東京都荒川区ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都荒川区のブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者

こんにちは。 はじめまして。 東京都荒川区にありますリフォーム会社の株式会社弘明ハウジング(ヒロアキハウジング)と申します。 リフォーム工事全般承っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

塗装工事、屋根工事、防水工事、外構工事、板金工事、エクステリア工事まで承ります。 総合建築工事の経験、知識を持つ塗装作業員又は現場監督が現場を担当し、お客様からの相談や建物の診断を行います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

内装・外装塗装、屋根塗装を専門に施工からアフターケアまで一括して行なっております。 建物の腐食、浸水、劣化を防ぐ塗装はもちろん、遮熱塗料、光触媒塗料、消臭塗料を用い快適な住まいを提供いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

東京都荒川区に位置する楠土建は、足場・基礎・解体工事を一貫して請け負う会社です。 内容は木造・鉄骨住宅基礎工事・RC造住宅・地下室・地下車庫・コンクリート工事などを行います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

RGBメディアポケットは、夫婦で経営している東京都の撮影スタジオです。七五三・成人式・卒業や入学等の記念写真から証明写真、宣材写真、広告用の商品写真まで様々な撮影を請け負っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

青木工業株式会社は、給排水衛生設備工事などを行っている会社です。消化器設備工事、冷暖房設備工事、保温保冷工事、ダクト工事、公共施設エアコン工事などを行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

フジオックス株式会社は、各種ガスと関連設備等の販売を行う企業です。ガス関連の総合商社として、各種高圧ガスとその関連機器、溶接溶断機材、産業機器の販売を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

フジオックス株式会社は、各種ガスと関連設備等の販売を行う企業です。ガス関連の総合商社として、各種高圧ガスとその関連機器、溶接溶断機材、産業機器の販売を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社日本環境ビルテック荒川営業所は、株式会社日本環境ビルテックが運営する、営業所で、ビルのセキュリティ、「電気、空調、給排水設備」の運転、監視、点検の他に、清掃等と幅広く、ビルの管理をしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

矢野口自工株式会社は、主に特装自動車(吸引車、洗浄車、パッカー車、給・散水車、その他)の販売・レンタルを行っている企業です。長年の経験と高い技術力とで国内最大クラスの取り扱い台数を誇ります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社構建は足立区の建設工事業を手掛ける企業です。東京都足立区舎人に所在しており、見沼代親水公園駅西口から徒歩約7分、舎人駅西口から徒歩約13分、舎人公園駅西口から徒歩約26分でのアクセスが可能です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ジャパンベストレスキューシステム株式会社(JBR)は、生活トラブルの解決サービス「生活救急車」を全国展開する企業です。水回り、内装、外装、エクステリア等の様々なリフォームの依頼先に悩んだ時、受付担当エリアごと(荒川区・西日暮里駅前・三河島駅)に、専門の地元スタッフが迅速に駆けつけ解決します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者をお願いしました

荒川区におけるブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者の依頼例

よくある質問

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの料金はどのくらいかかる?

交換・取り付けのみの作業のみであれば、便利屋や何でも屋に依頼して数千円〜1万円前後で依頼することもできます。交換する新しいブラインドやロールスクリーンの購入にかかる料金は、窓の大きさと枚数に応じて1万円前後〜数万円かかります。家中の窓の場合は10万円を超えることも珍しくありません。記事や形状にこだわり、枚数が多ければ、料金が50万円を超えることもあります。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの依頼における注意点は?

交換・取り付け作業自体はさほど難しいことはありません。木ネジやドリルなどを使用してできる作業で、資格も不要です。しかしブラインドやロールスクリーンは大きさに応じて重さがあり、窓や収納庫入り口などの上部に取り付ける作業、つまり上を向き続ける作業を行うため手馴れていないと大変な作業です。例えば掃き出し窓用のロールスクリーンは幅もあり、二重スクリーンの場合は器具もスクリーンも重さがあります。ブラインドも、ブラインドの大きさと羽根の素材に応じて重量がかなり変動します。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けを依頼する流れは?

作業内容を指定して見積もりを取り、業者を決めます。作業内容と金額、スケジュールに合意したら作業をしてもらい、支払いが完了したら終了です。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付け業者の選び方は?

取り付け・交換作業のみだけを依頼したいのか、新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから依頼したいのかに応じて業者を選びましょう。

作業のみだけ依頼したい場合、「行う作業の指示」は1から10まで依頼者が指定することになります。「こんな感じでなんとなくやっちゃってください」と指示した場合、その指示内容で作業が進められるということです。例えば明らかに耐荷重オーバーのカーテンボックスにブラインドを取り付けを指示されれば、指示される通りに業者は取り付けてくれます。しかしもし耐荷重オーバーでカーテンボックスが落下しても、業者は「依頼者に指定された指示通りに取り付けた」ということになります。

新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから業者に依頼すると、ほぼ必ず業者の現地見積もりが入ります。この窓の場合はここにブラインド・ロールスクリーンを取り付けることができる、この形状のブラインド・ロールスクリーンは取り付けができるけれどこの形状は取り付けできない、取り付けたい壁の素材がこうだからこうしたほうがいい、など職人の知識で現地の確認をしてくれます。取り付けを見据えて新品のブラインド・ロールスクリーンを購入するところから関わってもらうと安心できます。「買ったものの、取り付けようとしたら取り付けができない」「特殊なパーツを使わないと取り付けができない」という事態にもなりません。

その他気を付けるべきポイントは?

交換作業後のブラインドの処分方法は、業者と確認しておきましょう。取り付け作業のみを依頼すれば業者は取り付けのみ行い、処分費用は別途かかります。処分を受けてくれない業者もいるため、交換作業のみを依頼する場合はあらかじめ処分をどうするのか双方で確認しておきましょう。