神奈川県小田原市ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県小田原市のブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者

普段は工務店の工事が主ですが、近年、直接のお客様が少しずつ増えてきており、実績とともにお客様の信頼も得ております。 お客様のライフスタイル・ニーズに合わせたプランニング・施工をし、『鈴木総建でやってもらって良かった』と言って頂けるよう、精一杯の努力をさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私たちスドウ工営は、地元密着で今までやってきて、皆様のおかげで、9年間やってくることができました。 もちろん施工の質に関しても常に上を目指し、多くの資格を取得するなどしてまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

西湘ペイント株式会社は、建築塗装業、リフォーム業を営む会社です。主に外壁・屋根等の塗装工事、防水工事、リフォーム工事等を行っています。完全自社施工で、どこよりも安く・早く、質の高い技術で大切なマイホームが新築同然の明るいマイホームに生まれ変われる工事を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

チャーリーケアは、福祉用具の販売及びレンタルを行っている会社です。自立支援用品や介護用品の販売・レンタルの他に、住宅の改修工事も手掛けています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社イチテックは、事務用品販売を行っている会社です。主な営業品目は、太陽光発電システム・複写機・ファインセラミックステーショナリー等です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有限会社下里住設店は、住宅リフォーム業者です。主に水道衛生工事、住宅設備工事、リフォーム工事、新築工事などを手掛けています。施工から管理までを、自社施工・自社管理で行っており、機械や労務コストを抑えることを可能にしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

J・システム株式会社小田原営業所は設備工事の会社です。太陽光発電、オール電化の工事を行っています。生活スタイルやニーズに合わせた商品をアドバイスしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社西山建築設計事務所は一般の住宅、マンション、店舗、官庁施設の新築からリフォーム、古民家再生まで幅広くの設計を行っている会社です。主に専用住宅・店舗・事務所ビル・集合住宅・保育園、幼稚園、老人ホーム・医院・官庁施設等の新築及びリフォームの計画、設計、管理業務、開発企画業務を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社滝沢住建は、総合建設業を請け負う会社です。一戸建て住宅を中心に設計・デザイン・機能性を兼ね備えたデザイナーズハウスを手掛けています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ダスキンサービスマスター西湘は、株式会社ダスキンの系列店舗です。ダスキンは創業期からフランチャイズビジネスを確立するとともに、その後の事業展開でも、常にフランチャイズビジネスの可能性を追求してきました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社ホリホームは、住宅設備、建築業を中心に活動している企業です。小田原市を中心に大井町・開成町 ・松田町・南足柄市の不動産情報を取り扱っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

タカラスタンダード株式会社は、住宅設備機器を製造する住宅機器メーカーです。主な事業内容は、システムキッチン、システムバス、洗面化粧台、トイレ、エコキュート 、ホーロー壁装材等の製造・販売です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者をお願いしました

小田原市におけるブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者の依頼例

よくある質問

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの料金はどのくらいかかる?

交換・取り付けのみの作業のみであれば、便利屋や何でも屋に依頼して数千円〜1万円前後で依頼することもできます。交換する新しいブラインドやロールスクリーンの購入にかかる料金は、窓の大きさと枚数に応じて1万円前後〜数万円かかります。家中の窓の場合は10万円を超えることも珍しくありません。記事や形状にこだわり、枚数が多ければ、料金が50万円を超えることもあります。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの依頼における注意点は?

交換・取り付け作業自体はさほど難しいことはありません。木ネジやドリルなどを使用してできる作業で、資格も不要です。しかしブラインドやロールスクリーンは大きさに応じて重さがあり、窓や収納庫入り口などの上部に取り付ける作業、つまり上を向き続ける作業を行うため手馴れていないと大変な作業です。例えば掃き出し窓用のロールスクリーンは幅もあり、二重スクリーンの場合は器具もスクリーンも重さがあります。ブラインドも、ブラインドの大きさと羽根の素材に応じて重量がかなり変動します。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けを依頼する流れは?

作業内容を指定して見積もりを取り、業者を決めます。作業内容と金額、スケジュールに合意したら作業をしてもらい、支払いが完了したら終了です。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付け業者の選び方は?

取り付け・交換作業のみだけを依頼したいのか、新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから依頼したいのかに応じて業者を選びましょう。

作業のみだけ依頼したい場合、「行う作業の指示」は1から10まで依頼者が指定することになります。「こんな感じでなんとなくやっちゃってください」と指示した場合、その指示内容で作業が進められるということです。例えば明らかに耐荷重オーバーのカーテンボックスにブラインドを取り付けを指示されれば、指示される通りに業者は取り付けてくれます。しかしもし耐荷重オーバーでカーテンボックスが落下しても、業者は「依頼者に指定された指示通りに取り付けた」ということになります。

新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから業者に依頼すると、ほぼ必ず業者の現地見積もりが入ります。この窓の場合はここにブラインド・ロールスクリーンを取り付けることができる、この形状のブラインド・ロールスクリーンは取り付けができるけれどこの形状は取り付けできない、取り付けたい壁の素材がこうだからこうしたほうがいい、など職人の知識で現地の確認をしてくれます。取り付けを見据えて新品のブラインド・ロールスクリーンを購入するところから関わってもらうと安心できます。「買ったものの、取り付けようとしたら取り付けができない」「特殊なパーツを使わないと取り付けができない」という事態にもなりません。

その他気を付けるべきポイントは?

交換作業後のブラインドの処分方法は、業者と確認しておきましょう。取り付け作業のみを依頼すれば業者は取り付けのみ行い、処分費用は別途かかります。処分を受けてくれない業者もいるため、交換作業のみを依頼する場合はあらかじめ処分をどうするのか双方で確認しておきましょう。