undefinedundefinedブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

三重県鈴鹿市のブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者

当社の家の設計は、将来の再生や家族構成の変化によるリフォームを前提として設計・デザインしております。 ダブル断熱にさらに耐久性と断熱工法を施し、トリプル断熱となっております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

清掃業、ハウスクリーニングを承っております。 事業用サービスは床面・カーペット・大理石ツヤ出し・ファニチャー・浴室・トイレ・洗面所など、日常サービスを毎日から月単位まで取り扱いしておりす。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

伊藤植正園は造園やガーデニングでお客様にやすらぎの空間を提供いたします。 植木の剪定や刈り込みなどの樹木のメンテナンスはもちろん、 除虫、除虫剤の散布 や芝生の管理、除草 など対応します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

四日市と鈴鹿で外壁塗装業者をお探しでしたら、マルヤマにお任せください! わかりやすい価格をご提示し、充実したアフターフォローをご提供し、安心できる施工をいたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

お墓のことなら創業100年の当店におまかせ下さい。 1基10万円台から、超高級品まで、常時150基以上を展示しております。 豊富な知識と技術でお客様の予算やご要望に合わせた商品をご案内致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

住宅の塗装を行っています。 住宅の外壁にある塗装のはがれや汚染、鉄部のさびは放っておくと内部の痛みへ進行するので定期的な点検をお勧めしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

本気でお客様の立場に立って高品質をご提供致します。インテリア早川は1993年に創業をして以来、地元亀山市に根差し内装工事業に従事してまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

■住宅事業 ~美しく快適な空間をご提案~ 自然と暮らしが調和する住コミュニティを創造。 木が本来持っている美しさ、柔らかさ、居住性の高さを最大限に生かした日本の伝統的な木造建築。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

不動産の売買・仲介や賃貸物件に関するご相談から売買仲介・賃貸仲介・土地活用・土地調査の相談・コ ンサルティングを承っております。 また、代行業、建設コンサルタント業、その他不動産取引に付随する各種業務を承っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

システムキッチン・システムバス・洗面化粧台、レストルーム・トイレルーム、衛生器具・衛生陶器、ガス器具・ボイラー・給湯器・温水器、浴槽・流し台・水栓金具、住宅設備機器・管工機材・総合卸、業務用厨房機器、給排水衛生設備工事、リフォーム、バイオ生ごみ発酵消滅機などを扱っている住宅設備の総合商社です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

三重県四日市にて長年住宅販売を行ってきた建築の専門家によるリフォーム業務を行っております。 水回り・部屋・内装・玄関・廊下・外装・建替えなどの、小さな補修から大規模なリフォームまで様々な工事に対応いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

新築・リフォーム・バリアフリー対策はお任せください。 総合建設業として各種工事に対応が可能です。 キッチン周りリフォーム、浴室・トイレのバリアフリー工事、外壁・外構工事、耐震補強工事、屋根工事は当社一社で片付きます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者をお願いしました

鈴鹿市におけるブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者の依頼例

よくある質問

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの料金はどのくらいかかる?

交換・取り付けのみの作業のみであれば、便利屋や何でも屋に依頼して数千円〜1万円前後で依頼することもできます。交換する新しいブラインドやロールスクリーンの購入にかかる料金は、窓の大きさと枚数に応じて1万円前後〜数万円かかります。家中の窓の場合は10万円を超えることも珍しくありません。記事や形状にこだわり、枚数が多ければ、料金が50万円を超えることもあります。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの依頼における注意点は?

交換・取り付け作業自体はさほど難しいことはありません。木ネジやドリルなどを使用してできる作業で、資格も不要です。しかしブラインドやロールスクリーンは大きさに応じて重さがあり、窓や収納庫入り口などの上部に取り付ける作業、つまり上を向き続ける作業を行うため手馴れていないと大変な作業です。例えば掃き出し窓用のロールスクリーンは幅もあり、二重スクリーンの場合は器具もスクリーンも重さがあります。ブラインドも、ブラインドの大きさと羽根の素材に応じて重量がかなり変動します。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けを依頼する流れは?

作業内容を指定して見積もりを取り、業者を決めます。作業内容と金額、スケジュールに合意したら作業をしてもらい、支払いが完了したら終了です。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付け業者の選び方は?

取り付け・交換作業のみだけを依頼したいのか、新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから依頼したいのかに応じて業者を選びましょう。

作業のみだけ依頼したい場合、「行う作業の指示」は1から10まで依頼者が指定することになります。「こんな感じでなんとなくやっちゃってください」と指示した場合、その指示内容で作業が進められるということです。例えば明らかに耐荷重オーバーのカーテンボックスにブラインドを取り付けを指示されれば、指示される通りに業者は取り付けてくれます。しかしもし耐荷重オーバーでカーテンボックスが落下しても、業者は「依頼者に指定された指示通りに取り付けた」ということになります。

新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから業者に依頼すると、ほぼ必ず業者の現地見積もりが入ります。この窓の場合はここにブラインド・ロールスクリーンを取り付けることができる、この形状のブラインド・ロールスクリーンは取り付けができるけれどこの形状は取り付けできない、取り付けたい壁の素材がこうだからこうしたほうがいい、など職人の知識で現地の確認をしてくれます。取り付けを見据えて新品のブラインド・ロールスクリーンを購入するところから関わってもらうと安心できます。「買ったものの、取り付けようとしたら取り付けができない」「特殊なパーツを使わないと取り付けができない」という事態にもなりません。

その他気を付けるべきポイントは?

交換作業後のブラインドの処分方法は、業者と確認しておきましょう。取り付け作業のみを依頼すれば業者は取り付けのみ行い、処分費用は別途かかります。処分を受けてくれない業者もいるため、交換作業のみを依頼する場合はあらかじめ処分をどうするのか双方で確認しておきましょう。