三重県ブロック工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

三重県のブロック工事業者

株式会社 桑原板金工業では、三重県伊賀市を中心に屋根工事、外壁工事、樋工事、銅板工事、太陽光発電システムの設置工事など、建築板金全般を承っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

家の塗り替えをしようとお考えのお客様。 当社では昭和30年より塗装の仕事をしてまいりました塗装専門業者です。 最近では塗装は様々な種類の塗料がでています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

昔から、主婦(主夫)たるもの、我慢に我慢を重ね不自由を少しでも使いやすくすべく、知恵を出し改造してきました。それこそが、リフォームの始まりなのですが、プロの仕事は、それなりに集約された価値の有るものです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

アイ・エム電化は地域密着の電気工事店を営んでおります。 現在ではご家庭内で電化製品は様々な所で活躍しており、それだけに、 「突然家電が使えなくなった、故障してしまった」 というアクシデントに見舞われたことも少なからずあるのではないでしょうか。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社のこだわり  ・ご予算に応じたプランをご提案します。  ・責任を持って確実に施工します。  ・小さい工事、修理も即対応致します。  ・お客様がより快適に暮らせる住いづくり。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

和風の住宅を中心に仕事をしています。 日本の風土に合った和風住宅を得意としており、地元鈴鹿密着で数多くのお客様に快適な住まいをご提供してまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

自然素材の健康住宅『木香の家』で快適な生活を提供します。 お客様が今後暮らしていく住まいをじっくり考え、設計します。お客様の要望を取り入れ、私もプロとして提案させていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

蛇口の交換から水まわりリフォーム、戸建住宅の給排水衛生設備工事、公共下水道切り替え工事まで行っております。 トイレが詰まったら、トイレが漏れたら、水道管が漏れたら、排水が詰まったら、悪臭調査、水栓金具の取替え、ここに水栓がほしいなど上下水道指定工事店である当社へお気軽にご相談下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社では、ひのきや無垢などの自然素材を得意としています。自然素材の木のぬくもりを生活の中に取り入れてみませんか?温かみのある心地の良い空間をつくるお手伝いを致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

屋根・外壁のリフォームしませんか? <エバールーフかわら> 格調高い味わいを演出します。 <特長> 1.和風・洋風に調和する美しい屋根。 和瓦の意匠性と、横葺屋根の自在なデザイン性を取り込んだ新時代の美しい金属屋根です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

壁塗りをはじめ、古壁の塗り替え、タイル施工、リフォーム、外構工事なども対応いたします。 福田左官の「塗り壁」は天然素材を基本にしていますので、人にも環境にも優しいです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

庭園・外構工事一式・庭園・緑地管理一式・その他の外回りの工事・作業・エクステリア商品の施工、販売など承ります。 また、会社・工場・施設・空き地等の管理や公共工事事業も行います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ブロック工事業者をお願いしました

三重県におけるブロック工事業者の依頼例

よくある質問

ブロック工事の料金はどのくらいかかる?

ブロックは、ひび割れの補修や塗装だけであれば低費用のリフォームが可能です。例として、幅は6メートル、高さは1.3メートル、施工内容は古いブロック塀撤去から新ブロック塀取り付けで工事料金は約40万円です。別の例では、幅は2メートル、高さは80cm、施工内容は古いブロック塀撤去から新ブロック塀取り付けで工事料金は約15万円です。また他の例では、幅は6メートル、高さは1.2メートル、施工内容はクラック補修とモルタル塗りで工事料金は約18万円です。

ブロック工事の料金は、ブロックを積むための料金、ブロックを撤去するための料金、新しいブロックの料金などの合計から構成されます。

ブロック工事の依頼における注意点は?

ブロック工事、ブロック塀の工事は、工事当初は大掛かりです。2018年にはブロック塀が倒壊して幼い命が奪われる痛ましい事故も発生しました。工事には、重機が必要なこともあります。しかし一度できると30年ほどは使い続けることができます。日本建築学会の調査ではブロック塀の耐久年数は約30年程度と言われています。 対して生垣などは、見た目は四季折々の美しさを楽しむことができますが、落ち葉や花が枯れる時に落ちてしまうなど、日々のお手入れはブロック塀よりも大変です。ブロック塀や生垣の他には、フェンスなどの選択肢もあります。どれが自宅に最も合うか、家族で話し合って決めたいですね。

ブロック工事を依頼する流れは?

数社から見積もりを取り、見積書を比較して最終的に1社に絞って、ブロック工事を依頼しましょう。契約書を取り交わして、支払い条件に沿って支払いを行い、工事が行われたら完了です。

ブロック工事の中でも「今あるブロック塀を壊す」作業が発生する場合、業者が工事に着手する前後でご近所に挨拶をしておきましょう。重機などを使用して大きな音が発生してしまうためです。

ブロック工事業者の選び方は?

作業と小項目がきちんと記載している見積書を作成してくれる工事業者は信頼できます。工事によっては一概に内訳を書ききれない工事もありますが、ブロック工事においてはあまり細かな項目や特殊な作業も発生しづらいため、Aの作業にいくらかかる、Bの作業にいくらかかる、Cの作業にいくらかかると内訳を記載することができます。

「見積書を作成した業者が作業をする」場合と、「見積書を作成した業者は営業と見積書作成の担当のみ、実際のブロック工事作業は別の作業会社が作業をする」場合では、中間の手数料が発生して、金額が割高になることも。専門用語で「中間マージン」などと呼ばれます。見積書は複数の業者から複数枚手に入れて、比較することが大切です。

また、施工内容が正しいのか、「昨今話題の『ブロック塀の倒壊』のような事態を起こしたくないが、施工は問題がないか」などを業者に質問するといいでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

自治体がブロック塀の撤去費用を助成してくれることもあります。お住いの市区町村で確認してみましょう。耐久性が低くなってしまったブロック塀は東海の可能性も高く、危険です。ブロック塀の修繕や工事を検討している方は、撤去して、フェンスなどに変更することも検討してもいいでしょう。