06/07/2017

オンライン英会話とは?メリット・デメリットとおすすめのサービス5選

オンライン英会話は、スクールに出向くことなく受講することができる便利な学習法として人気です。日ごろ英語を使う場面がない人にとっては、実践の場として有効のようです。

ここでは、オンライン英会話のメリットやデメリット、おすすめの英会話サービスをご紹介します。

オンライン英会話とは?

オンライン英会話 メリット デメリット おすすめ ゼヒトモ

オンライン英会話は、Skypeなどを介して、英語の講師に英会話の指導を受けられるサービスです。
インターネット回線があれば、いつでもどこでも手軽に受講が可能です。価格帯、時間設定、一回当たりの時間はサービスによって異なっています。

オンライン英会話のメリット

オンライン英会話 メリット デメリット おすすめ ゼヒトモ

自宅にいながら受講できる

通う時間を考える必要なしで自宅にいながら受講できます。24時間、どの時間帯でもどんな格好をしていても英会話学習に取り組むことができるのでハードルは下がりますよね。受講料はレッスンごとに支払うことが多く、比較的安価に受講できる点も魅力のようです。

アウトプットの機会の確保

スクールに通うと、マンツーマンレッスンは割高です。グループレッスンになると、時間内での発話の回数も減るでしょう。オンライン英会話はマンツーマンでも低価格。

アウトプットの機会を存分に活用することができるでしょう。また、日ごろの自己学習の確認ができるという点もメリットですね。

オンライン英会話のデメリット

オンライン英会話 メリット デメリット おすすめ ゼヒトモ

自己継続が図りにくい

オンライン英会話は、英会話の機会にはなるのですが、ひとつひとつのレッスンや継続して受講しても、決まったカリキュラムがないところもあります。

機会はたくさんあっても、何がどう身についているのかわかりにくいという点はデメリットになる人もいるでしょう。また、いつでも自由にという手軽さが、逆に継続を難しくすることもあるようです。

いい先生を確保しにくい

講師の質もさまざまのようです。ネイティブだから良い先生というわけではないので一概に×ではないと思うのですがネイティブ講師でないこともあります。文化的なことやニュアンスの違いなどの説明は難しいこともあるようです。

ネイティブでも非ネイティブでも教えることを身に付けている講師ばかりではない点もデメリットでしょう。また、いいなと思った講師から受講できるとも限りません。人気の講師はいつも予約でいっぱいのようです。

ここがおすすめ!オンライン英会話サービス・会社5選

オンライン英会話 メリット デメリット おすすめ ゼヒトモ

1.Bizmates

ビジネスで成果を上げるためのオンライン英会話レッスン。講師陣は、ビジネス経験と教えるスキルを身に付けているので信頼して学び進めることができます。オリジナルの教材と学習メソッドが取り入れられ、英語力に合わせた受講が可能です。

レベルとランク付けがされるため、学習進捗のバロメーターもばっちりです。料金体系も至ってシンプルで(毎日25分プラン税込12,000円など)比較的低価格なのも魅力でしょう。

URL:https://www.bizmates.jp

2.レアジョブ英会話

受講者にあった学習方法をカウンセリングでアドバイスしてくれます。講師は約1%の難関の審査を通過し、数々の指導トレーニングを受けたプロフェッショナルです。

サービスは受講者が「正しく、たくさん話す」ことに注力し、毎回のレッスンでレベル判定が行われるのも特徴です。日常会話(月額税込6,264円)とビジネス英会話(月額税込10,584円)のプログラムが用意されています。

URL:https://www.rarejob.com

3.QQイングリッシュ

世界7か国で展開されているオンライン英会話サービス。24時間、いつでもどこでも日常の中のどの時間帯でも25分間の英会話学習に取り組むことができます。シチュエーション会話だけでなく、英会話に必要な「読/書/聞/話」の4技能をバランスよく身に付けることを目的とされています。

自由な学習計画が立てられる、月会費プラン(税込 3,980 円)と、毎日の習慣化に役立つ、毎日プラン3つ(毎日25分、税込6,242円など )が用意されています。

URL:http://www.qqeng.com

4.ネイティブキャンプ

24時間365日、予約なしで受講することができます。また月額4,950円で、回数無制限というのがネイティブキャンプの大きな特徴のひとつ。

通常の英会話習得より4倍早く身に付くと言われているイギリスで生まれたカランメソッドが教授法として取り入れられています。カランメソッド本校の認定校に指定されています。

URL:https://nativecamp.net

5.イングリッシュベル

受講者の目的やレベルに合わせて、その都度、ビジネス、日常会話、TOEIC、DMEメソッドなど、学びたいことを15の選択肢から自由に選ぶことができます。

月5回(税込4,212円)~月40回(税込19,332円)までのプランを選ぶことができます。1週間先までの予約が可能で、1日20レッスンまで受けることができます。

URL:http://english-bell.com/ja/index.html

最後に

オンライン英会話 メリット デメリット おすすめ ゼヒトモ

オンライン英会話を受講できる媒体は、どんどん増え続けているようです。ほとんどの教室が体験レッスンを無料で提供しているので、体験してみてからの受講決定をおすすめします。数社を比較してみて、自分にぴったりくるスクールで英会話の上達を目指しましょう!

近所のプロを呼ぼう