05/23/2019

電気ポットの掃除方法は?重曹とクエン酸でピカピカにする方法

電気ポットや電気ケトルの汚れは、重曹やクエン酸で落としましょう。ご家庭によっては毎日使われる、電気ポット。コーヒーや紅茶、スープやカップラーメンなど、熱湯が欲しい時にすぐに沸かすことができ便利です。

毎日使うからこそ汚れがたまり、たまりすぎると落としづらくなってしまいます。掃除方法を知ってこまめにお手入れしましょう。

電気ポットが汚れる理由・原因

電気ポット 掃除方法 電気ケトル Zehitomo

1.内側の白い汚れは水アカ

電気ポットをずっと使っていると、水しか入れていないのにいつの間にか内側に白い汚れが付いてしまいませんか?気が付いたらカリカリとした硬いかたまりがビッシリということも起きます。

実は、この汚れの正体は水アカです。水アカは、水道水の中に溶けているカルシウムなどのミネラル分が空気中の二酸化炭素と反応してできるもの(主に炭酸カルシウムの結晶)が徐々に蓄積したものです。

特に身体に害はありませんが、においが気になることもありますし、その汚れが付いたポットから出たお湯を飲むことになんとなくでも抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。

2.底の汚れは水アカだけでなくサビも

電気ポットの底に、白い水アカだけでなくサビのような汚れが付くこともあります。これは、水道水に含まれる鉄成分やカルキ(残留塩素)が原因でできるサビです。水アカと同じように、気になる汚れです。

3.外側の汚れは手垢や油汚れ

電気ポットは内側だけでなく、外側もしっかりと汚れていきます。キッチンに置いておくことが多いため、調理の影響によるベタベタした油汚れや飛び散った調味料もつきやすく、また料理の延長で様々なものが付着した手で触ることで手アカも付きます。

また、ポットの注ぎ口のところは、お湯を注いだ時の跳ね返りのコーヒーやスープなどでも汚れてしまいます。

電気ポットの掃除に使う道具

1.重曹

電気ポット 掃除方法 電気ケトル Zehitomo

重曹(じゅうそう)は、掃除の際に洗剤の代わりに使われたり、お菓子を作るときにふくらし粉として使われます。重曹には、重炭酸ソーダやベーキングソーダなどいくつか呼び方がありますが、化学名は炭酸水素ナトリウムです。重曹という名前は、重炭酸ソーダ(曹達)からきていると言われています。

重曹は、食品から薬、掃除用、工業用など幅広い用途があり、天然のミネラルであるため環境にも優しい、大変な優れものです。汚れに吸着する性質があり、研磨作用や脱臭作用もあります。弱アルカリ性のため、油汚れや手アカなどの酸性の汚れを落とすときに使うと効果的です。スーパーマーケットやドラッグストアなどで購入できます。

2.クエン酸(レモン・お酢)

電気ポット 掃除方法 電気ケトル Zehitomo

クエン酸は、レモンなどの果物やお酢に含まれる酸味成分です。ドラッグストアやホームセンターの掃除用品売り場などで粉末のクエン酸を買うことができます。電気ポット洗浄用として、電気ポットの掃除向けに売られているものもあります。

食用の酢やレモンを代わりに使うことができます。すし酢などの調味酢は使えません。

3.キッチンペーパー

電気ポット 掃除方法 電気ケトル Zehitomo

電気ポット外側の汚れ掃除に使います。

電気ポットの掃除方法(内側)

電気ポット 掃除方法 電気ケトル Zehitomo

1.ポットにクエン酸と水を入れる

ポットにクエン酸を大さじ2杯程度入れ、水を満水のメモリまで入れます。クエン酸は水流で混ざります。お酢を使う場合は、水を満水まで入れてからお酢を大さじ2杯程度入れます。レモンを使う場合は、レモン1~2個分のレモン汁を絞って入れます。

サビ汚れもある場合は、クエン酸と同じ量の重曹を入れましょう。サビ汚れに効果があります。

2.ポットの水を沸かして放置

スイッチを入れてお湯を沸かします。沸騰したらスイッチを切って2~3時間放置し、少し冷めてからお湯を捨てます。

3.水洗い

クエン酸の成分が残らないように水で洗い流します。汚れが残っているようであれば、スポンジで軽くこすり洗いをします。こすり洗いをする際、重曹が中に残っていると重曹で内部が傷つくことがあるため気を付けます。酢を使った際は、匂いがなくなるまで水洗いをしましょう。

キッチンや家の掃除をプロに頼むときの値段を見る

電気ポットの掃除方法(外側)

電気ポット 掃除方法 電気ケトル Zehitomo

1.重曹水を作る

水に重曹を溶かして重曹水を作り、スプレー容器に入れます。重曹は濃度8%までしか水に溶けないため、汚れの程度に応じて(汚れがひどい場合は濃く)溶ける範囲の濃度にします。

2.キッチンペーパーに吹きつける

ポットの周りにキッチンペーパーを載せ重曹水をスプレーでたっぷり吹きつけて貼り付けます。ポット周りの汚れに重曹水を含んだキッチンペーパーがぴったりと貼りついた状態で30分程度放置します。

3.キッチンペーパーで拭く

貼っていたキッチンペーパーを、ポット周りの汚れを拭き取りながらはがします。重曹は乾くと白いザラザラの結晶に戻るため、重曹水のキッチンペーパーで拭き取った後に、さらに別の水だけを含ませたキッチンペーパーで水拭きをします。

キッチンや家の掃除をプロに頼むときの値段を見る

最後に

電気ポットの内側の掃除方法は、アルカリ性の汚れを酸性のクエン酸を使用して除去する、電気ポット・環境・人の身体にも優しい方法です。電気ポットの汚れは、放っておくと落としづらくなる上に、電気ポットの性能にも不具合が生じるかもしれません。汚れが定着する前に、1~2カ月に1回程度はお手入れしましょう。

電気ポットだけでなく、キッチンや家の掃除は、定期的にしたくてもなかなかできないですよね。そんな時は掃除のプロフェッショナルにお掃除を外注する方法もあります。キッチン用品やキッチン周り、水回りなど、気になるものの掃除やお手入れを依頼してみましょう!

キッチンや家の掃除をプロに頼むときの値段を見る

近所のプロを呼ぼう