合は各メーカーに、継続検査の場合は国土交通省のホームページにある自動車重量税額照会サービスから確認しましょう。法定費用は自家用車の場合3〜6万円程度です。代行手数料は業者によって異なり、相場は1万〜3万円程度です。つまり自家用車の車検を車検代行に依頼した場合、トータル4〜9万円程度の費用がかかります。なお車検前の詳しい点検や整備を業者に依頼すると、料金が高くなる傾向です。

車検代行サービスの依頼における注意点は?

代行手数料は上記したように、業者によりまちまちです。そのため1社からしか見積もりを取らなかった場合、相場よりかけ離れていても気づかないこともあります。そうならないよう、車検代行を依頼する際は2〜3社から相見積もりを取るようにしましょう。

車検代行サービスを依頼する流れは?

まずは業者に電話やメールで問い合わせ、実際に車を見てもらう見積もり日を予約します。予約日までに車の整備や点検を済ませ、予約日は車の状態を見てもらい、見積もりを出してもらいます。見積もりに問題がなければ契約し、車検の予約や車の引き渡し・受け取りの日時、場所などを打ち合わせます。受け渡し日には必要書類と車を預け、車検に出してもらいます。車検完了後、最後に車を引き取って清算し、依頼完了となります。

車検代行サービス業者の選び方は?

業者を選ぶ際、車検代行の実績があるかを確認するようにしましょう。車検は用意する書類も複雑な上、検査では実際に運転を行います。車に問題がなくとも、運転操作でミスをして車検に落ちることもあります。実績が多ければ、そのような車検における手続きでの心配はいらないと言えるでしょう。また車についての知識や経験が豊富な業者だと、整備においても的確にアドバイスをもらえます。そのため、事前に業者の実績は確認しておくようにしましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

車検の時期が近づいてきたら、できるだけ早めに代行業者を探すようにしましょう。車検は期間満了の1ヶ月前から満了日までに受ける必要があります。ですが満了日ギリギリに探そうとすると業者を見つけるまでに時間がかかり、結果として車検の検査日が満了ギリギリになってしまうことがあります。もし間に合わず車検切れとなった場合、仮ナンバーの取得やレッカー移動などで、無駄な手間と費用がかかってしまいます。そのため車検の有効期間は日頃からチェックしておき、代行業者に依頼する場合は余裕を持って業者を探すようにしましょう。

こんな時も、車検代行サービス業者にお任せ

Q1:車検が切れていても依頼はできますか。

A1:仮ナンバーを発行する必要があるため、その分の費用はかかりますが、依頼自体は可能とする業者が多いです。もし車検が切れた状態で依頼する場合、問い合わせ時に業者に確認をとるようにしましょう。

Q2:外国車も依頼することができますか。

A2:追加で料金が発生することが多いですが、だいたいの業者で外国車の車検代行も依頼できます。業者に問い合わせる際に、ご確認ください。