東京都新宿区コンサルティングのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都新宿区のビジネスコンサルティング業者

行政書士歴8年目いながわ行政書士総合法務事務所は、東京都新宿区において契約書作成専門の行政書士事務所です。業務委託契約書、ライセンス契約書、OEM契約書、販売委託契約書等各種契約書作成についてお困りの会社様及び個人事業主様は遠慮なくお問い合わせください。

詳細を見る

ナッジ株式会社

ニューユーザー

購買者が「良さそう」だと【瞬感・瞬認】しうる プロモーション施策のための『手掛かり』を探求し、 合理的かつ効率よく業績を高めることに貢献。 脳の働きや認知メカニズムなど、 科学的な裏付けのある「人間の行動特性」にもとづき、 プロモーションを核としたコミュニケーション全般に関する 「統合型マーケティングソリューション」の企画・制作までを ワンストップで提供します。

詳細を見る

代表は40歳。公認会計士税理士として約15年の経験があります。 弊所はスタートアップの企業様を顧客として多くお付き合いしており、今まで約500社の創業案件に関わり、多くのお客様の悩みを解消し、最終的には上場に至った会社様もおります。

詳細を見る

・労務ご相談 ・労務診断 ​・法改正の対応 ​・給与計算 ・その他人事に関するご相談 ・各種労働関連法、社会保険関連法コンプライアンス対応 [就業規則等] ・規定類の新規作成 ・規定類の改訂 [各種労使協定書作成及び提出] [労働保険・社会保険手続] ・雇用保険及び健康保険、厚生年金保険の入退社手続き ・労災保険各種給付請求 ・健康保険各種給付請求 ・健康保険料、厚生年金保険料算定計算、手続き ​・労働保険料年度更新計算、手続き [従業員様入退社手続き] ・雇用契約書または雇入通知書作成 ・入社面接同席 ・退社ヒアリング ・社会保険脱退証明書作成 ​・退職証明書作成 ・その他社会保険…

詳細を見る

株式会社LM&C

ニューユーザー

貴方の事業「成功を加速させるコツ」興味ありますか? 今の事業・これから立ち上げる事業、早く大きくしたいですか?成功したいですか?yesなら私がお役に立てます。

詳細を見る

丸投げ労務を受け取る社労士、経営者の時間効率UP従業員直対応を中心に、労務分野の負担を減らし本業へ集中投資できる状況を作り出す専門家 8年間かけてやっと大学を卒業する。

詳細を見る

Ichigo行政書士事務所は、新宿区にある行政書士事務所のひとつです。詳しい事業内容はお問い合わせの電話番号から聞くことができます。所在地は、 東京都新宿区西新宿です。

詳細を見る

株式会社グリフォンはゲーム制作の会社です。サイバーエージェントとグリーのジョイントベンチャーとして設立されました。Mobage、グリー、DMM、dゲームなどの様々なプラットフォームにおいて、スマートフォン向けタイトルを提供しています。

詳細を見る

しんじゅく若者サポートステーションは、未就労の子供とその家族に対して就労支援を行う機関です。個人相談を中心にセミナーや仕事体験など、その人に合った支援を行っていきます。

詳細を見る

セレモアホールディングス株式会社は、葬儀総合サービス事業を行っています。葬祭サービスは、家族葬から一般葬まで宗旨・宗派を問わず対応しています。

詳細を見る

実際の依頼例

ビジネスコンサルティング業者をお願いしました

新宿区におけるビジネスコンサルティング業者の依頼例

ビジネスコンサルティングが必要なとき

コンサルティングとは

コンサルタントが法人や個人事業主であるクライアントの課題を明らかにし、課題解決のため方法を考えたり、解決策を実践したりする業務全般をコンサルティングと言います。また、課題を解決するだけでなく、新しい仕事のやり方や仕組みを考えるのもコンサルティングの仕事です。コンサルタントは、このコンサルティングを商品としています。その対象は幅広く、金融や製造、IT、メディア、社会基盤、サービス業など、様々な業種・業界に対してコンサルティングを行っています。では具体的にどのようにしてコンサルティングが行われるか、主なものを以下でご紹介します。

経営コンサルティング

会社の経営に悩む経営者の方は、多くいます。経営コンサルティングでは、経営ビジョンや経営戦略の立案のほか、新規事業やグループ経営、海外展開など、さらに企業を強くするための計画立案において、コンサルタントが携わります。また、弁護士や公認会計士、税理士、行政書士といった、士業もコンサルタントとして経営アドバイスを行うことがあります。それぞれ法律や税務、会計など、法律や数字におけるプロであり、そうした専門性から経営においても的確なアドバイスをしてもらえます。

財務コンサルティング

会計財務の分野においても、コンサルタントが活躍しています。経理や財務の業務改革を通し、会計情報を正確かつスピーディーに提供できる体制や、経営管理の仕組みを提案してもらえます。その中でよく用いられるのが、CMS(キャッシュ・マネジメント・システム)です。CMSとは、企業グループの資金を一括管理する仕組みのことを指します。これを導入することで、グループ経営の資金繰りを最適化できるというものです。

営業支援コンサルティング

企業は自社の営業支援に力を入れることで、会社をより成長させ、新たな可能性を見つけることができます。営業支援コンサルティングとは、クライアントの営業担当が働きやすい業務の仕組みをコンサルタントが作ることで、業務の負担を減らし、新規顧客の開拓やリピート率の改善につなげるというものです。その手段としては、スマートデバイスの導入が挙げられます。スマートデバイスとは、スケジュールや予定表、住所録などの情報が入った多機能情報端末のことです。これにより効率よく業務を行いながらも、取引情報や個人情報などを守ることができます。

PRコンサルティング

せっかく良い商品やサービスがあるにもかかわらず、それを世の中にうまく周知できないことに悩む企業も多くあります。そうした企業の助けとなるのがPRコンサルティングです。消費者に商品の魅力を知ってもらい、購入したいという気持ちにさせるのがPRコンサルティングの目的です。PRコンサルティングでは、PR戦略の立案からメディア分析、商品を知らせるプレスリリースの作成、メディアへのアプローチから取材の同席など、あらゆる段階でサポートしてもらえます。

Webコンサルティング

ITの発展が著しい現代で、Webサービスはどんどん進化を遂げています。そうしたWebにおいて他社から抜きん出るため、専門知識の高いコンサルタントに、Webサイトの提案や改善を依頼する方は多くいます。Webコンサルティングでは、クライアントの経営戦略に基づきWebサイトの開発・運営の課題解決や、マーケティング戦略の立案を行ってもらいます。その中でWeb広告の運用やアクセス解析、SNS戦略、検索結果においてサイトが上位に順位されるためのSEO対策など、様々な手法が効果的に使われます。

なぜコンサルティングが必要なのか

コンサルティングを依頼するメリットとして、課題解決のスペシャリストに会社の課題を任せられるというものがあります。コンサルタントは物事を論理的に考えるロジカルシンキングに長けており、あらゆる視点から課題を分析し、解決策を導きだします。また、第三者から客観的にアドバイスをもらえるのもコンサルティングのメリットです。社内で課題を解決しようとしても固定観念にとらわれてしまったり、上層部への意見が出しにくかったり、という問題があります。そんな時に、第三者であるコンサルタントが客観的な意見を出すことで、課題解決への糸口が見つかるものです。

よくある質問

ビジネスコンサルティングの料金はどのくらいかかる?

ビジネスコンサルティングの料金はどのくらいかかる?コンサルティングは、その内容や業界によって大きく料金が異なり、明確な料金相場が存在していません。料金体系としては、顧問契約、時間制、成果報酬型の3つに大きく分けられています。顧問契約では、毎月決められた定額を報酬として支払います。時間制では、コンサルタントの業務時間に応じて報酬を支払います。成果報酬型では、コンサルティング終了後、その成果に応じて報酬を支払います。なお実績を上げているコンサルタントに依頼する場合や、自社の規模が大きい場合などは料金が高つく傾向にあります。また1〜2時間程度のスポットで依頼できるものもあり、お問い合わせで確認されることがおすすめです。

ビジネスコンサルティングの依頼における注意点は?

コンサルティングの依頼料は数十万円することも珍しくはないため、なかなか気軽に頼めるものではありません。悪質なコンサルタントの場合、料金相場が明確でないことを逆手に取って、プランに対し高い料金を提示してくることもあります。また、必ずしも最初に相談したコンサルタントが良い提案をしてくれるとは限りません。そのため、2〜3社程度で相見積もりをとることをおすすめします。複数のコンサルタントに対して全く同じ内容を相談し、出された見積もりやプランを見比べて、最終的に依頼先を選ぶようにしましょう。そうすることで、自分の依頼したい内容における相場観や、判断する軸が見つけやすくなります。

ビジネスコンサルティングを依頼する流れは?

まずはホームページなどから問い合わせ、メールや電話で依頼したい内容など簡単に伝え、ヒアリングの日程を調整します。ヒアリングは面談で行われることが多く、事業内容や現在の課題、コンサルティングに求めることなどを相談します。その後コンサルティングプランの提案と見積もりを出してもらい、問題なければ契約を結びます。契約のあとは、課題解決に向けて、実際にコンサルティング業務がスタートされます。清算のタイミングはコンサルタントによってまちまちのため、問い合わせなどで確認するようにしましょう。

ビジネスコンサルタントの選び方は?

コンサルタントを選ぶとき、重要視するべきなのはその実績です。コンサルティングと言っても幅広く、新しいシステムの導入や、コストや経費の削減、業績向上など、様々な領域があります。自分の依頼したい内容と同じ分野の実績があるか、もしくは得意分野と謳っているか、事前にホームページなどで確認するようにしましょう。幅広い業務を扱っていることよりも、自分の依頼したい領域に特化しているコンサルタントがおすすめです。なお、業界に関しては幅が広い方が、新しい視点でアドバイスをもらえることもあります。そのため自社と同じ業界にこだわらず、あらゆる業界で経験豊富なコンサルタントを探してみるのも良いでしょう。

こんな時も、ビジネスコンサルタントにお任せ

Q1:個人でやっているような小さな規模の事業でも、コンサルティングを依頼して良いでしょうか。

A1:はい、規模の大きさは関係ありません。むしろ個人事業主のためのプランを用意しているコンサルタントもいるため、ホームページやお問い合わせで確認されることをおすすめします。

Q2:相談だけでもしたいのですが、お金はかかりますか。

A2:最初の相談は無料とするコンサルタントも多く、無料相談で見積もりを出してもらうことがほとんどです。初回の相談や問い合わせに関してはホームページなどに明記されているため、ご確認ください。