三重県お風呂・浴室リフォームのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

三重県のお風呂・浴室のリフォーム業者

屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・葺き替え工事・屋根漆喰工事・雨樋工事・雨樋修理・外壁工事などお家の外回り中心に工事を行っております。屋根のプロフェショナルとして適切なアドバイスや施工で満足していただけます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

本気でお客様の立場に立って高品質をご提供致します。インテリア早川は1993年に創業をして以来、地元亀山市に根差し内装工事業に従事してまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

弊社は、経営理念として「NO.1よりBestOneを目指す」という経営理論に基づいて、お客様の要望にこたえられるよう、積極的な業務拡大を続けて参りました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

お客様と一緒になって、楽しみながら進めます。三重県鈴鹿市にあります、建設会社です。 1976年に造園業からスタートした関係で造園、植栽をはじめ、エクステリア(外構)工事、住宅の増改築、リフォーム工事を設計からご提案・施工をしております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社の家の設計は、将来の再生や家族構成の変化によるリフォームを前提として設計・デザインしております。 ダブル断熱にさらに耐久性と断熱工法を施し、トリプル断熱となっております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

『頼んでよかった…!』 お客様からそう言って頂ける本物の業者で あり続けたいと考えております。 当社は2008年に某フランチャイズのハウスクリーニング業者として起業しました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

合同会社ecopartner

ニューユーザー

誠心誠意頑張りますので、宜しくお願い致します。合同会社ecopartner代表の奥山和哉です。 弊社はお掃除マイスターの空調くん、リフォームの絆と事業展開しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

蛇口の交換から水まわりリフォーム、戸建住宅の給排水衛生設備工事、公共下水道切り替え工事まで行っております。 トイレが詰まったら、トイレが漏れたら、水道管が漏れたら、排水が詰まったら、悪臭調査、水栓金具の取替え、ここに水栓がほしいなど上下水道指定工事店である当社へお気軽にご相談下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

昔から、主婦(主夫)たるもの、我慢に我慢を重ね不自由を少しでも使いやすくすべく、知恵を出し改造してきました。それこそが、リフォームの始まりなのですが、プロの仕事は、それなりに集約された価値の有るものです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社では、ひのきや無垢などの自然素材を得意としています。自然素材の木のぬくもりを生活の中に取り入れてみませんか?温かみのある心地の良い空間をつくるお手伝いを致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

アイ・エム電化は地域密着の電気工事店を営んでおります。 現在ではご家庭内で電化製品は様々な所で活躍しており、それだけに、 「突然家電が使えなくなった、故障してしまった」 というアクシデントに見舞われたことも少なからずあるのではないでしょうか。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

和風の住宅を中心に仕事をしています。 日本の風土に合った和風住宅を得意としており、地元鈴鹿密着で数多くのお客様に快適な住まいをご提供してまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

お風呂・浴室のリフォーム業者をお願いしました

三重県におけるお風呂・浴室のリフォーム業者の依頼例

よくある質問

お風呂・浴室リフォームの料金はどのくらいかかる?

ユニットバスからユニットバスへの交換の一般的な相場は、普及品のユニットバスを採用し、在来工法の浴室からユニットバスへ置き換えるリフォームが約100~120万円、ユニットバスからユニットバスへの交換のリフォームが約80~100万円です。材質の良い高級浴槽にしたり、扉や壁をガラス張りにするなど浴室全体のデザインを凝ったものにすると300万円を超えることもあります。

新しい給湯器への交換は約1~3万円、修理だけの場合は約数千円〜1万円です。バランス釜から給湯器への交換は、在来工法の浴室を残したままの場合は約22~38万円、乾燥機能の設置や換気扇の交換は換気機能のみの製品の場合本体・取り付け費用込みで約4~6万円、暖房乾燥機能付き製品は本体の価格と配管工事を合わせて30万円以上かかります。

浴室のバリアフリーリフォームは浴槽高の低いユニットバスの導入(段差解消工事などを含む)は約130~140万円、浴室床のかさ上げ工事は約70~80万円、手すりの設置(1本あたり) は約1~2万円、滑り止め防止床材への張替は約2~3万円、レバー式シャワーへの交換は約3~4万円です。浴槽をバリアフリーにするリフォームは、高さの低い浴槽への交換は約7~8万円、浴槽内への滑り止めマットの設置は約2~3万円、浴槽わきへの腰掛や手すりの設置は約1~2万円です。

お風呂・浴室リフォームの依頼における注意点は?

古い浴室は生活の質や健康にも影響を及ぼすため、早めのタイミングで依頼を検討しましょう。国土交通省の住宅市場動向調査(平成29年度)によると、リフォームの動機で最も多かったものは「住宅がいたんだり汚れたりしていた」です。シャワーからお湯が出なくなってしまった、換気扇が回らない、地震で浴槽にヒビが入ったなど、設備の故障や不備が起きた際はリフォームを検討しましょう。また、古い浴槽や設備に最新機能を入れたいときはリフォームの検討時期でしょう。浴室やその関連設備は進化し続けています。設定温度での自動湯張り、追い炊き、保温機能、設定水位を下回ると自動で足し湯をする機能もあります。

古い建物、浴室は耐震性の面から不安があります。また浴室は疲れを癒してリラックスするための空間でもあります。塗装が剥げている、壁、天井のシミ、汚れが気になるようではリラックスできません。他にも「高齢の家族が風呂に入るのに苦労している」「子供も独立し、そろそろ自分たちの老後に備えたい」など、家族の変化や自らの老後への備えもリフォームの動機になります。

お風呂・浴室リフォームを依頼する流れは?

複数の業者に見積もりを依頼して、現在の浴室の様子を見てもらいます。要望の聞き取りや計測などを行い、カタログやショールームで具体的なイメージをつかみ、グレード・壁・床などの仕様を決めます。見積書に基づき、担当者と商談をして、契約を締結します。ガス工事を伴う場合など前もって供給会社に連絡し、着工します。既設解体撤去・下地処理・土間コンクリート打ちなどを行います。ユニットを搬入し、取付を行いますが、多くの場合が、1日で完了させるため工事が夜になる場合もあります。ガス・水道・電気などの接続を確認して、洗面所の壁や床の補修・出入口枠の取付などを実施後、引き渡してもらい、料金を清算します。

お風呂・浴室リフォーム業者の選び方は?

リフォーム後のユニットバスにはメーカー毎に特徴があるので、希望と合致するかどうか良く相談してください。また、ユニットバスは安いものはそれなりです。「安く済ませたい」と値段を判断基準にしない方が良いと思います。

その他気を付けるべきポイントは?

お風呂リフォームは、着手から4晩程度入浴不可となります。入浴の手段を前もって検討しておきましょう。要介護または要支援の人が住む住宅がバリアフリー化を目的としたリフォームを行うと介護保険から補助金が支給されます。また、既設解体時に土台や柱の腐食が見つかったり、シロアリが出てくることも多いため、解体後の補修や白アリ防除薬塗布などの工事が必要になる場合があります。