富山県ブロック工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

富山県のブロック工事業者

当社は富山県東部周辺で屋根、雨樋(雨どい)、外壁のリフォームや、葺き替え修理などを行っています。 臨機応変なフットワークの軽い施工をおこなっております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

”品質管理に基づきよい畳作り”と信頼をモットーとし先代より継承し、今日までひたすら畳作りに専念してまいりました。 昭和59年以降、生産方式を近代技術を駆使した、コンピューター管理システムによる自動逢着装置を導入し、畳メーカーとしてスタートしました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は、公共工事からカーポート・フェンスやインターロッキングなどの外構工事など、幅広く対応しております。 確かな技能と技術、地域密着ならではの迅速な対応で、お客様のライフスタイルに合わせたご提案と施工を心がけております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

富山県南砺市を中心にオール電化・リフォーム・注文住宅を取り扱っています中居工務店です。 IHクッキングヒーター・エコキュート・蓄熱暖房機などオール電化リフォームはいかがですか?当社は特にオール電化に力を入れており、商品もどこよりもお値打ちでご提供出来ます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は無垢材を始めとする自然素材を使用した木造の注文住宅をメインに、各種リフォーム工事にご対応させていただいております。 自社工場で木材の加工から施工まで全て行っておりますので『安心』『丁寧』『迅速』な工事をお約束いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

主な施工例は、坪庭・枯山水・和風庭園・モダン和風・洋風庭園・ガーデンリフォームなど、お客様のお庭のデザイン・施工・メンテナンスです。 また、観葉植物の販売・リース・レンタルやエクステリア・フェンス・カーポート等も対応いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

富山県高岡地区を中心に、塀・タイル・レンガ、数寄屋門・門扉・フェンス・竹垣・生垣、 テラス・サンルーム・カーポート・ガレージ・物置、ウッドデッキ、土間工事、造園工事等、エクステリア全般を承っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は、長年地元に密着し、家具の設計・製造・販売、また、内装リフォームも手掛けて参りました。もっと多くの皆様に当社のことを知ってもらいたくこの度ホームページを開設させていただきました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

エクステリア設計・施工、コンクリートブロック製造・販売・施工を行います。 「確かな施工・美しい仕上がり」を心がけ、お客様に喜んでもらえる仕事をすることが、私たちのモットーです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

はじめまして。(有)カナサンの金山です。 当社のHPご覧いただきありがとうございます。 新しいお住まいは誰もが、ワクワクするものです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

伝統に裏打ちされた日本の美をこれまで追求してまいりました。滑川市を中心に地域に密着して、皆様のお住まいを外側から演出させていただいておりますが、現在、石川・京都で修行しております息子達と共に、今後新しい風も大いに取り入れていきたいと考えおります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は安全で快適な居住空間をサポートしています。 電気を安全に使っていただくため、電気器具や配線などあらゆるメンテナンスやオール電化などインテリア性にもシステムにもこだわった自分流アレンジのオール電化住宅をご提案しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ブロック工事業者をお願いしました

富山県におけるブロック工事業者の依頼例

よくある質問

ブロック工事の料金はどのくらいかかる?

ブロックは、ひび割れの補修や塗装だけであれば低費用のリフォームが可能です。例として、幅は6メートル、高さは1.3メートル、施工内容は古いブロック塀撤去から新ブロック塀取り付けで工事料金は約40万円です。別の例では、幅は2メートル、高さは80cm、施工内容は古いブロック塀撤去から新ブロック塀取り付けで工事料金は約15万円です。また他の例では、幅は6メートル、高さは1.2メートル、施工内容はクラック補修とモルタル塗りで工事料金は約18万円です。

ブロック工事の料金は、ブロックを積むための料金、ブロックを撤去するための料金、新しいブロックの料金などの合計から構成されます。

ブロック工事の依頼における注意点は?

ブロック工事、ブロック塀の工事は、工事当初は大掛かりです。2018年にはブロック塀が倒壊して幼い命が奪われる痛ましい事故も発生しました。工事には、重機が必要なこともあります。しかし一度できると30年ほどは使い続けることができます。日本建築学会の調査ではブロック塀の耐久年数は約30年程度と言われています。 対して生垣などは、見た目は四季折々の美しさを楽しむことができますが、落ち葉や花が枯れる時に落ちてしまうなど、日々のお手入れはブロック塀よりも大変です。ブロック塀や生垣の他には、フェンスなどの選択肢もあります。どれが自宅に最も合うか、家族で話し合って決めたいですね。

ブロック工事を依頼する流れは?

数社から見積もりを取り、見積書を比較して最終的に1社に絞って、ブロック工事を依頼しましょう。契約書を取り交わして、支払い条件に沿って支払いを行い、工事が行われたら完了です。

ブロック工事の中でも「今あるブロック塀を壊す」作業が発生する場合、業者が工事に着手する前後でご近所に挨拶をしておきましょう。重機などを使用して大きな音が発生してしまうためです。

ブロック工事業者の選び方は?

作業と小項目がきちんと記載している見積書を作成してくれる工事業者は信頼できます。工事によっては一概に内訳を書ききれない工事もありますが、ブロック工事においてはあまり細かな項目や特殊な作業も発生しづらいため、Aの作業にいくらかかる、Bの作業にいくらかかる、Cの作業にいくらかかると内訳を記載することができます。

「見積書を作成した業者が作業をする」場合と、「見積書を作成した業者は営業と見積書作成の担当のみ、実際のブロック工事作業は別の作業会社が作業をする」場合では、中間の手数料が発生して、金額が割高になることも。専門用語で「中間マージン」などと呼ばれます。見積書は複数の業者から複数枚手に入れて、比較することが大切です。

また、施工内容が正しいのか、「昨今話題の『ブロック塀の倒壊』のような事態を起こしたくないが、施工は問題がないか」などを業者に質問するといいでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

自治体がブロック塀の撤去費用を助成してくれることもあります。お住いの市区町村で確認してみましょう。耐久性が低くなってしまったブロック塀は東海の可能性も高く、危険です。ブロック塀の修繕や工事を検討している方は、撤去して、フェンスなどに変更することも検討してもいいでしょう。