神奈川県藤沢市コンサルティングのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県藤沢市のビジネスコンサルティング業者

プロフィールをご覧いただき誠にありがとうございます! World deSert beaRと申します! 飲食店のHP、リフォーム会社のHP、ブログのHP etc... お客様のニーズに合ったHPを作成いたします。

詳細を見る

ケアミックス株式会社は、2014年の創業以来、介護領域で事業を展開しています。介護施設紹介事業(老人ホーム・介護施設検索サイト「お探し介護」、老人ホーム相談プラザの運営)、介護施設管理職人材紹介(介護管理職求人サイト「介護管理職求人紹介センター」の運営)、医療機器・福祉用具事業(「足こぎ車いすセンター」 「認知症徘徊GPSセンター」の運営)、ホームページ制作・管理事業、【CSR活動】「絵本寄付書店」の運営を行っています。

詳細を見る

みんかい藤沢相談室は、民間介護施設紹介センターです。退院後の行先や、終の棲家の検討、老人ホームへの不満等、高齢者住宅に関することや、高齢者の暮らしに関わる様々な悩みに無料で応えています。

詳細を見る

株式会社湘南財産コンサルタンツは、財産のコンサルタント会社です。企業・資産家の財産運用を総合的・継続的にサポートを行うほか、遺産整理手続きのサポートを行ない、また、事業承継・企業再生のコンサルティングも対応している会社です。

詳細を見る

シニア住まい塾(NPO法人)は、高齢者のサポートを行っている法人です。高齢者に対して、住まいや暮らしの上での悩みに向けて問題解決のための相談や情報提供に関する事業を行っています。

詳細を見る

プライベート・シャドーは、興信所です。独自の調査方法とノウハウを駆使し、スタッフのクオリティーと顧客数からなる低料金化をモットーに、従来の探偵社や興信所にありがちな「曖昧価格」表記や、人を見て料金を変える「個人差価格」を一切なくした探偵・興信所です。

詳細を見る

ユースワークふじさわは、若者しごと応援塾です。ニートやひきこもりなどの若者の自立や就労に向けて、個別のプログラムを作成し、社会体験・就労体験等を通じた支援を行っています。

詳細を見る

吉田法律税務総合事務所は遺産相続関連の業務等を行っている法律事務所です。相続登記や関連書類の作成だけでなく、相続税の相談から裁判になってしまった場合の対応まで一貫してサポートを行っています。

詳細を見る

日本PFIインベストメント株式会社は、PPP/PFI事業を通じて持続可能な地域社会づくりをめざしている会社です。事業全般を総合的に統括するプロジェクトマネジメントをはじめ、民間企業の参加をサポートするアドバイザーなど、様々な形態でPPP/PFI事業に関与しています。

詳細を見る

ワクコンサルティング株式会社は、コンサルタント業を営む会社です。製造業・サービス業での業務改革のご支援が可能です。 また、課題はあるが何から手を付けたら良いか分からない、プロジェクトをある程度進めてきたけれど上手くいっていない、という状況にも寄り添ったご支援が可能です。

詳細を見る

株式会社経営センターグロウは、藤沢市の行政書士事務所です。遺言、相続、会社設立の相談サポートを行っており、相続相談室を行ない、様々な相続に関する質問に応え、サポートを行っています。

詳細を見る

有限会社ビー・ファクトリーは、補償コンサルタント業を営む会社です。用地買収・市街地再開発・区画整理等の公共事業に係る土地・建物等の調査・算定、補償交渉、測量業務を行っています。

詳細を見る

実際の依頼例

ビジネスコンサルティング業者をお願いしました

藤沢市におけるビジネスコンサルティング業者の依頼例

ビジネスコンサルティングが必要なとき

コンサルティングとは

コンサルタントが法人や個人事業主であるクライアントの課題を明らかにし、課題解決のため方法を考えたり、解決策を実践したりする業務全般をコンサルティングと言います。また、課題を解決するだけでなく、新しい仕事のやり方や仕組みを考えるのもコンサルティングの仕事です。コンサルタントは、このコンサルティングを商品としています。その対象は幅広く、金融や製造、IT、メディア、社会基盤、サービス業など、様々な業種・業界に対してコンサルティングを行っています。では具体的にどのようにしてコンサルティングが行われるか、主なものを以下でご紹介します。

経営コンサルティング

会社の経営に悩む経営者の方は、多くいます。経営コンサルティングでは、経営ビジョンや経営戦略の立案のほか、新規事業やグループ経営、海外展開など、さらに企業を強くするための計画立案において、コンサルタントが携わります。また、弁護士や公認会計士、税理士、行政書士といった、士業もコンサルタントとして経営アドバイスを行うことがあります。それぞれ法律や税務、会計など、法律や数字におけるプロであり、そうした専門性から経営においても的確なアドバイスをしてもらえます。

財務コンサルティング

会計財務の分野においても、コンサルタントが活躍しています。経理や財務の業務改革を通し、会計情報を正確かつスピーディーに提供できる体制や、経営管理の仕組みを提案してもらえます。その中でよく用いられるのが、CMS(キャッシュ・マネジメント・システム)です。CMSとは、企業グループの資金を一括管理する仕組みのことを指します。これを導入することで、グループ経営の資金繰りを最適化できるというものです。

営業支援コンサルティング

企業は自社の営業支援に力を入れることで、会社をより成長させ、新たな可能性を見つけることができます。営業支援コンサルティングとは、クライアントの営業担当が働きやすい業務の仕組みをコンサルタントが作ることで、業務の負担を減らし、新規顧客の開拓やリピート率の改善につなげるというものです。その手段としては、スマートデバイスの導入が挙げられます。スマートデバイスとは、スケジュールや予定表、住所録などの情報が入った多機能情報端末のことです。これにより効率よく業務を行いながらも、取引情報や個人情報などを守ることができます。

PRコンサルティング

せっかく良い商品やサービスがあるにもかかわらず、それを世の中にうまく周知できないことに悩む企業も多くあります。そうした企業の助けとなるのがPRコンサルティングです。消費者に商品の魅力を知ってもらい、購入したいという気持ちにさせるのがPRコンサルティングの目的です。PRコンサルティングでは、PR戦略の立案からメディア分析、商品を知らせるプレスリリースの作成、メディアへのアプローチから取材の同席など、あらゆる段階でサポートしてもらえます。

Webコンサルティング

ITの発展が著しい現代で、Webサービスはどんどん進化を遂げています。そうしたWebにおいて他社から抜きん出るため、専門知識の高いコンサルタントに、Webサイトの提案や改善を依頼する方は多くいます。Webコンサルティングでは、クライアントの経営戦略に基づきWebサイトの開発・運営の課題解決や、マーケティング戦略の立案を行ってもらいます。その中でWeb広告の運用やアクセス解析、SNS戦略、検索結果においてサイトが上位に順位されるためのSEO対策など、様々な手法が効果的に使われます。

なぜコンサルティングが必要なのか

コンサルティングを依頼するメリットとして、課題解決のスペシャリストに会社の課題を任せられるというものがあります。コンサルタントは物事を論理的に考えるロジカルシンキングに長けており、あらゆる視点から課題を分析し、解決策を導きだします。また、第三者から客観的にアドバイスをもらえるのもコンサルティングのメリットです。社内で課題を解決しようとしても固定観念にとらわれてしまったり、上層部への意見が出しにくかったり、という問題があります。そんな時に、第三者であるコンサルタントが客観的な意見を出すことで、課題解決への糸口が見つかるものです。

よくある質問

ビジネスコンサルティングの料金はどのくらいかかる?

ビジネスコンサルティングの料金はどのくらいかかる?コンサルティングは、その内容や業界によって大きく料金が異なり、明確な料金相場が存在していません。料金体系としては、顧問契約、時間制、成果報酬型の3つに大きく分けられています。顧問契約では、毎月決められた定額を報酬として支払います。時間制では、コンサルタントの業務時間に応じて報酬を支払います。成果報酬型では、コンサルティング終了後、その成果に応じて報酬を支払います。なお実績を上げているコンサルタントに依頼する場合や、自社の規模が大きい場合などは料金が高つく傾向にあります。また1〜2時間程度のスポットで依頼できるものもあり、お問い合わせで確認されることがおすすめです。

ビジネスコンサルティングの依頼における注意点は?

コンサルティングの依頼料は数十万円することも珍しくはないため、なかなか気軽に頼めるものではありません。悪質なコンサルタントの場合、料金相場が明確でないことを逆手に取って、プランに対し高い料金を提示してくることもあります。また、必ずしも最初に相談したコンサルタントが良い提案をしてくれるとは限りません。そのため、2〜3社程度で相見積もりをとることをおすすめします。複数のコンサルタントに対して全く同じ内容を相談し、出された見積もりやプランを見比べて、最終的に依頼先を選ぶようにしましょう。そうすることで、自分の依頼したい内容における相場観や、判断する軸が見つけやすくなります。

ビジネスコンサルティングを依頼する流れは?

まずはホームページなどから問い合わせ、メールや電話で依頼したい内容など簡単に伝え、ヒアリングの日程を調整します。ヒアリングは面談で行われることが多く、事業内容や現在の課題、コンサルティングに求めることなどを相談します。その後コンサルティングプランの提案と見積もりを出してもらい、問題なければ契約を結びます。契約のあとは、課題解決に向けて、実際にコンサルティング業務がスタートされます。清算のタイミングはコンサルタントによってまちまちのため、問い合わせなどで確認するようにしましょう。

ビジネスコンサルタントの選び方は?

コンサルタントを選ぶとき、重要視するべきなのはその実績です。コンサルティングと言っても幅広く、新しいシステムの導入や、コストや経費の削減、業績向上など、様々な領域があります。自分の依頼したい内容と同じ分野の実績があるか、もしくは得意分野と謳っているか、事前にホームページなどで確認するようにしましょう。幅広い業務を扱っていることよりも、自分の依頼したい領域に特化しているコンサルタントがおすすめです。なお、業界に関しては幅が広い方が、新しい視点でアドバイスをもらえることもあります。そのため自社と同じ業界にこだわらず、あらゆる業界で経験豊富なコンサルタントを探してみるのも良いでしょう。

こんな時も、ビジネスコンサルタントにお任せ

Q1:個人でやっているような小さな規模の事業でも、コンサルティングを依頼して良いでしょうか。

A1:はい、規模の大きさは関係ありません。むしろ個人事業主のためのプランを用意しているコンサルタントもいるため、ホームページやお問い合わせで確認されることをおすすめします。

Q2:相談だけでもしたいのですが、お金はかかりますか。

A2:最初の相談は無料とするコンサルタントも多く、無料相談で見積もりを出してもらうことがほとんどです。初回の相談や問い合わせに関してはホームページなどに明記されているため、ご確認ください。