05/05/2019

床のDIY、初心者でもできる7つのアイディア

自ら家のリフォームを行うDIYにおいて、床を思い切り変えることはかなりテイストの変わる部屋にできる近道となります。

そうは言っても専門知識なしには簡単にできなそうな床のDIYですが、実際は簡単に行うことができます。今回は初心者でもできる7つのアイディアを紹介します。

1:簡単な床のテイスト変更から考える

床をリフォームするのは業者に頼むイメージがあるかもしれませんが、自宅でできることもあります。古くなってしまった絨毯から、カーペットに変えてみるといった部屋の模様替えをするだけでも、十分に立派なDIYといえます。自分のできることからまずは始めてみましょう。

2:クッションフロアを使用する

クッションフロアは、厚さが2㎜程度(規格により異なります)のシート状の床材です。水回りに強く、防音性にも優れています。また、張替えも簡単で、リフォームやDIYなど自分でやってみるのが初めてという方でも容易に作業が可能です。

3:フロアタイルを使用する

フロアタイルは、パネルシート状のタイルを専用のボンドで床(フローリング)に貼っていくだけで施行できます。種類も多く、魅力的なリフォーム素材といえるでしょう。素材も塩化ビニルという柔らかい素材のため、カッターなどで容易にカッティングができます。汚れに強いのも素晴らしいポイントです。こちらも、クッションフロアと同じく絨毯からの張替えにもおすすめです。

4:フローリングを重ねる

既存のフローリングをリニューアルするために、フローリングを張替えるのではなく上から新しいフローリングを重ね張りする方法もあります。それによって専門業者でないとなかなかできない床材の取り外し作業を省くことが可能となりました。インターネット上での販売も多く、サイズさえしっかりと計測できれば失敗することもそう多くはありません。

5:和室風に変更する

「置き畳」を利用して、和室を作り出すことで、全く異なる雰囲気の部屋を作り出すことができます。多くが半畳分の大きさの正方形でできており、それらを組み合わせます。本格的な和室でないことはむしろ長所です。ちょっとした和の空間は洋室中心の今の日本の家の中に癒しの空間をもたらしてくれます。大掛かりな工事も必要なく、組み合わせて並べるだけで完成します。

6:コルクを使用する

コルクは、衝撃を吸収したり、温度・湿度を保ってくれたり、さらにはカッティングも容易と素材として優れています。例えば、絨毯ですとどうしてもアレルギーの原因になりやすいですが、お部屋のマットを絨毯からコルクマットに交換すればそのような心配も少なくなります。

7:タイルカーペットを使用する

フロアタイルと似ていますが、素材が異なります。基本的には正方形のパネルシート状のタイルカーペットを専用のボンドで張り付けていきますが、中には、吸着加工が施され、一切加工が不要なものもあります。カッティングが容易な素材なのでお部屋の形に合わせるのも簡単です。多くの柄があるので、自分で選んで組み合わせ、世界に一つだけのデザインにすることができます。サイズは40㎝四方か、50㎝四方のものが多く、パネルシート一枚当たり200円程度から購入できます。

まとめ

ここまで記してきたものをは誰でもできる簡単な床のDIYのアイディアまとめです。

また、それぞれのアイディアを掛け算することでよりオリジナリティが出たり、カスタマイズも可能となります。

なお、DIYを超えるより大規模な床リフォームをしたい方、プロの手が必要な方は、Zehitomoをご利用ください。Zehitomoではその道のプロに依頼を無料で見積もりを出すことが可能です。是非一度試してみてください。

Zehitomoでプロを探す

近所のプロを呼ぼう