05/24/2017

換気扇の掃除は重曹で!掃除の5ステップで頑固な油汚れも落とす

大掃除のときに必ず苦戦する場所として換気扇があげられることは多いです。

台所の換気扇であればベトベトの油汚れに埃などがくっついており、掃除も一筋縄では行きません。そんな換気扇の掃除を簡単に綺麗にするにはどうしたらいいでしょう?

1.換気扇の役割

現在の建築法では、賃貸アパートでは部屋の空気が1時間ほどで循環できるように、換気扇を様々なところに設置するよう定められています。台所のガスコンロの上は料理で出た蒸気や煙を排出するため、洗面所やお風呂場は湿気を逃がすためなどの理由でついており、24時間換気をして空気を循環させ湿気をたまりにくくしてくれます。

湿気をたまらせないことでカビなどの予防にもつながります。

2.換気扇を掃除するメリット3つ

換気の効率を上げる

台所の換気扇に多く見られるのが、ファンの上からフィルターをかぶせてある形状です。フィルターをかける事で汚れがファン部分につきにくい反面、網が汚れで詰まるとほとんど換気できません。
汚れで換気効率が下がれば、換気扇の意味をなさなくなります。こまめに掃除をすると換気の効率を上げる事ができます。

雑菌を除去

ホコリや油汚れの中には雑菌が多く繁殖します。お風呂場などの水回りでは雑菌やカビが繁殖しやすくなってしまうので、掃除をする事で雑菌を除去し、衛生的になります。

頑固な汚れを防ぐ

特にキッチンの換気扇はホコリと油の汚れがこびりつくので、年に1度の掃除ではなかなか落ちない汚れに成長します。頑固な汚れは掃除をするのも嫌ですし、時間もかかって非効率ですよね。

3.業者に頼むと料金はいくらぐらいかかるの?

様々な業者が掃除のサービスを提供しています。
ダスキンではレンジフードで約12,000円ほど、お掃除マイスターは換気扇1つにつき8,000円から、お掃除本舗では13,500円〜となっています。

4.掃除する前に知っておきたい、換気扇のパーツの名称

プロペラ

換気扇の種類によってある部品とない部品はありますが、プロペラファンは必ずプロペラが付いています。
プロペラによって強制的に換気するシステムで、プロペラ部分にもホコリや油などがたまってしまいます。

シロッコファン

シロッコファンは深型レンジフードに使われており、フィルター部分を外すと大きなドラムに縦の切り込みが入ったような形をしています。最近の賃貸物件の換気扇にはこのタイプのレンジフードが多いようです。

フィルター

換気扇の1番外側、吸引部の前にある網状のものです。このフィルターの目が細かいほどに細かなチリやホコリをキャッチしてくれますが、部屋が埃っぽいとすぐにフィルターが目詰まりし、掃除を要する状態になってしまいます。

5.換気扇の掃除に使うもの、必要な掃除グッズや道具

洗剤の種類と選び方

油汚れが多い換気扇の汚れはとても頑固なので、油汚れに強い洗剤を選び素早く簡単に済ませましょう。日頃から掃除してない家では油以外のホコリの汚れも多くたまっているので、合成洗剤がよく落ちます。また、洗剤を選ぶ際にアルカリ性の表示があればよく落ちます。

重曹

重曹は水に溶かすと弱アルカリ性になります。酸性の汚れを中和してくれて、汚れが落としやすくなります。また重曹ペーストにすれば研磨効果もあります。

新聞紙

換気扇を外す時、外した部品などを置いておく時に使います。ホコリや油汚れが床などに付着しないよう必ず用意しましょう。

手袋

油でベトベトの換気扇を掃除する時にはゴム手袋や使い捨ての手袋があると便利です。洗剤によっては効果が強力なために手荒れにつながるものもあるので、着用しましょう。

スポンジやブラシ

油汚れをこする時に使います。汚れが頑固なときはよくこすらないと落ちないため、こする道具は必需品です。

6.換気扇掃除の頻度はどのくらい?

洗面所やお風呂場やトイレなどの水回り

洗面所やトイレなどの水回りは月に一度の掃除を目安にしましょう。その際、換気扇についたホコリなども降って洗面所や浴室内に舞うことがあります。

換気扇の掃除後に壁などの掃除を行うと、換気扇から飛び散ったホコリや、壁などについていた汚れやカビも掃除でき、トイレの飛び散り汚れが無くなります。

コンロや台所の火の回り

忙しい毎日でかならず換気扇の掃除を行うのは難しいですよね。週に一度もできないときはせめて月に一度行いましょう。月に一度の掃除でも、油汚れを落としやすく綺麗な状態を保ちます。

7.プロペラ式換気扇の掃除の手順5つ

1.部品をはずしていく

プロペラ式の換気扇カバーは引っ張ると簡単に取れるようになっているものが多いです。プロペラ部分はネジ式になっていて、ほとんどのものが左に回して外せます。ネジを外して手前に引っ張れば簡単に取れます。
しかし、キッチンのプロペラ換気扇は軸とプロペラの隙間に脂が入り込みくっついて離れないこともあります。その際はドライヤーなどで固まった油を温めてから外したり、台所用強力洗剤をスプレーして外せます。プロペラを外したら本体のネジを外して、本体も外します。

2.枠本体の掃除

枠本体は、電子機器なので濡らさないように注意します。枠本体の油汚れ部分にキッチンペーパーをかぶせてセスキ炭酸ソーダ水をかけます。そのまま30分放置しますが、放置している間にキッチンペーパーが乾いてしまわないようにたまにセスキ炭酸ソーダ水をスプレーしてください。

汚れが浮いたらヘラやブラシでこすって汚れを落とします。その後拭き取って完成です。

3.プロペラやカバーの掃除

プロペラなどのパーツの汚れをお湯と重曹で落とすために、パーツとお湯を入れることのできる簡易的な容器を作ります。

プロペラなどの電子機器が付いてない部分が全て入る大きさの段ボールにビニール袋を入れます。段ボールのハジを切ってビニール袋を挟み、少し出しておきます。心配であればビニール袋と段ボールをテープなどで固定しましょう。

4.重曹湯に入れる

ビニール袋をセットした段ボールに50度くらいのお湯を入れ、お湯200mlに対し大さじ1杯の重曹を入れます。お湯の量がわからないときは、重曹は多めに入れておきましょう。そのお湯にプロペラなどの部品を入れて30分ほどつけおきます。

5.拭き取る

30分つけ置いた後取り出した部品をブラシなどでこすり洗いして水で流します。雑巾などで拭き取れば油汚れが落ちているはずです!

重曹で落ちないときはセスキ炭酸ソーダ湯に入れてみるといいですよ。全ての部品を組み立て直して、お掃除完了です。

8.台所換気扇の掃除の手順5つ

1.レンジフードの取り外し

レンジフードには様々なタイプがあり、取り外し方は様々です。取り扱い説明書に従って取り外していきましょう。

2.フィルターをお掃除

まずはフィルターに油汚れ用の泡スプレー洗剤を吹きかけます。5分程で脂が浮き上がりブラシでこすりながら流すとほとんどの汚れが落ちます。
これでも落ちない汚れにはキッチンペーパーなどを置いてその上から洗剤を吹きかけて5分程放置すると油が茶色く浮き出てくるので、浮いてきたら洗い流します。

3.シロッコファンを掃除、泡スプレー

取り外したシロッコファンに泡スプレーを吹きかけて、5分程放置後ブラシなどでこすり洗いをします。

4.シロッコファンの掃除、重曹

シロッコファンを重曹とお湯でつけ置きするための容器を作ります。

シロッコファンが入る大きさの段ボールにビニール袋をセットして段ボールのハジを切り取りビニール袋を少し引き出します。熱湯を入れ重曹を入れてシロッコファンを30分ほどつけます。30分後にこすり洗いをすると綺麗になります。

5.周辺の拭き取り

取り外せる部分以外は拭き掃除をします。泡スプレーや重曹水を吹きかけて雑巾で拭き取ります。これでレンジフードのお掃除はおしまいです。

最後に

換気扇の掃除は高いところにあり目につかないので忘れがちになりますし、高所の換気扇の取り外しはおっくうですよね。そのため年に一度の掃除になることは多いかもしれませんが、月に一度掃除しておくことでかなり掃除が楽になりますし、換気効率も上がります。
月に一度の掃除の時間を取れない人でも、3ヶ月に一度などなるべく短いサイクルで行うと、掃除1階に使う時間と手間が短く、簡単になりますよ!

近所のプロを呼ぼう