undefinedundefinedブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

京都府京都市 北区のブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者

依頼して良かった!と言っていただける仕事を致します○企業理念 私達NEXT STAGEは「温故知新」を大切にしています。 社名にあるNEXTは新しきを知る「NEW」と古きを温める「TRAD」の頭文字を掛け合わせたものになっています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

樹木の剪定・伐採・芝刈り、和風または洋風庭園・坪庭・石庭からガーデニングの設計・施工などの造園工事、門扉・フェンス・ウッドデッキ・サンルーム・カーポート、外壁・アプローチなどの外構(エクステリア)工事、その他コンクリート・ブロックなどの石工事、一般土木工事一式まで承ります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

京都で超気密、高断熱住宅の設計・建築を承っている会社です。 新築リフォームなどの建築工事の設計施工だけでなく、行政書士、税理士、弁護士、その他の士業とのネットワークを活かしたあらゆるお手伝いをさせていただく窓口となっています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

グラフィック事業部による制作から施工まで各種印刷デザイン、企画、製作、施工。 スクリーン事業部によるデータよりのフィルム出力のため金属印刷、各種フィルム印刷用版はもとより、Tシャツ等のプリント用版などザイナーの意を最大限に表現できる版を作成。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

取扱商品は生花(フラワーデザイン)・フラワーアレンジメント・慶弔花・ブライダル各種・フラワーディスプレイや園芸・鉢花・観葉植物等を取り扱っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

内装工事全般を自社施工ならではの価格でお客様にご提供させていただきます。 施工からアフターフォローまで完全自社施工ですので余分なマージン料など発生しません。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

屋根工事、葺き替え補修、防水工事を行なっております。瓦は、淡路瓦、石川瓦、ストレート瓦、セメント瓦などを取り扱っております。 調査の後、お見積もり、工事、アフターメンテナンスと進めさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

◆にしむらの安心安全宣言(5か条) その1 どんな小さな仕事でも親切・丁寧にお受けします。 その2 お役立ちの情報・最前の方法をご提案いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

畳や住まいのお手入れは、ぜひ当社へご相談ください。 畳は全国の産地のものから中国産まで幅広くご用意しております。 価格は等級や材質によって異なりますので、お問い合わせください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

京都で住井庭園資材の会社を経営しております。 取扱商品は真黒石・御影石・貴船石・白川石・鞍馬石など豊富にご用意してあります。 さらに庭に関する相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

京都でカーテン・ブラインド・カーペットをお求めの際は、ぜひ「島田装飾」にご来店ください。創業から70年の歴史を持つ当店は、常時数百種類以上のカーテンやカーペットをショールームで展示しており、幅広い知識を有する専門のスタッフがお客様のご相談に対応させていただきますので、安心してご購入いただけます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

京都市で一般住宅の新築や増改築、リフォームから店舗の設計、施工まで有限会社シンケンにお任せください。 外壁の塗替え、屋根や屋上の雨漏れ補修、室内やキッチン、浴室のリフォームなど幅広く対応しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者をお願いしました

京都市 北区におけるブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者の依頼例

よくある質問

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの料金はどのくらいかかる?

交換・取り付けのみの作業のみであれば、便利屋や何でも屋に依頼して数千円〜1万円前後で依頼することもできます。交換する新しいブラインドやロールスクリーンの購入にかかる料金は、窓の大きさと枚数に応じて1万円前後〜数万円かかります。家中の窓の場合は10万円を超えることも珍しくありません。記事や形状にこだわり、枚数が多ければ、料金が50万円を超えることもあります。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの依頼における注意点は?

交換・取り付け作業自体はさほど難しいことはありません。木ネジやドリルなどを使用してできる作業で、資格も不要です。しかしブラインドやロールスクリーンは大きさに応じて重さがあり、窓や収納庫入り口などの上部に取り付ける作業、つまり上を向き続ける作業を行うため手馴れていないと大変な作業です。例えば掃き出し窓用のロールスクリーンは幅もあり、二重スクリーンの場合は器具もスクリーンも重さがあります。ブラインドも、ブラインドの大きさと羽根の素材に応じて重量がかなり変動します。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けを依頼する流れは?

作業内容を指定して見積もりを取り、業者を決めます。作業内容と金額、スケジュールに合意したら作業をしてもらい、支払いが完了したら終了です。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付け業者の選び方は?

取り付け・交換作業のみだけを依頼したいのか、新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから依頼したいのかに応じて業者を選びましょう。

作業のみだけ依頼したい場合、「行う作業の指示」は1から10まで依頼者が指定することになります。「こんな感じでなんとなくやっちゃってください」と指示した場合、その指示内容で作業が進められるということです。例えば明らかに耐荷重オーバーのカーテンボックスにブラインドを取り付けを指示されれば、指示される通りに業者は取り付けてくれます。しかしもし耐荷重オーバーでカーテンボックスが落下しても、業者は「依頼者に指定された指示通りに取り付けた」ということになります。

新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから業者に依頼すると、ほぼ必ず業者の現地見積もりが入ります。この窓の場合はここにブラインド・ロールスクリーンを取り付けることができる、この形状のブラインド・ロールスクリーンは取り付けができるけれどこの形状は取り付けできない、取り付けたい壁の素材がこうだからこうしたほうがいい、など職人の知識で現地の確認をしてくれます。取り付けを見据えて新品のブラインド・ロールスクリーンを購入するところから関わってもらうと安心できます。「買ったものの、取り付けようとしたら取り付けができない」「特殊なパーツを使わないと取り付けができない」という事態にもなりません。

その他気を付けるべきポイントは?

交換作業後のブラインドの処分方法は、業者と確認しておきましょう。取り付け作業のみを依頼すれば業者は取り付けのみ行い、処分費用は別途かかります。処分を受けてくれない業者もいるため、交換作業のみを依頼する場合はあらかじめ処分をどうするのか双方で確認しておきましょう。