09/08/2017

畳のカビ掃除はたったの6ステップ。使う道具は家にあるものだけ!

畳には時折、カビが生えます。畳の特性上仕方がないことでもありますが、生えたらショックです。健康にも悪く見た目も良くないため、すぐにカビ取り掃除をしましょう。

掃除方法や、カビの予防方法をお伝えします。新築だから、新しい畳だからと油断しないでくださいね。その理由もお伝えします。

畳とは?

畳 カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ zehitomo

畳は日本の伝統的な床の材料です。

築年数の長い物件では昔からある畳の間・和室・茶室などを見ることができます。お寺や神社でも見かけることができます。日本家屋で使われる床材なので、履物を脱いで歩く・使用することを前提としています。

畳の原料はい草です。国産い草の主な産地は熊本県八代市です。そのほか、九州を中心に石川県以南の西日本を中心とした産地があります。い草は天然繊維・天然素材として、素晴らしい特性を持っています。湿度や匂いを吸収するだけでなく、い草そのものの、胸いっぱい吸い込みたくなるような香りも人気です。

い草は畳だけでなく、ござや、い草製品として使われています。夏を涼しく過ごすための日本人の知恵として、そのさらりとした感触が昔から好まれてきました。

畳にカビができる原因4つ

1.湿気

畳 カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ zehitomo

カビは湿気を好みます。連日雨が降る梅雨時期には、建材にも食品にも、カビが生えやすいです。過度な湿気はカビの原因となります。

2.適度な室温

畳 カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ zehitomo

文部科学省の公表している資料では、カビが生育できる温度は0度から40度、特に活発に活動する温度は25度から28度とされています。ほぼ日本全域でカビが活動できると判断できますね。

3.汚れの蓄積

畳 カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ zehitomo

人間の垢や皮脂、ハウスダストがカビの餌となります。日本では、屋内では靴を脱ぎ歩き回ります。畳の上ではついついごろりと横になってしまう方もいるでしょう。人間から落ちる垢などの汚れが、カビの繁殖原因となるのです。

4.畳が新しい

畳 カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ zehitomo

畳が新しければ、材料であるい草も新しいです。材料であるい草が新しければ、い草そのものの機能も十分発揮されます。すなわち新しいい草は湿気や臭いを吸う力も充分備えているので、湿気を吸い過ぎ、カビの繁殖につながりやすいです。

畳そのものの新旧で比較すると、古い畳の方がカビは生えづらいと言えます。

あなたの家は大丈夫?畳にカビが生えるシチュエーション例5つ

畳 カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ zehitomo

1.家にいないなど生活の都合上、あまり換気できない

こまめな換気を行えば、物件や建材にカビは生えません。しかし生活サイクル城、1日1回も窓を開けれないという方もいるでしょう。

「忙しいから」「手が回らないから」「家の窓を開けて回るのは体が痛くて自由に動けなくて大変」と換気を怠れば、空気も淀み湿度や室温が保たれ始め、カビにとっての好条件が揃い始めます。

2.冬でも床暖房やヒーターを多用し、適温を保っている

冬は乾燥し湿度が低い季節なので、屋内で加湿器を使う方もいらっしゃいます。そして室温も快適に保てば、室内環境は冬でも春や夏のような状態を保つことができます。人間にとって快適な空間は、カビにとっても快適なシチュエーションです。

3.物件や家の構造が新しく、築年数が浅く、気密性が高い

「家が古くて隙間風が」「引き戸の立て付けが悪くて、きちんと閉まらない」、古い日本家屋ではよく見られる光景です。

新しい家は日本の職人技が発揮され、素晴らしくしっかりした構造で建設され、気密性高く造られています。住みやすく快適で、外からの侵入者や害虫を防ぐこともできる良い物件です。しかし気密性の高い新しい物件で新しい畳を使うシチュエーションは、カビも繁殖しやすいです。

4.土地柄、湿気が多い

気象庁でも解説しているように、日本全体で北は亜寒帯、南は亜熱帯とまたがっています。日本には四季がありますが、適温まで温度が上がりやすく、どの地域も湿度も高めです。おおむねどの地域でも海や湖や川などの水辺が近い形状をしています。

「どうしても湿気が多い」「家で何をしても、湿気が入ってくる、防げない」というシチュエーションでは畳にもカビが生えやすいです。

5.物件の都合上、日差しが当たらない・風が通りにくい

構造上もともと和室に日差しが入らない、窓を開けても窓の位置上風が通りにくい方角である、という物件はいくらでもあります。

日差しが入りにくい・風が通りにくい・戸建てだった我が家の近くに高層マンションが建設されたなど、物件状況が変わる事例もいくらでもあります。カビが生えやすいシチュエーションです。

畳にカビができたらコレを使う!掃除用品・掃除用具8選

畳 カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ zehitomo

1.マスク

カビの胞子などを吸わないよう着用しましょう。

2.目地ブラシ

歯ブラシよりも大きな、掃除用目地ブラシを用意しましょう。小さく狭い範囲であれば歯ブラシでも良いかもしれませんが、掃除用の目地ブラシの方がブラシの毛が適度にコシがあり、畳のい草の間に入り込んだカビも掻き出しやすいです。100均やホームセンター、インターネットでも購入できます。

3.ゴム手袋

カビを直接触らなくて済むよう、吸わなくて済むよう、着用していると掃除に専念できます。

4.床用ドライワイパー

掃除機ではなく、ドライシートのワイパーを使用しましょう。ウェット(濡れているもの)ではなく、ドライ(乾いているもの)です。

5.エタノール

薬局で500ml単位で販売しているものを購入することができます。高くても600円程度で購入できます。インターネットでは300円台で購入できます。スプレーボトルに入れておきましょう。

6.重曹

100均や、インターネットでは1kg以上の大容量でも購入できます。

7.乾いた雑巾やいらない布

乾いたものを用意してください。雑巾のようにタオル地の方が、畳の編み目までよく絡んでくれます。

8.酢

料理に使う酢です。どのような種類でもいいですが、黒酢や果実酢など、色のついた酢はやめましょう。畳に色が残ります。

畳にできたカビの掃除方法・手順6ステップ

畳 カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ zehitomo

1.ふわふわ胞子は床用のワイパーで

ドライ(乾いているもの)のシートを使用します。ウェット(濡れているもの)の方が薬剤が含まれており効果がありそうですが、畳に水分を与えてしまうのでカビとりにはドライシートを使用します。強くこすりすぎると畳にカビを擦り付けることになるため、カビの胞子をそっと取り除くように、畳にカビを押さえつけすぎないように扱います。

2.ふわふわ胞子を取った後は、乾いた目地ブラシで編み目に沿ってこする

目地ブラシを軽くなで付けるようにして、編み目に入り込んだであろう胞子を掻き出し、乾いた雑巾で拭き取ります。

3.エタノールをまんべんなくスプレー

エタノールは蒸発するので、畳に水分を与えることにはなりません。スプレーに入れたエタノールを畳にかけて、除菌します。

4.カビの色が残って気になるところには重曹をかけて色を落とす

黒カビなど、色の残りが気になる箇所には重曹をかけ、重曹にエタノールを振りかけてください。目地ブラシで優しくこすって、色を落とします。重曹は乾いた雑巾で拭き取ってください。

5.カビの匂いが残って気になるところには酢をかけて臭いを落とす

なんだかカビくさい気がする。カビの匂いは酢で落としましょう。酢をスプレーボトルなどに入れて、霧状で噴射し、乾いた雑巾で拭き取ります。酢の匂いも独特なので気になりますが、口に入れても大丈夫な食品なので、下手な殺菌剤や芳香剤より人体に無害で、成分が気になるご家庭でも安心して使えます。

6.可能であれば畳を外して陰干しする

畳を外せるようであれば、畳ごと外して、湿気の少ない屋外などで陰干しをすると、畳に空気が当たって乾燥させることができます。

絶対にしちゃダメ!NGな畳の掃除方法・お手入れ方法3つ

1.掃除機を使用する

畳 カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ zehitomo

カビの状態によりますが、ふわふわ胞子ができているカビを掃除機で除去するのはNGです。なぜならば、掃除機は空気の吸引力で対象物を吸い込んで機内にとどめ、空気を掃除機からまた排出します。つまりカビを吸い込んだように見えて、掃除機機内にとどめ、胞子が含まれた空気がまた掃除機から空間に排出されるのです。掃除機の使用はやめましょう。

2.雑巾で水拭き

畳 カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ zehitomo

雑巾で水拭きをすると、畳に水分を与えてしまいます。その水分が新たなカビの原因になります。

3.熱湯を使う

畳 カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ zehitomo

熱湯は確かにカビの死滅に使えます。カビは熱に弱いためです。しかし畳に水分を与えることになるため、使用しないでください。

カビ予防には何をすればいい?カビ防止の方法5つ

畳 カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ zehitomo

1.畳の上に何かがある状態を作らない

畳の上に常に万年床、畳の上にカーペットや絨毯など、常に畳の上に何かあると湿気がこもります。そういった状態を作らないようにします。

2.畳のある部屋の通気性を保つ

畳のある部屋はこまめに換気をし、外気を通すようにします。

3.扇風機やサーキュレーター、除湿機を使う

換気をしようにも風の通りが悪い部屋のいち、場所などはあります。そういった条件下では、道具に頼りましょう。

4.畳自体を入れ替える

カビ掃除をしたけれど一度はカビが生えた場所、気持ちが良いとは言い切れません。気になるようであれば新しい畳に張り替えてしまいましょう。

5.畳の部屋を洋室にリフォームする

畳を活用しきれない、お手入れできない、手をかける時間がない、そういったときは和室を洋室にリフォームするのも1つの手段です。ただし部屋の都合上、物件の都合上、環境の都合上湿気が多い・カビが生えやすい場所は、洋室にしてもフローリングにカビが生えることもあります。リフォーム業者に確認してもらうことで、「そもそも畳だからカビが生えるのか?」「部屋自体が湿気が多いのか?」「立地に問題があるのか?」など見てもらえるかもしれません。

最後に

畳 カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ zehitomo

カビの掃除は気持ちがよくないですが、見つけたらすぐにカビとり掃除をしましょう。カビとり専門の薬剤を使っての掃除もいいですが、ここで紹介したフロアシートや重曹、エタノールや酢など、まずは家にもあるもので試してみませんか?

近所のプロを呼ぼう