埼玉県温水洗浄便座の交換・取り付けのプロが近くに106人います

どちらで温水洗浄便座の取り付け・交換業者をご希望ですか?

必要項目を入力する

日時や場所など、依頼したい仕事内容を記入します

見積りを受け取る

あなたの依頼を引き受けたいプロから見積もりが来ます

プロを採用する

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

埼玉県の温水洗浄便座の取り付け・交換業者

エアロックは創業24年来にわたり、地元での信頼を得て埼玉県加須市を拠点に、夏は涼しく冬は暖かい家造りに邁進して参りました。独自の新・外貼り遮熱工法を用いた遮熱の家や、あったかい家へのリフォームなど皆様…
新商品を格安で御提案いたします。弊社はLIXILリフォームネットを運営しており、主に 「新築オプション工事」・・・新築住宅のインテリア・エクステリアをかっこよく便利にする工事をすること。
初めまして、株式会社リフォーム笑顔代表の伊藤と申します。 もうそろそろ家の塗り替えリフォームを検討そているんだけど、どこにたのんで いいかわからないと思っている方が殆どだと思います。

おおうち設備

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ
水の道一筋。魅せます職人技!(株)タバタコーポレーションは、埼玉県さいたま市を中心に埼玉県全域の一般家庭、店舗、会社、官公庁等を対象に水道工事・トイレ工事・蛇口交換・水漏れ・つまり修理などを施工してい…

実際の依頼例

埼玉県における温水洗浄便座の取り付け・交換業者の依頼例

温水洗浄便座の取り付け・交換を業者に頼むタイミング

新しく設置したい

温水洗浄便座があればいつでも暖かい便座が迎えてくれます。さらに洗浄機能を使えば用を足した後もきれいに洗浄でき、トイレットペーパーで何度も拭く手間も省けます。

古くなってきたので交換したい、新しい機能のものに交換したい

すでに温水洗浄便座を持っていても長年使用していると、いろいろと不具合が出てきます。温水洗浄便座の寿命は約10年が一般的で、10年以上経過するとすでに部品の製造が中止されているので修理も不可能になります。

交換の目安は、シャワーの出がわるい、便座が暖まらない、水漏れする、便座が割れた、電気コードが劣化したなどです。

取り替えたい便座自体は手に入れたが、工事をお願いしたい

温水洗浄便座の購入は本体のみの購入と、取り付け工事も同時に購入する場合があります。便座は安く購入したけど工具や取付交換の知識がない、そのような時は業者に依頼しましょう。

埼玉県の温水洗浄便座の取り付け・交換の費用相場

埼玉県の温水洗浄便座の取り付け作業

工事の基本料金の相場は約7,000円程度です。もしトイレ内にコンセントがないときはコンセントの増設工事が必要で、工事の相場は約12,000円程度です。コンセントが無いと工事そのものができない業者もいます。

埼玉県の温水洗浄便座の交換作業

すでに温水洗浄便座が付いている場合は取り外しの作業に別途費用が掛かり、相場は約9,500円程度です。

取り外した便座は取り付け業者が処分しないことも多いです。燃えないゴミで処分できる自治体であれば、処分費用はかかりません。粗大ゴミで処分できる自治体であれば、数百円の処分費用がかかります。

温水洗浄便座に関してのポイント

サイズ

温水洗浄便座のサイズは大きく分けて2種類あります。大型サイズ(エロンゲート)は、外側の長さが470mm、内側の長さが360mm~380mmです。普通サイズ(レギュラー)は、外側の長さが440mm、内側の長さが320mm~340mmです。

他にも便座のタイプによって取り付けられない場合もあるのでタイプも確認しましょう。取り付け可能かどうかは自分で判断せず、取り付け業者に確認してもらうのが確実です。

止水栓

温水洗浄便座を交換するときは水が漏れないように止水栓で水を止めます。水が止められないと工事ができないので、止水栓が無い便器には取り付けができない可能性があります。止水栓にはいくつかのタイプがあり、タイプによって取り付け方も変わります。

アース線

温水洗浄便座は電気と水を使うのでアース線がなければ取り付けられません。コンセントにアース線の接続口が無いときは、専門業者や電気店に工事を依頼しましょう。

温水洗浄便座の取り付け・交換の手順

  1. 道具が揃っているか確認する
  2. 止水栓で水を止める
  3. 現在付いている給水管を取り外す
  4. 新しい分岐金具を取り付ける
  5. フレキシブル管を取り付ける
  6. 既存の便座があるときは取り外す
  7. ベースプレートを取り付ける
  8. 新しい温水洗浄便座を取り付ける
  9. 給水ホースを取り付ける
  10. 試運転をして動くか確認する

温水洗浄便座の取り付けは、簡単な作業ではありません。とくに給水管の取り外しは硬くて外しづらく、特別な工具を必要とする場合もあります。