05/11/2020

Skype(スカイプ)の使い方、完全初心者向け【仕事でSkypeを使おう】

Skype(スカイプ)の使い方、活用方法、料金、アカウント開設方法やビデオ通話の使い方を解説します。

この記事の読者は、Skype初心者の方、フリーランスや習い事の先生、講師やインストラクター、ローカルビジネスでSkypeを活用したい方を想定しています。

情報は全て、2020年5月時点の情報です。サービスの最新状況は、各サービスをご参照ください。記事の更新が追いついていないこともあります。

Skype(スカイプ)とは?

Skype(スカイプ)は、2003年に初めてリリースされたインターネット電話サービスです。バルト三国の一国である、エストニアで開発されました。バルト三国はヨーロッパのシリコンバレーとも呼ばれ、スタートアップ(新規事業企業などの総称)が多数操業していることで有名な土地です。

現在は、Microsoft(マイクロソフト)社が提供しています。

Skype(スカイプ)でできること

Skype 使い方 Zehitomo

一般的な使い方

Skype(スカイプ)の公式ホームページではこのように解説されています(この文章をクリックするとSkype本国の解説ページを閲覧できます)。https://support.skype.com/en/faq/FA6/what-is-skype

要約すると、音声電話・テレビ電話・メッセージツールです。一部の機能は無料で、一部の機能は有料で使うことができます。

国境をまたいで、国籍なども問わずに利用できることもポイント。世界中のユーザーの距離をぐっと縮めた電話・メッセージツールのひとつです。

中小企業・個人事業主(プロ)としての使い方

インターネット回線があれば電話を使うことができるため、固定電話を契約する必要がなくなります。また、スマートフォンでも操作できるため、スマートフォンを持ち運んだ先で通話できます。固定電話の電話機がある場所にいる必要がありません。

出先で、移動中の通話可能なシチュエーションで、事務作業中に、様々なシチュエーションでスマートフォンを持ち歩ける場所で、お客様や取引先、同僚と電話やメールができます。

Zehitomoに登録してオンラインレッスンを提供する(無料)

Skype(スカイプ)の料金

無料

Skype(スカイプ)同士は音声通話・ビデオ通話・メッセージ・画面共有を無料で使うことができます。

無料で活用するために、電話をかけたい相手にもSkypeを準備してもらいましょう。

一部有料の機能も

Skype(スカイプ)から、携帯電話や固定電話へ電話をする機能のほか、海外の携帯電話や固定電話への通話も有料です。

Skype(スカイプ)の強み

Skype(スカイプ)の強みはほとんどの世界で通用すること、信頼性の高さです。特に高齢の方は知名度の低いサービスやアプリのダウンロードに躊躇する人もいます。しかしSkypeは、2003年から提供されていて世界中で安全に使われており、Microsoftが提供しています。「悪いものではないだろう」という気になります。

しかしSkypeもMicrosoftも聞いたことがない人も、一定数存在します。そのような方は「よくわからないものを『ダウンロード』するのは嫌だ」という方も多いです。

Skypeはダウンロードしなくても、オンラインでSkypeを使用することができます。必ずダウンロードする必要はありません。

Skype for businessとは?

Skype for businessは、Microsoft Teamsへ

以前Skype for businessという名称で提供していたビジネスユーザー向けプランは、現在Microsoft Teamsという機能に変更になりました。いずれにせよ、信頼できるMicrosoft社のサービスであることに違いありません。

Microsoft Teamsは無料(基本)

Microsoft Teamsは無料で使うことのできるビジネスユーザー向けサービスです。オンライン会議、ビデオ通話、ドキュメントの共有なども行うことができます。

例えば導入して、各地の教室と週に1回のペースで電話ミーティングをしてはいかがでしょうか。東京の指定の場所に、名古屋や大阪や広島や福岡から集まってミーティングを開催すると、交通費や宿泊費がかかります。電話ミーティングであれば、インターネット通信にかかる費用のみで成立します。

「東日本と西日本のブロック別に週に1回のペースでビデオ通話を行い、実際に全国の教室の責任者や先生たちがオフラインで会うのは半年に一度」などのペースにすると、それまでかかっていた大きな経費を削減することもできます。

Skype(スカイプ)の利用方法4ステップ【初めてアカウントを開設する】

1.利用端末を選ぶ

パソコン・タブレット・スマートフォン(デスクトップもしくはウェブ)、Alexa(アレクサ)、Xbox(エックスボックス)を利用することができます。

2.Skypeの画面にアクセスする

ダウンロードをするか、アカウントを作成してログインしてウェブで使用するか、決めましょう。

3.Microsoftアカウントを作成する

指定の画面で、電話番号もしくはメールアドレスを使ってアカウントを作成します。

4.アカウントでログインする

Microsoftアカウントでを作成したら、、ダウンロードしたSkypeもしくはウェブのSkypeにログインします。これで利用する準備は完了です。

無料で利用するためには、電話やメッセージをする相手にも同じようにSkypeが利用できるような準備をしてもらいましょう。

Skype(スカイプ)での通話方法3ステップ【ビデオ通話を実施する】

1.通話相手をアドレス帳に登録する

自分のアカウントに、通話相手を登録します。

2.通話相手を選ぶ

「通話」から「新しい通話」を押して相手を選びます。電話番号は分かっている場合は「ダイヤルパッド」を押すと番号入力ができます。

3.かける

あとは、選択した相手(もしくは、入力した番号)にかけましょう。

最後に

Skypeの使い方に、難しいことは何もありません。もしかしたら、ウェブサービスの登録に慣れない方は、アカウントを解説するための登録が最も時間がかかるかもしれませんが、Skype自体の使い方は全く難しくありませんよ。

毎日使う訳ではなくても、アカウントを持っていたら、お客様や家族、お子さんやお孫さんがアカウントを持っていた時にすぐに使うことができますよ。ぜひ活用してみてください。

Zehitomoに登録してオンラインレッスンを提供する(無料)

他のツールの使い方も確認する

この文章をクリックすると、LINE(ライン)の使い方の記事を読むことができます。
この文章をクリックすると、Google ハングアウトの使い方の記事を読むことができます。
この文章をクリックすると、Facebook Messenger(フェイスブックメッセンジャー)の使い方の記事を読むことができます。
この文章をクリックすると、Instagram(インスタグラム)の使い方の記事を読むことができます。
この文章をクリックすると、Zoom(ズーム)の使い方の記事を読むことができます。

近所のプロを探そう
見積もりを出す(無料)