12/12/2018

バッテリーの処分方法と処分にかかる費用〜寿命も解説【専門家監修】

電気をためておく役割を持つバッテリーは、車、パソコンやスマートフォン、電化製品などで使われています。寿命があるため数年おきに買い替えたり入れ替えたりしますが、不要になったバッテリーはどのように処分をするのでしょうか。

バッテリーの処分方法と処分にかかる費用、寿命の判断方法について解説し、専門家から意見をいただいています。

高橋 洋介さま

株式会社alife 代表取締役、総合便利サービスにじいろ代表。「どこよりも誠実に」を心がけて不用品回収サービスを提供している。2017年の年間作業実績600件以上。

不用品回収は、サービス内容などが見えづらい、わかりづらいことから「頼みづらい」とお考えのお客様が多い現状に対して、「頼んで良かった」と思ってもらえる、期待値を超えるサービスを心がけている。

このプロにバッテリーの回収を依頼する

バッテリー処分の考え方3つ

バッテリー 処分 処分方法 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

1.車のバッテリーは粗大ゴミではない

車やバイク、農機具などに使う車両用のバッテリーは粗大ゴミとして処分できません。バッテリーは適正処理困難物または排出危険物に指定されているためです。

適正処理困難物とは市町村に設けている設備では安全な処理が困難なものを指し、排出危険物とは人体に有害となる物質を発生する可能性があるものを指します。

車のバッテリーは鉛や希硫酸という人体に有害な物質を含むため、ゴミ置き場に破棄したり、粗大ゴミとしてお住まいの市町村へ依頼することはできません。仮にゴミ置き場へ無断で放置した場合は、不法投棄の罪に問われます。また万が一、不法投棄されたバッテリーから有害物質が流れ出て人に触れると、皮膚がただれてケガをおったり漏電する危険性もあります。

ただ、バッテリーは希少性のある金属の鉛を含んでいるため、資源としてリサイクルできる製品です。ゴミとして処分を考えるのではなく、積極的にリサイクル回収を利用しましょう。

2.車のバッテリーの処分方法は、各自治体に問い合わせる

車のバッテリーをゴミとして処分する際は、各自治体で定められた方法に準じて処分します。ただし、各自治体によってその方法が異なります。

例えば、千葉市の公式サイトでは、自動車バッテリーの処分方法として、使用済みバッテリーリサイクル協力店または廃タイヤ取扱い協力指定店の表示がある自動車関連販売店、カーショップ、ガソリンスタンドへ相談するように促しています。

これは「千葉市のごみ処理施設では対応できないため、各自で取り扱いのある販売店を探して処分してください」ということです。

次に、八王子市の公式サイトでは、バッテリーは市で処分できないごみとして指定しているだけで、その処分方法についての詳しい情報は提示していません。提示がない場合は、各自の判断で適切な処分方法を選択します。

お住まいエリアでのバッテリー処分方法については、各自治体の公式ホームページから確認するか、または電話にて相談することが望ましいでしょう。

3.パソコンやスマホや電子機器のバッテリーも、各自治体によって異なる

パソコンやスマホ、デジタルカメラなどに使うバッテリーは小型充電式電池とも言われます。これらの小さなバッテリーは再利用が可能なニッケルやコバルト・カドミウム・鉛などを含むため、資源有効利用促進法において指定再資源化製品に指定され、積極的にリサイクルされています。

そのため、各自治体ではリサイクルを推奨していることが多いようですが、詳細は各自治体によって異なり、主に以下の3パターンがあります。

1、燃やさないゴミとして処分できるが、リサイクルを推奨している
2、処分不可能とし、回収箱のある協力店の利用を勧めている
3、詳しい掲載をしていない

このように、各自治体によって記載方法は様々です。市町村によっては燃やさないゴミに分類していることもあるようですが、リサイクルすることが望ましいといえます。一方で、詳しい処分方法の記載がない市町村であれば、リサイクル協力店を利用しましょう。

バッテリーのリサイクルは、小型充電式電池の再資源化を推奨している一般社団法人JBRCに加入している、リサイクル協力店や自治体が設置しているリサイクルボックスで回収しています。全国で約28,000カ所ほどあり、ホームセンター、家電量販店、公共施設など様々な場所に設置してあります。

車のバッテリー処分方法と費用3つ

バッテリー 処分 処分方法 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

1.新しいバッテリーの交換と同時に処分を依頼する

新しいバッテリーを購入した自動車用品店やホームセンターでは、古いバッテリーを無料引き取りしてくれることがあります。ただし、新しいバッテリーを購入するか、取り付け作業まで行わなければ古いバッテリーを回収処分してくれないこともあります。事前に条件を確認しておくと安心です。

または引き取りの他、下取りも可能です。バッテリーを下取りできる理由は、バッテリーに含まれる鉛を金属リサイクルするためです。鉛の価格は随時変動するため、下取り価格もその時によって大きく異なります。平成30年12月3日時点では63/㎏です。バッテリー1個当たりの相場は300~1,000円です。

2.使用済みバッテリーリサイクル協力店に持ち込む

使用済みバッテリーリサイクル協力店とは、バッテリーのリサイクルを実施している自動車用品販売店やホームセンターといった販売店を指します。

一般的には、使用済みカーバッテリーは無料で回収されます。一部、販売店では手数料としてる料金がかかることもあります。平均で500円程度、価格帯は300~700円程度です。詳しくは該当する店舗へ問い合わせてみてください。

リサイクル協力店には使用済みカーバッテリー回収かごが設置してあることがあります。回収ボックスは無料で利用可能です。

3.不用品回収業者に回収を依頼する

不用品回収業者にも車のバッテリーの処分を依頼できます。バッテリー単品での回収価格は平均1,000円程度です。相場は500円~1,500円程度で、大きさや状態によって加算されます。

ただし、不良品回収業者では、依頼する回収物の最小量が設定してあることがあります。バッテリー単体で回収に応じてくれるかどうかを事前に確認しましょう。「最小容量は軽トラック1台分から」「回収の最小容量は〇立方メートルから」という指定があ流業者も。多くは、台車1台分想定で平均12,900円、価格帯は12,000~13,800円ほどです。

せっかく不用品回収業者に依頼をするなら、他に不要になったものもまとめて処分するといいでしょう。

WEBサイトからメールで問い合わせるか、電話で相談します。回収に来てもらう日程や金額の確認をし、後日指定の日に自宅にて回収してもらいます。

不用品回収 処分 Zehitomo

バッテリーの処分依頼は、月に2〜3件いただきますが、ほとんど全てのご依頼が車のバッテリーの処分依頼です。

ネット通販での回収

ネット通販でバッテリーの販売及び使用済みバッテリーの回収を行っている販売店もあります。ネット通販での使用済みバッテリーの回収は、回収費用及び郵送費用も無料で行っていることもあります。

バッテリーの寿命?買い替え?判断方法

バッテリー 処分 処分方法 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

自動車のバッテリー寿命と判断方法

自動車バッテリーの寿命は平均して2~3年と言われています。しかし過放電(使用可能な電圧を上回って放電し続けること)を行っていたり、バッテリーが上がった経験があると寿命が短くなります。過放電の要因は半ドア、ライトの消し忘れ、エアコンやオーディオの過剰使用などです。

バッテリーの交換時期を判断するには主に3つあり、バッテリーチェッカーを使う、バッテリー液の比重を確認する、カーショップやガソリンスタンドで確認してもらう、以上の方法です。

バッテリーチェッカーは数千円程度で市販されています。バッテリーチェッカーとバッテリーの端子を繋ぐだけで簡単に数値を計れます。

バッテリー液の比重を確認するには、比重計を使います。市販で500~1,500円ほどで販売されています。バッテリー内部に比重計を差し込みバッテリー液をスポットで吸い込むと、比重の数値が現れ、充電の状態を把握できます。

セルフチェックができないときは、カーショップやガソリンスタンドでもチェックを依頼することができます。

また、わざわざボンネットをあけてバッテリーの状態を確認しなくても、車の動作状態や目視でもバッテリーの寿命を判断することができます。

・エンジンのかかりが悪い
・室内灯の明かりが弱い
・ワイパーやパワーウィンドウの動作が重い
・バッテリー液の減りが早い
・バッテリー液が漏れている
・バッテリー本体が膨らんでいる
・バッテリーに白い粉がふいている

このように動作の違和感やバッテリーの様子に異変を感じたら、バッテリーの劣化や充電不足が原因と考えることができます。早期に交換を検討しましょう。

バッテリーを長持ちさせるには過放電を控えることはもちろん、必要に応じて充電やバッテリー液の補充を行い、こまめに点検することが大切です。

不用品回収 処分 Zehitomo

車のバッテリーはサイズの割に重量があり、処分の仕方もわからない方が多いため、倉庫やガレージに放置してしまう方が多いようです。

しかし発火の恐れもあるため、不要になったバッテリーは早めの処分をおすすめいたします。

パソコンやスマホや電子機器の、バッテリー寿命と判断方法

パソコンのバッテリーの寿命は2~3年で性能が5割程度低減し、5年を目安に交換時期になります。バッテリーの交換を判断する方法は、販売店でチェックしてもらう方法の他に、自分で診断ソフトを使ったり動作状態を確認してセルフチェックもできます。

・パソコンに内蔵されている診断ツールを使う
・診断できるフリーソフトをダウンロードして使う
・パソコン専門店や家電量販店でチェックしてもらう

また、電池の減りが早い、いきなり電源がOFFになるといった症状があればバッテリーの交換時期である可能性が高いでしょう。

スマホのバッテリーの寿命は1~2年と言われています。電池がすぐになくなってしまう、充電されるのが遅いといった症状があれば交換時期かもしれません。バッテリーの取り外しができる機種であればバッテリーのみを交換することが可能ですが、バッテリー内蔵型のスマホであれば本体ごと買い替える必要があります。

パソコンやスマホは、バッテリーの故障と共にデータを喪失することも考えられます。バッテリーの不具合を感じたら、早期に交換することをおすすめします。

【専門家より】最後に

不用品回収 処分 Zehitomo

バンパーやマフラー、タイヤなどの車の部品、引越し前後や整理片付けのタイミングに合わせて、バッテリー処分の依頼をいただきます。
車のバッテリーは回収後に海外で再利用されるような手配をしますので、いらないバッテリーがあればリサイクルのためにも、ためらわずに処分をしましょう。

Zehitomoで不用品回収の依頼を出すと、地域の業者から複数の見積もりを受け取り比較することができます。

東京都の不用品回収業者

神奈川の不用品回収業者

埼玉の不用品回収業者

栃木の不用品回収業者

群馬の不用品回収業者

大阪の不用品回収業者

福岡の不用品回収業者

近所のプロを呼ぼう