10/21/2021

紅葉で映える!写真の撮り方8パターン

目次


紅葉を綺麗に撮るためのコツ

紅葉を季節、せっかくなら素敵な写真を残したいですね。この記事では、綺麗に撮るための8つのポイントをご紹介。すぐに実践できる簡単な物なので、ぜひ取り入れてみて下さい!


逆光を利用する

多くの人は、紅葉を撮ると「なんか暗い、よどんでいる」と感じて、紅葉を撮るのを諦めてしまいます。その原因は、順光(カメラの後ろに光がある状態)で撮影しているからです。 逆光(カメラの向けている方向に光がある状態)を利用して紅葉を撮ると、光が紅葉を通過して映るので、かなり鮮やかに美しく撮ることができます。


背景を意識する

「紅葉を撮るぞ」となると、紅葉だけに目がいきがちですが、背景を意識することも大切です。背景を意識するだけで同じ紅葉の写真でも、全く違う雰囲気を表現することができます。

背景が青

紅葉の「赤」と空の「青」のコントラストが映えます。

背景が黒

厳かな雰囲気漂う写真を撮ることができます。

背景が白

赤い紅葉を際立たせることができます。

背景が黄色

全体的に明るく、華やかな雰囲気を表現することができます。


紅葉を背景として魅せる

紅葉をメインの被写体にするのではなく、紅葉を背景として撮る技もあります。こうすることで、紅葉の色合いを引き出しつつ、メインの被写体を際立てることができます。このように、紅葉を背景とすることで、写真のバリエーションをぐっと広げることができます。


根本から見上げて撮る

今度は、紅葉を撮るアングルを変える技です。下から撮影することで、ダイナミックさを表現することができます。また、カエデの「赤色」と空の「青色」とのコントラストをも表現することができます。


シルエットを魅せる

カエデはその形がとても特徴的です。シルエットを撮影することで、カエデの特徴的な形を美しく表現することができます。

シルエット撮影の方法:

・日中=逆光状態で、大幅にマイナス補正
・日没直後=空を背景にする(マイナス補正しなくてもシルエットになります)


落ち葉を撮る

上の紅葉ばかり見がちですが、下の紅葉も実は撮影ポイントです。落ち葉は、茶色い枯葉、赤いカエデの葉、黄色いイチョウの葉など、色とりどりです。これら様々な落ち葉の色のコントラストを利用することで、真っ赤なカエデを際立たせて撮影することができます。

また、落ち葉を撮るときに、少しマイナス補正をすると、重みのある雰囲気を表現することができます。一方、プラス補正をすると、全体的に明るくなりすぎて(背景の地面が暗いから)、締まりがなくなります。


水面に浮かぶカエデを撮る

下の紅葉は地面上だけではありません。水面の上でも起こっています。水面の反射、水面の揺れ、水中の景色などを利用することで、いつもとは違った雰囲気の写真を撮影することができます。


ライトアップは日没直後に撮る

ライトアップされた紅葉を美しく撮影するのはかなり難しいです。というのも、日中に比べて光が圧倒的に不足しており、手振れしやすく、ライトの当たっている箇所と当たっていない箇所との明るさの差が大きすぎるからです。

そこで、ライトアップされた紅葉を撮影するのであれば、まだギリギリ明るい日没直後を狙います。そうすれば、明るさの差を抑え、自然な見た目の写真を撮影することができます。


画像編集のポイント

画像編集のポイントは以下の3点です。

・明るさの調整
・鮮やかさの調整
・ホワイトバランスの調整


明るさを調整する

明るさを変えると、写真の持つイメージが大きく変わります。 実際の見た目よりも暗くすれば、重厚感を持たせることができます。 また、実際の見た目よりも明るくすれば、ポップな華やかさを持たせることができます。


鮮やかさを調整する

紅葉の醍醐味は真っ赤な色です。 色の鮮やかさは、スマートフォンであれば「彩度」で調整することができます。一眼レフであれば、「ピクチャーモード」などから調整することができます。


ホワイトバランスを調整する

ホワイトバランスとは、光源(太陽の光や蛍光灯の光など)そのものが持つ色を補正してくれる機能のことです。つまり、写真の色味を調整して、写真の雰囲気を変えてくれます。

紅葉写真でよく使われるホワイトバランスは、「日陰」・「曇天」・「太陽光」・「蛍光灯」です。スマートフォンには機能がついていないことが多いですが、ワンポイントとして覚えておくと良いでしょう。


Zehitomoで写真撮影レッスンを依頼する

「もっと上手く写真が撮れるようになりたい」そんな時はプロに写真レッスンを依頼してみてはいかがでしょうか。Zehitomoなら希望の条件を入力するだけで、すぐにプロとマッチング。依頼やメッセージのやりとりは無料なので、ぜひ活用してみてください。



STEP 1:簡単無料依頼
2分でスマホやPCで簡単に依頼内容を入力します
STEP 2:提案を受ける
最大5人のプロから提案を受けられます。あなたの条件に合うプロを採用してください
STEP 3:交渉成立
プロと相談した場所・日時・値段で依頼したサービスを受けられます

近所のプロを探そう
見積もりを出す(無料)