洗濯機の6つの処分方法!各費用や注意点も

2017/03/29 2022/08/05
不用品回収
FacebookTwitter

洗濯機の寿命はおよそ2,000回転から3,000回転といわれています。一日一回まわすとして7年から8年が寿命といったところでしょうか。家族が多いご家庭や、一日に回す回数が多い場所ならもっと早い寿命となるでしょう。

そんな洗濯機は現在、家電四品目という名目に分類されリサイクル法により処分方法が決められています。また粗大ごみシールをはってごみ置き場に出してしまうと法律違反となってしまうので注意が必要です。リサイクル法では処分の際にはリサイクル券を購入することが義務付けられており、処分にお金がかかるようになります。

処分にはいくつか方法がありますので、ご自分の都合に合わせて選ばれると良いでしょう。ここでは洗濯機の処分方法について説明していきます。

洗濯機の処分方法(買い替えの場合)

Close Up of a Washing Machine

1. 家電量販店で引き取ってもらう

買い替えの場合、新しく洗濯機を購入する家電量販店には不要になった洗濯機を引き取る義務があります。この際、国内メーカーであったり、正常に稼働するようであれば買い取りとして値段をつけてくれたり、新しく購入する洗濯機から値引きをしてくれることもあります。

場合によってはお得になることもありますので、一度販売店に相談してみると良いでしょう。

2. リサイクルショップ

正常に稼働するものであれば、リサイクルショップなどで買い取りをしてくれる場合があります。きれいに使っていた良品以外にも、二層式タイプなどは海外で根強い人気があります。

また、古いコンパクトなタイプも狭小住宅に住む家庭や、伊鳥暮らしを始めようとするひとから人気です。中古だからとあきらめずに査定してもらえば、思いがけず臨時収入になるかもしれません。

3. ほしい人に譲る

まだ使えるものなら、「あげます・ください」サイトなどを利用して、ほしい人にあげるという方法もあります。この場合個人と個人の取引になるので、傷や不良の有無、配送方法などきちんと双方で確認しあうことが大切です。

洗濯機の処分方法(処分の場合)

Washing Machine-Wide View-Full View - Washing machine front panel and fully lit.

1. 家電量販店に依頼する

リサイクル法によって家電量販店・小売店は、自らが過去に販売した対象機器の引き取りをしなければならないと定められています。

購入した販売店でリサイクル券を購入し引き取りを依頼します。この際、運搬収集料も廃棄物を出す側が負担する必要があります。また、引き取りは軒先引き取りとなりますので、玄関まで自分で運んでおきましょう。

さらに引き取りのみの場合は別途出張料などもかかる場合がありますので、依頼の前によく確認しておくと良いでしょう。

2. 不用品回収業者にリサイクル回収してもらう

壊れてしまった洗濯機でも、不用品回収業者は引き取りをしてくれます。リサイクル料金+運搬収集料はかかりますが、家の中の洗濯機の設置場所から運んでくれます。回収も即日対応など柔軟な対応をしてくれることもありますので、仕事などで忙しい方は都合のいい日を選ぶことができて便利な方法かもしれません。

3. 指定引き取り場所へ持ち込み

家電リサイクル券を購入して、指定引き取り場所へもっていくと処分をしてもらえます。インターネットなどで調べることができます。ご自分の車で運べるなら、運搬費を節約できますのでおすすめの方法です。

洗濯機の処分における注意点

不用品 処分
sandid / Pixabay

1.家電リサイクル法を理解しよう

一般家庭からでる廃棄物は年間60万トンにも及びます。さらに廃棄される家電には有益な資源が多く含まれています。そこで「消費者」・「販売者」・「製造者」で協力し合って、廃棄される家電をリサイクルにまわし、資源の確保と地球の環境保全に努めようという「家電リサイクル法」が制定されました。

これにより、廃棄物を不適切な場所に勝手に捨てることは禁止され、正規の手順でしか処分できないようになりました。

2.無許可の違法業者に注意

使用不可能な家電をトラックなどで巡回して無料で引き取る回収業者には注意が必要です。家電リサイクル法の適正な手順を踏まず、不適切に処分している恐れがあるからです。

山奥などに不当に廃棄されることで環境汚染の恐れや、海外へ転売をしようと、不適切な方法での輸送中に発火をさせてしまうなど、トラブルを引き起こす可能性があります。また、無料引き取りと言いながら、いざ依頼をしてみると高額な処分料を請求されたなどの事例も報告されています。

こういったことからも、無料回収をうたう業者にはできるだけ依頼を避けましょう。

費用におけるポイント

費用 硬貨
Olishot / Pixabay

1.リサイクル料金

主要メーカーの洗濯機の料金はおおよそ2,300円(消費税抜)です。メーカーなど仕様により金額は変わってきます。ちなみにリサイクル券は家電量販店での引き取りであれば料金の回収も一緒にやってくれます。ほかに、郵便局振り込み方式で支払うこともできます。

2.運搬費

距離や大きさなどにいよりますが、1,000円~かかります。かかる場合では20,000円を超える請求がある場合もありますので、必ず見積もりをとることをお勧めします。

品目別!処分にかかる費用

リサイクル料金は、機器やサイズ、メーカーによって金額が変わってきます。こちらは代表的な金額を目安としてご紹介します。引き取り依頼前には見積もりをとり、金額の確認をするようにしてください。

A.エアコン 2,100円(消費税別)

B.テレビ

15型以下 1,700円(消費税別)

16型以上 2,700円(消費税別)

C.洗濯機 2,300円(消費税別)

D.冷蔵庫 3,400円(消費税別)

E. 石油ストーブ・電気カーペット(2畳以上) 1,000円(消費税別)

ゼヒトモで不用品回収のプロを依頼

いかがでしたでしょうか。

一言に洗濯機の処分と言っても、家電量販店で引き取ってもらったり、処分場へ自分で搬入したりといろいろな方法がありますね。ご自分の都合や、見積もりの金額等を考慮してご自分に合った処分方法を見つけてみてください。

買い替えのタイミングでもなく、自分でも処分場に持ち込みができないようなら、ゼヒトモから不用品回収のプロに依頼してみましょう。

ゼヒトモにはたくさんの不用品回収のプロがいます。いくつかの質問に答えることで、あなたにピッタリのプロを紹介します。ぜひ、ゼヒトモから自分に合う不用品回収のプロを見つけてみてくださいね。

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

不用品回収関連の最新記事

2022/07/22
電子レンジの処分方法は?お得に処分する3つの方法

電子レンジの処分について注意点  1.家電リサイクル券は必要ない  2.使えないものは地方自治体の処分方法に従う 電子レンジをお得に処分する3つの方法  1.使えるものは人に譲る 2.使えるものはリサイクルショップに買い取ってもらう  3.使えるものはネットオークションで販売する 電子レンジを処分したい!地方自治体別の方法と費用の例6つ 1.東京都大田区 2.神奈川県川崎市 3.埼玉県さいたま市 4.栃木県宇都宮市 5.大阪府大阪市 6.愛知県名古屋市 家電量販店に処分を依頼できる? 最後に 壊れたり買い替えたりといった理由で電子レンジを処分するとき、どのような手続きが必要なのかご存知ですか。注意点やお住まいの地域ごとの対応を確認して、少しでもスムーズに、そしてお得に電子レンジを処分しましょう。 電子レンジはそれなりに大きいものなので、使わないものをいつまでも家に置いておくわけにはいきません。処分が必要になったらすぐ実行に移せるように、あらかじめ処分方法について知っておきましょう。 電子レンジの処分について注意点 1.家電リサイクル券は必要ない 冷蔵庫やエアコン、テレビや洗濯機など指定の家電の処分には、家電リサイクル券の準備が必要です。 しかし電子レンジは家電リサイクル券の対象商品ではないので、家電リサイクルの手配をせずに処分が可能です。購入店への連絡や、指定場所への持ち込みといった作業が必要ありません。 2.使えないものは地方自治体の処分方法に従う お住まいの地方自治体の処分方法を参照して処分しましょう。自治体によって電子レンジが粗大ゴミになるのか、燃えないゴミになるのかが決まるので、ホームページや電話で確認を取っておきましょう。 電子レンジをお得に処分する3つの方法 1.使えるものは人に譲る まだ利用できる電子レンジを処分する際には、必要な人に譲ってしまうのがいいでしょう。処分費用や手続きが必要なくお得です。友人や家族だけでなく、最近ではアプリを通してのやりとりも活発になっているので、譲渡先に困ることは少ないかもしれません。 もちろん譲渡の際には安全に利用を続けられることを確認し、使用による汚れをなるべくきれいにしておくことを忘れないようにしましょう。 ジモティー 2.使えるものはリサイクルショップに買い取ってもらう リサイクルショップへの売却を検討しましょう。処分にお金がかかることがあるので、多少なりともプラスになって戻ってくるなら気分的にもお得です。持ち込む前にあらかじめお店に連絡して電子レンジを買い取ってもらえるのか確認しておくといいでしょう。 セカンドストリート 3.使えるものはネットオークションで販売する ネットオークションでの販売も手段の1つとして上がります。手間をかけてでもしっかりと売りたいときには、高値がつくのを期待してオークションに出品してみてください。発売から間もなかったりさまざまな便利機能がついていたりすると、中古であってもそれなりの値段がつくことがあるかもしれません。 重量のある家電なので、落札時の配送業者や配送・梱包の方法は事前に確認しておきましょう。 電子レンジを処分したい!地方自治体別の方法と費用の例6つ 1.東京都大田区 東京都大田区では一辺の長さが30センチを超える大きさの電子レンジを、粗大ゴミとして扱っています。処分の際には大田区粗大ごみ受付センターに電話するか、粗大ごみインターネット申し込みにアクセスして予約しましょう。 どちらも大田区のホームページで確認できます。処分費用には手数料として700円がかかるのでコンビニなどで粗大ごみ処理券を購入しましょう。 東京都大田区の粗大ごみについてはこちら 2.神奈川県川崎市 神奈川県川崎市では最長辺が30センチを超えている電子レンジを粗大ゴミとし、それ以下のものを小物金属として扱います。粗大ゴミとしての処分の場合、30センチ以上50センチ以下なら200円。50センチ以上180センチ以下なら500円の手数料が必要です。 神奈川県川崎市の粗大ごみの出し方について 3.埼玉県さいたま市 埼玉県さいたま市で電子レンジは、燃えないゴミとして分類されています。透明の袋に入れて中身が確認できる状態を整え、燃えないゴミの収集日に決められた場所に置いておきましょう。最大辺が90センチを超えるものは粗大ゴミとなるので、もし大型の電子レンジを処分するなら540円の処理手数料がかかります。 埼玉県さいたま市の燃えないゴミの出し方について 4.栃木県宇都宮市 縦・横・高さのうち1つでも50センチを超える電子レンジは、栃木県宇都宮市では粗大ゴミとなります。所定の清掃センターに持ち込むか、回収を依頼して処分しましょう。持ち込めば無料ですが、回収を依頼すると1点につき840円がかかります。 栃木県宇都宮市の粗大ごみの出し方 5.大阪府大阪市 大阪府大阪市は、最大の辺が30センチ以上の電子レンジは粗大ゴミになります。処分の際には粗大ゴミ収集受付センターに連絡し、回収を依頼してください。手数料として400円がかかるので、コンビニやスーパーなどで手数料券を購入しましょう。電子レンジに貼りつけて収集日の午前9時までに自宅の前か指定の場所に置いておけば、後は市が回収してくれます。 大阪府大阪市の粗大ごみの出し方 6.愛知県名古屋市 愛知県名古屋市では、30センチ角を超える大型の家電などが対象となります。30センチを超える電子レンジを処分する際には、粗大ゴミ受付センターへ連絡しましょう。手数料の目安としては1,000円ほどかかるので、500円の納付券2枚が必要となります。 愛知県名古屋市の粗大ごみの出し方 […]

2022/07/04
ぬいぐるみを処分する方法と費用【不用品回収のプロが監修】

ご家庭によっては、おもちゃやぬいぐるみが増えていくことも多いです。おままごとなどで遊んでいたり、子供が毎日のように抱いて寝ていたり。 毎日使っていたかと思えば成長するにつれて使われなくなり、部屋の飾りになっていきます。 「使わないものは捨てよう」「ときめかないものは捨てよう」、言うのは簡単ですが、思い入れのあるものはなかなか処分に踏み切ることができません。プロの不用品回収業者も「なかなか捨てることができない人は多い」と言います。 ここではぬいぐるみの処分方法とかかる費用を解説します。プロの不用品回収業者に監修していただきました。 【監修】総合便利サービスにじいろ高橋 洋介さま 株式会社alife 代表取締役、総合便利サービスにじいろ代表。「どこよりも誠実に」を心がけて不用品回収サービスを提供している。2021年の年間作業実績600件以上。 不用品回収は、サービス内容などが見えづらい、わかりづらいことから「頼みづらい」とお考えのお客様が多い現状に対して、「頼んで良かった」と思ってもらえる、期待値を超えるサービスを心がけている。 このプロに大きいぬいぐるみの回収を依頼する   大きいぬいぐるみの捨て方と処分方法7つ 大きいぬいぐるみ、思い出がつまったぬいぐるみや人形を処分するときは、以下の7つの方法が考えられます。 一つひとつ見ていきましょう! 1.ぬいぐるみを粗大ゴミとして処分する 大きなぬいぐるみは粗大ゴミとして処分できます。一般的には、身丈が30~50cm以上のぬいぐるみを粗大ゴミとして扱います。 自治体による粗大ゴミの回収には、各自治体の粗大ゴミ受付センターへ電話またはネットから申込みができます。受付をしたらゴミの回収日を決定し、各自治体によって定められた方法で対応しましょう。粗大ごみには有料の粗大ごみ処理券を貼ります。粗大ごみ処理券は役所またはコンビニエンスストアやスーパーで買うことができます。指定の日に指定の場所に処分する粗大ごみを出せば完了です。   2.大きいぬいぐるみを無料ゴミで捨てるには、小さく解体する 大きいぬいぐるみを粗大ゴミとして処分すると有料での処分になります。 コストを抑えたいのであれば、小さく解体して燃えるゴミとして捨てると費用がかかりません。   3.ぬいぐるみは可燃ごみで出せる? 外側が布でできていて、中身が綿のぬいぐるみは燃えるゴミとして処分できます。一方、中身がプラスチックや金属であったり、電池を入れて動くようなぬいぐるみは、その部分は燃えないゴミに分別します。 捨てる時は、各自治体指定の袋に入れて処分をします。ぬいぐるみがゴミ袋に入っている様子に抵抗を感じるときは、ゴミ袋に入れる時にぬいぐるみと視線が合わないように不要な布で包む、色付きの袋を被せるなど配慮をしましょう。 捨てる側の気分や考え方の問題ですが、ぬいぐるみを一般ゴミとして扱うことに罪悪感を感じる時は、処分する前にきれいに洗ってあげたり清潔な布で丁寧に包んであげたりすると心の整理がつきやすくなります。 「ゴミとして扱うことで、呪われるかも」と考えてしまうのであればは、これも捨てる側の気分や考え方の問題ですが、捨てる前にお清めの塩を振る人もいるようです。   4.不要になったぬいぐるみや人形は寄付する、人に譲る ぬいぐるみを含む子ども向けのおもちゃは、寄付をすることができます。 ボランティア活動団体や海外支援の推進団体、非営利団体を通すと手配を任せることもでき、寄付先は保育園や幼稚園、海外の発展途上国、その他福祉施設で、どこの寄付団体や支援団体を利用するかによって異なります。 寄付方法は、寄付を受け付けている会社それぞれの指定の方法に従います。多くの団体が、電話またはネットから申し込むことができます。申し込むと同時に運送会社へ集荷の手配をしてくれる団体もあるため、自宅に集荷がきたら手渡します。   5.ぬいぐるみをまとめて不用品回収業者に処分を依頼する ぬいぐるみの処分は不用品回収業者に任せることもできます。ぬいぐるみの他、おもちゃや人形などの不要な小物類、処分しづらいマットレスや大型家具などの処分もまとめて任せることができます。 「小物ばかりだけどゴミ袋に入れたら袋10つ分くらいになった、ゴミ置場に出しづらい」「不用品がたくさんあってまとめて処分したいけれどゴミの分別ができない、一気に処分してしまいたい」「引越しまで時間がないけれど、家具やぬいぐるみなどまとめて処分したい、こちらのスケジュールに合わせて引き取りに来てほしい」 不用品回収業者は、依頼者目線でのわがままにも応えてくれることが多く、融通が効きやすい処分方法です。 例えば「軽トラックの荷台に不用品を積めるだけ積んでください」というような、軽トラック積み放題サービスが近年人気上昇していますが、その時に家具や家電に合わせて、ゴミ袋に入れたぬいぐるみなども積み込んで、処分してもらうこともできます。   6.価値がありそうなぬいぐるみは買取サービスを活用する リサイクルショップやネット上でのオークション、フリーマーケットを買取サービスと定義します。買取サービスの利用は、ぬいぐるみを捨てることに抵抗がある人や、捨てるにはもったいないと考えている人におすすめです。 リサイクルショップで買い取ってもらう方法は、いらないぬいぐるみを直接持ち込み、査定してもらった後、買取金額と引き換えにぬいぐるみを売却します。仮に、査定金額が付かなくてもそのまま引き取って処分してくれることもあるため、自分で処分する手間が省けます。 ネット上で買取サービスを行っている会社もあります。ネットから申し込むとリサイクルショップから段ボールが届き、梱包をして、自分が指定した日時に荷物を集荷してくれて、手渡して完了しますす。後日、査定金額の連絡を受け、指定口座に買取代金が振り込まれます。自分で行う作業は、梱包だけなので手間が少なく便利です。 ネット上でのオークションやネット上でのフリーマーケットは、梱包から郵送まで自分で行う必要がありますが、値段を自分で決めることができます。 利用したいWebサイトへ登録を済ませ、ぬいぐるみの写真を掲載して出品します。出品の際はシミや汚れ、使用年数などぬいぐるみの状態を細かく記載します。買取相手が見つかれば、綺麗に包装し郵送して完了です。 愛着があるからと自分目線での高めな価格設定でで出品すると買い手がつきづらいため、できるだけ低価格に設定すれば、早く買い手がつきます。 買取サービスを利用する際は、ぬいぐるみを洗浄しておいたり、説明書やパッケージがある場合はその旨を記載しておくと、買取金額がアップする可能性もあります。   7.人形のお焚き上げに持参する お焚き上げとは、神社やお寺で供養をしながら燃やすことです。物には魂が宿るという文化から、魂抜きやお心抜きとも呼ばれ、思い入れのある物を処分する前に儀式を行います。 「ぬいぐるみをゴミとして捨てると縁起が悪い」「捨てる時も大切に扱ってあげたい」「故人のぬいぐるみだけど、遺品としては不用品である、しかし処分しづらい」などと考えるのであれば、お焚き上げを行うとよいでしょう。 ぬいぐるみの他にも、人形やおもちゃ、位牌、故人の愛用品、正月飾りやお守りなども一緒に燃やすことができます。ただし金属類、プラスチック、電池などの燃えないものは受け付けてもらえません。燃やしても有害物質が発生しない素材であれば受け入れてもらえます。 大規模なお焚き上げは、全国の神社やお寺でお正月明けに行われます。1月15日に実施されるどんど焼きと呼ばれる催し物もお焚き上げの一種です。 お焚き上げの日程は神社やお寺によって異なります。月に1回程度行っているところもあれば、年に1回しかやらないところもあります。また、すべての神社やお寺でお焚き上げを行っているわけではありません。希望する神社やお寺があれば、電話で確認をしましょう。 お焚き上げを依頼する手順は、直接持ち込む、または郵送受付を行なっているところもあります。郵送をする場合は詳細を事前に確認しましょう。 […]