大阪府大阪市 西淀川区ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

大阪府大阪市 西淀川区のブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者

15年以上の経験者です。明るくて接客大好きですこんにちはまるかんのリフォーム部の藤井です。弊社はエンドユーザー様から賃貸マンションのオーナー様や企業様など様々な物件のリフォーム工事を手掛けております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

リフォームワーク

ニューユーザー

「やってよかったよ!このリフォーム!!」 こう言ってもらえるように、お客様の希望と不安をとことん聞きます。 せっかくお金をかけて家をリフォームしても、あとからああしとけばよかったというようなことはよくあります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

兵庫県と京都府でリフォームとリノベーション業務を請け負っています。 素早い対応・機能性・デザイン性・安全安心の構造・現場マナーが私たちのモットーです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

個人の住宅や集合住宅・企業施設など幅広く設計を行っております。 自然素材を巧みに使用して四季折々の自然を感じることができる住まいづくりを心がけています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

床面、窓ガラスなどの定期清掃や巡回清掃を行っております。また、新築引渡し前後の清掃(ドア、ガラス、サッシ、壁面、外装洗浄など)も承ります。 その他、施設管理、リフォーム工事、レンタル業務、代行業務などを対応させていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

小さな増改築から豪邸、病院・店舗・マンションなどの設計いたします。 建築・内装(インテリア)・増改築の基本・実施設計及び工事監理、各種建設事業の企画・立案・収支計画など承ります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

≪UVフロアコーティング≫ ワックスがけが必要ない十分な光沢を持つコーティングであれば、お部屋全体はもちろん、インテリアひとつひとつにも瑞々しい輝きを与え、高感度をグンとアップさせます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

帝人ネステックスが開発した、米国製高機能クリーナー「カービー」は一般的な掃除機とは違います。 カービーはカーペットや布団の隙間に潜り込んだホコリやダニを吸引することが出来ます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

創業より45年間、多くのお客様の住まいを確かな技術で形にしてまいりました。一番重要なのは、工事を行う前も、施工後も「安心感」を持っていただける事。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ガラスの取り換え・棚板、引戸の製作・アルミ窓やスチール窓のリフォーム等、対応できます。 テラス・カーポート、フェンスといったエクステリアやポストやドアチェーンなどの金物工事もできます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

公共施設・住宅の設備工事や、ビル・マンション等の建物内の給排水衛生空調工事などの設計・施工を行っております。 各種リフォームや店舗改修工事も承ります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

代行業務承ります。 電話の秘書代行、1日だけの電話代行、支店・営業所として住所使用、郵便物受取業務、インターネットによる事務連絡の取次サービス、ワープロ文章作成・ペン・毛筆による代書サービス、、通信販売取次代行 その他の代行業についてはご相談下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者をお願いしました

大阪市 西淀川区におけるブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者の依頼例

よくある質問

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの料金はどのくらいかかる?

交換・取り付けのみの作業のみであれば、便利屋や何でも屋に依頼して数千円〜1万円前後で依頼することもできます。交換する新しいブラインドやロールスクリーンの購入にかかる料金は、窓の大きさと枚数に応じて1万円前後〜数万円かかります。家中の窓の場合は10万円を超えることも珍しくありません。記事や形状にこだわり、枚数が多ければ、料金が50万円を超えることもあります。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの依頼における注意点は?

交換・取り付け作業自体はさほど難しいことはありません。木ネジやドリルなどを使用してできる作業で、資格も不要です。しかしブラインドやロールスクリーンは大きさに応じて重さがあり、窓や収納庫入り口などの上部に取り付ける作業、つまり上を向き続ける作業を行うため手馴れていないと大変な作業です。例えば掃き出し窓用のロールスクリーンは幅もあり、二重スクリーンの場合は器具もスクリーンも重さがあります。ブラインドも、ブラインドの大きさと羽根の素材に応じて重量がかなり変動します。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けを依頼する流れは?

作業内容を指定して見積もりを取り、業者を決めます。作業内容と金額、スケジュールに合意したら作業をしてもらい、支払いが完了したら終了です。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付け業者の選び方は?

取り付け・交換作業のみだけを依頼したいのか、新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから依頼したいのかに応じて業者を選びましょう。

作業のみだけ依頼したい場合、「行う作業の指示」は1から10まで依頼者が指定することになります。「こんな感じでなんとなくやっちゃってください」と指示した場合、その指示内容で作業が進められるということです。例えば明らかに耐荷重オーバーのカーテンボックスにブラインドを取り付けを指示されれば、指示される通りに業者は取り付けてくれます。しかしもし耐荷重オーバーでカーテンボックスが落下しても、業者は「依頼者に指定された指示通りに取り付けた」ということになります。

新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから業者に依頼すると、ほぼ必ず業者の現地見積もりが入ります。この窓の場合はここにブラインド・ロールスクリーンを取り付けることができる、この形状のブラインド・ロールスクリーンは取り付けができるけれどこの形状は取り付けできない、取り付けたい壁の素材がこうだからこうしたほうがいい、など職人の知識で現地の確認をしてくれます。取り付けを見据えて新品のブラインド・ロールスクリーンを購入するところから関わってもらうと安心できます。「買ったものの、取り付けようとしたら取り付けができない」「特殊なパーツを使わないと取り付けができない」という事態にもなりません。

その他気を付けるべきポイントは?

交換作業後のブラインドの処分方法は、業者と確認しておきましょう。取り付け作業のみを依頼すれば業者は取り付けのみ行い、処分費用は別途かかります。処分を受けてくれない業者もいるため、交換作業のみを依頼する場合はあらかじめ処分をどうするのか双方で確認しておきましょう。