岐阜県お坊さんのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

岐阜県の僧侶

宗教・宗派を問わずお客様のご要望に合わせたご提案をさせていただきます。 ご遺族の皆様におくつろぎいただける様に和洋控室、シャワー室、更衣室をご用意してございます。

詳細を見る

有限会社いわもと商会では高品質な日本製お仏壇から、低コストの外国製お仏壇まで幅広く取り扱っております。 すべてのお仏壇に産地を表示し、品質や付属仏具等、正確にご説明致します。

詳細を見る

弘法大師法照寺は、毎月21日13時より息災護摩祈願を行っています。また厄除祈願、交通安全や身体健康などの諸願祈願、水子供養、ご先祖・水子永代供養、家宅のお払いや地鎮祭、仏事一般相談、家相の吉凶や赤ちゃんの名付け、改名のご相談などを承ります。

詳細を見る

家族葬、葬式、葬儀を取り扱っております。昭和元年創業の歴史ある斎場です。 仮通夜・通夜・葬儀から初七日法要まで貸切でご自宅のようにご利用いただけます。

詳細を見る

葬儀に関わる全てのことはお任せください。 生前予約、会員特典など費用面の相談からアフターフォローまで致します。 3つのホールで様々なご葬儀に対応できます。

詳細を見る

弊社は、確かな信頼と実績のある老舗仏壇店でございます。 確かな品質で、国産品を中心とした品揃えでございます。 仏事コーディネーターの資格保持者がご案内致します。

詳細を見る

一般葬儀からオリジナル葬まで、お客様のご要望にお応えします。 ホールは椅子席で、バリアフリー加工を施しております。 中ホール・小和室プランなど、ご家族葬や少人数での葬儀にも対応しております。

詳細を見る

日本の伝統工芸「お仏壇」を取り扱っています。 日本の仏壇職人の技と心で、手を合わせるお客様へ、至宝の技に真心を込めた手作りの仏壇をおすすめいたします。

詳細を見る

お客様の品物を最善の方法にて回収させて頂きます。 不用品回収:家具類から家電製品まで。 リサイクルショップ:高年式家電製品、アンティーク家具 遺品整理:大切な故人が残していった物を丁寧に適切にお片づけ 便利屋:引越後のお片付け、家具の移動、力仕事 男手がなく大きな荷物が運び出せない。

詳細を見る

ご遺族様の負担にならないご葬儀を提案致します。 入会金は無料です。掛け金もなく、手続きは電話1本で簡単に行えます。 会員様には各種割引などの特典がございます。

詳細を見る

お墓に関する業務を行っております。 傾きを直したい、お骨を納めたい、戒名を彫りたい、塔婆立を作りたい、花筒の穴を大きく、墓誌を作りたい、磨き直したい、家紋を入れたい、墓石を替えたい、巻石をしたい等のご要望にも対応いたします。

詳細を見る

永代供養や法要、水子供養、また、赤ちゃんの命名や引っ越しの移転に関する方位、また、悩み事などのご相談にも対応しています(秘密厳守)。 また、各種の祈祷や病気平癒祈願などの受付もしています。

詳細を見る

実際の依頼例

僧侶をお願いしました

岐阜県における僧侶の依頼例

よくある質問

お坊さんの料金はどのくらいかかる?

四十九日の法要にかかる御布施の費用は50,000円で、価格帯は40,000~60,000円です。初盆、新盆の法要にかかる御布施の費用は平均20,000円で、価格帯は10,000~30,000円です。一周忌法要にかかる御布施の費用は平均50,000円で、価格帯は40,000~60,000円です。三周忌法要にかかる御布施の費用は平均50,000円で、価格帯は40,000~60,000円です。戒名、法名の授与にかかる費用の平均は、一般的な「信士・信女」は150,000円で、価格帯は100,000~200,000円です。高位にあたる「居士・大姉」の平均は325,000円で、価格帯は300,000~350,000円です。戒名、法名単体での依頼は受け付けず、葬儀費用の中に戒名、法名の授与が含まれる寺もあります。上記とは別に、御車代とお坊さんが会食に参加しなかった場合は御膳料を用意します。

お坊さんの依頼における注意点は?

お坊さんに支払う料金の金額ははっきりとしておらず、インターネットでリサーチをしても情報を見つけることが難しいです。葬儀や先祖の供養を特定の寺にやってもらう代わりに、その寺に所属し、経済的に支援する家のことを檀家といいます。檀家から見たこの寺は菩提寺と呼びます。故人の様々な供養は、この菩提寺に依頼することになりますが、近年は菩提寺を持たない家庭も多くあります。基本的には読経をしてもらうということは、その寺の檀家になることを意味するため、檀家にはなりたくないが供養はお願いしたい、という依頼は寺によっては断られてしまうことがあります。

寺や地域との関係が薄れてきた現在では、檀家以外の葬儀や供養を引き受けてくれる寺も増加の傾向にはありますが、その時に困るのが、供養に関するわかりにくい費用についてです。そもそも法要の際にお坊さんに支払うお布施は、読経に対する価格という考えではなく、あくまでも寺の本尊を守るために捧げるものであるため、供養の対価としての金額ははっきりと決まっていないのです。お坊さんに料金に対する問い合わせをしても、明確な金額を提示してくれることが少ないのは、そういったお布施の性質によるものです。

お坊さんを依頼する流れは?

葬儀やその他の法要などでお坊さんの依頼が必要になった時に必ず確認することは、故人に菩提寺があるかどうかです。先祖代々供養のお世話になっている菩提寺がある場合は、葬儀や法要もその寺に依頼します。菩提寺が遠方の場合もまずは菩提寺に連絡をすることが大切です。近隣の同じ宗派の寺のお坊さんを紹介してもらえます。菩提寺があるのにも関わらず、菩提寺以外のお坊さんに葬儀や戒名の依頼をしてしまうと、菩提寺への納骨を断られてしまったり、戒名の付け直しが必要になるなど、トラブルになる可能性があるため、必ず菩提寺へ連絡をします。

お坊さん業者の選び方は?

菩提寺が遠方の場合には、自分で菩提寺の宗派と同じ寺を探すこともできます。しかし、この場合も必ず菩提寺と親戚親類に確認を取って了解を得るようにします。代表的な日本の宗派は、奈良仏教系の法相宗、律宗、華厳宗、密教系の真言宗、法華系の日蓮宗、密教と法華系の天台宗、浄土系の浄土宗、浄土真宗、融通念仏宗、時宗、禅系の臨済宗、曹洞宗、黄檗宗があります。

その他気を付けるべきポイントは?

菩提寺がない場合は、葬儀社に紹介されたお坊さんや、近隣の寺のお坊さん、お坊さん派遣サービスなどに依頼します。墓は寺以外では、公営や民営の霊園、または永代供養墓や納骨堂が選べます。近年では、樹木葬や海洋散骨などの墓も持たない自然葬も選択肢として注目されつつあります。いずれの場合も家族で十分な協議をして、生前の故人の思いや、故人を偲ぶ気持ちを大切に供養をしましょう。