三重県お風呂・浴室リフォームのプロが近くに69人います

どちらでお風呂・浴室のリフォーム業者をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

三重県のお風呂・浴室のリフォーム業者

屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・葺き替え工事・屋根漆喰工事・雨樋工事・雨樋修理・外壁工事などお家の外回り中心に工事を行っております。屋根のプロフェショナルとして適切なアドバイスや施工で満足していただけます。

. . . (もっと読む)

本気でお客様の立場に立って高品質をご提供致します。インテリア早川は1993年に創業をして以来、地元亀山市に根差し内装工事業に従事してまいりました。

. . . (もっと読む)

弊社は、経営理念として「NO.1よりBestOneを目指す」という経営理論に基づいて、お客様の要望にこたえられるよう、積極的な業務拡大を続けて参りました。

. . . (もっと読む)

庭木を通じて 全てのお客様を笑顔に三重県菰野町にあるお庭のお手入れ剪定伐採専門店剪定屋空-sora-です。 庭木の剪定, 伐採,植栽,草刈りなどお庭のお悩み事ならお気軽にご相談ください。

. . . (もっと読む)

伊勢市ど~んステンレスの加工をしています。 建築金物がメインといった所です。 設計、製作、施工、までできます。 伊勢市の工事でもどうぞ。

. . . (もっと読む)

お客様と一緒になって、楽しみながら進めます。三重県鈴鹿市にあります、建設会社です。 1976年に造園業からスタートした関係で造園、植栽をはじめ、エクステリア(外構)工事、住宅の増改築、リフォーム工事を設計からご提案・施工をしております。

. . . (もっと読む)

当社の家の設計は、将来の再生や家族構成の変化によるリフォームを前提として設計・デザインしております。 ダブル断熱にさらに耐久性と断熱工法を施し、トリプル断熱となっております。

. . . (もっと読む)

『頼んでよかった…!』 お客様からそう言って頂ける本物の業者で あり続けたいと考えております。 当社は2008年に某フランチャイズのハウスクリーニング業者として起業しました。

. . . (もっと読む)

三重水道修理センター

0
ニューユーザー

緊急水道トラブルは施工まで出来る限り即日対応します水道トラブル全般に対応させていただいています三重水道修理センターです。 トイレや排水のつまり、蛇口や水道管の水漏れ、風呂、キッチン、トイレ、洗面所など、水回りのことならなんでも対応できますので、お気軽にご相談ください。

. . . (もっと読む)

昔から、主婦(主夫)たるもの、我慢に我慢を重ね不自由を少しでも使いやすくすべく、知恵を出し改造してきました。それこそが、リフォームの始まりなのですが、プロの仕事は、それなりに集約された価値の有るものです。

. . . (もっと読む)

蛇口の交換から水まわりリフォーム、戸建住宅の給排水衛生設備工事、公共下水道切り替え工事まで行っております。 トイレが詰まったら、トイレが漏れたら、水道管が漏れたら、排水が詰まったら、悪臭調査、水栓金具の取替え、ここに水栓がほしいなど上下水道指定工事店である当社へお気軽にご相談下さい。

. . . (もっと読む)

当社では、ひのきや無垢などの自然素材を得意としています。自然素材の木のぬくもりを生活の中に取り入れてみませんか?温かみのある心地の良い空間をつくるお手伝いを致します。

. . . (もっと読む)

お風呂・浴室のリフォーム業者の写真一覧


写真をクリックで詳細を表示

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

三重県におけるお風呂・浴室のリフォーム業者の依頼例

お風呂・浴室のリフォーム業者をお願いしました

 三重県桑名市

依頼カテゴリ
お風呂・浴室リフォーム


予算
その他


詳細
対応が遅い。


お風呂・浴室のリフォーム業者をお願いしました

 三重県四日市市

依頼カテゴリ
お風呂・浴室リフォーム


予算
その他


詳細
予算がないので新規に安く作りたい。


住宅の中でほぼ毎日使用する設備のひとつが浴室です。日本は古くから浴槽に湯を張り入浴する文化があり、滞在時間も長くなることから、浴室を清潔に美しく保ちたいと考える人も多いです。

本記事では浴室のリフォームを考えている方に向け、浴室リフォームについてわかりやすく解説していきます。

ご協力いただいたお風呂・浴室リフォーム業者

成田 貢さま

有限会社ルーフトップス代表取締役。茨城県県南地域を主な商圏として住宅リフォーム業を営む。屋根葺き替えを中心とした住宅リフォーム業に携わってからおよそ35年、会社は設立から23年経過している。

住宅外装、水廻り改装、外構工事、太陽光発電モジュール設置、内装工事、バリアフリー化などの介護関連工事など幅広くリフォームを手がける。

お風呂・浴室リフォームの種類:浴室丸ごとの工事

浴室の設備は、環境にもよりますが10~20年程度が修繕や設備交換の目安です。

在来工法

日本に従来からある工法で、構造物の上に直接タイルを貼って浴槽などを設置します。ユニットバス工法よりも費用がかさむことからリフォームや入れ替えを検討する過程が増加しています。

ユニットバス

メーカーによって規格化・量産された、天井や壁のパネル、浴槽など利用して作られた浴室のことで、「システムバス」という呼び方をしているメーカーもあります。「部品化」されたものを施工現場に持ち込み、組み立て式の家具でも作るようにスピーディーに浴室を設置します。在来工法に比べて設置コストも低いだけでなく、建物と壁との間に空気の層ができ断熱効果を高めます。

現在では建設される住宅の大部分がユニットバスを採用しています。ユニットバスのメーカーには主にTOTO、リクシルなどがあります。各メーカーから、さまざまなデザインや機能を備えたものが提供されています。

お風呂・浴室リフォームの種類:部分的な取り替えや設置

給湯器、換気扇、浴槽(在来工法の場合のみ)といったそれぞれの設備ごとに取り替えたり設置することもできます。

給湯器のメンテナンス〜バランス釜から給湯器への交換

バランス釜が故障した、あるいは浴槽を大きなものに変えたい際は給湯器への置き換えを検討しましょう。バランス釜は日本に昔からある浴槽のお湯用の熱源で、浴槽の隣に設置します。比較的簡易な操作で、お湯を沸かすことができますが、設置場所は浴槽の隣に限定されます。

  • 屋外壁掛け式の給湯器:多くの浴室設備で採用される給湯器
  • 壁貫通型給湯器:古い集合住宅など建物の構造上、水道やガスの配管工事が困難な場合に利用される給湯器で、浴槽のすぐ脇の壁に埋め込むような形で設置します。大規模な工事が必要なく設置費用も抑えられます。

ユニットバスからユニットバスへの交換

ユニットバスからユニットバスへ変更する際は、浴室に合うサイズのものから選びましょう。デザインや機能が気に入った製品があっても、浴室に合うサイズでなければ設置できません。

ユニットバスの素材

  • FRP (繊維強化プラスチック):一般的に広く使われます。防水性が高く、軽くて丈夫で価格が安い特長を持つ反面、汚れがこびり付きやすく、古くなると色あせも目立ってきます。
  • ホーロー:肌触りの良さが特長です。価格はやや高めです。
  • ステンレス:傷が付きにくさが特長です。価格はやや高めです。
  • ハーフユニットバス:浴槽と防水パンを一体化し、機能的に重要な部分だけを一体化したものです。壁や天井の材質、窓のサイズ、天井の高さなどを自由に設計できます。
  • 乾燥機能の設置や換気扇の交換

ユニットバス交換のめやす

  • ファンの音が気になる
  • 換気扇を回しっぱなしにしているのに、湿気が抜けず、カビが生えやすい
  • 換気扇の寿命がきた:換気扇の寿命は8~10年程度

お風呂・浴室リフォームの種類:浴室換気扇の交換取付

浴室換気扇の種類

  • 壁用換気扇:壁に取り付けます。プロペラ型とも呼ばれ、扇風機の羽根のような形をしたファンを回転させて、浴室の湿った空気を直接外に排出します。主に戸建て住宅や低層の集合住宅で採用されています。
  • 天井換気扇:天井に埋め込みます。ダクトを通して浴室の湿った空気を排出するタイプで、主に中高層の集合住宅で採用されています。

浴室換気扇の交換方法

現在と同じ場所に設置できる換気扇を選びましょう。設置できない場合は建物自体への工事が必要になります。

お風呂・浴室リフォームの種類:浴室換気暖房乾燥機

浴室換気暖房乾燥機は、換気機能に加え、衣類乾燥機能と暖房機能を備えています。部屋干しが多い、真冬の浴室が寒くて入浴がつらいといった浴室へ設置することができ、浴室が衣類乾燥室としても使えるようになります。

暖房機能を使えば真冬でも浴室を快適な温度に保つことができ、高齢者がいる家庭では急激な体温の変化によるヒートショックの予防にもなります。

お風呂・浴室リフォームの種類:バリアフリーリフォーム

住宅のバリアフリー化は高齢者にとってどこに、どんなバリア(障壁)があるのかを把握するところから始まります。

脱衣所まで移動する、服を脱ぐ、浴室のドアを開ける、浴室に入る、シャワーからお湯を出して汗を流す(またはかけ湯)、浴槽をまたぐ、浴槽でしゃがむ(座る)という一連の動作の中でどこに不便を感じるのかをはっきりさせます。

そのうえでケアマネージャーやリフォーム業者と具体的な改修方法を考えていきます。

浴室内の具体的なバリアフリー改修策5つ

  1. 浴室入り口の段差解消:浴室床の底上げ、浴室床にすのこを敷く、段差プレートの設置
  2. 浴室内での転倒防止:移動補助手すりの設置、滑り止め防止床材への張替、滑り止めマットを敷く
  3. シャワー操作:シャワーの水栓をレバー式など操作しやすいものに変更する、シャワーヘッドの設置位置を上下にスライドさせられるものに変更する
  4. 浴室内を明るく見えやすくする:広配光タイプの電球に取り替えて影がなるべくできないようにする
  5. ヒートショック対策 浴室換気暖房乾燥機を設置する

浴槽をバリアフリーに

  1. 浴槽へのアプローチを改善:またぎやすいよう、高さ40cm前後の浴槽に変更する、浴槽わきに腰掛を設置する
  2. 浴槽内での転倒防止:手すりの設置、浴槽内に滑り止めマットを敷く

お風呂・浴室リフォーム料金と相場:ユニットバスからユニットバスへの交換

工事と設備の代金の合計金額がリフォームにかかる料金です。以下に紹介する金額はひとつの目安で、浴室の大きさや建物の状況、設置する設備の種類 によっては、さらに10~20万円ぐらい高くなる場合もあります。

一般的な相場

  • 普及品のユニットバスを採用し、在来工法の浴室からユニットバスへ置き換える:100~120万円
  • ユニットバスからユニットバスへの交換:80~100万円

工事の工程と相場

  • 工事費の合計:33~51万円
  • 内訳:浴室周辺の養生(2~3万円)
    古い浴室の解体・撤去(4~10万円)
    給排水工事・配線工事(10~13万円)
    ユニットバス設置のための基礎工事(4~5万円)
    ユニットバスの搬入・組み立て(8~12万円)
    浴室内の大工工事・内装工事(5~8万円)

設備の相場

  • 設備費用の合計:70~190万円
  • 内訳:ユニットバス(60~150万円)
    給湯器(10~40万円)
  • 材質の良い高級浴槽にしたり、扉や壁をガラス張りにするなど浴室全体のデザインを凝ったものにすると300万円を超えることもあります。

お風呂・浴室リフォーム料金と相場:部分的な取り替えや設置4つ

1.給湯器のメンテナンス

  • 新しい給湯器への交換:1~3万円
  • 修理だけ:数千円から1万円
    ※給湯器はインターネットなどでも販売されていますが、ガス機器の設置作業には国家資格等が必要です。

2.バランス釜から給湯器への交換

在来工法の浴室を残したまま

  • 合計:22~38万円
  • 内訳:バランス釜の撤去(2~3万円)
    壁貫通型給湯器の設備(15万~30万円)
    取り付け工事費用(5万円)

3.ユニットバスからユニットバスへの交換

手順は在来工法の浴室からユニットバスへの置き換えとほぼ同じです。従来工法の浴室から工事に比べて、撤去費用、配管工事費用などが安く済み、総額で80~100万円程度です。

4.乾燥機能の設置や換気扇の交換

換気機能のみの製品:本体・取り付け費用込みで4~6万円
暖房乾燥機能付き製品:本体の価格と配管工事を合わせて30万円以上かかります。

お風呂・浴室リフォーム料金と相場:バリアフリーリフォーム2つ

1.浴室のバリアフリー工事

  • 浴槽高の低いユニットバスの導入(段差解消工事などを含む):130~140万円
  • 浴室床のかさ上げ工事:70~80万円
  • 手すりの設置(1本あたり) :1~2万円
  • 滑り止め防止床材への張替:2~3万円
  • レバー式シャワーへの交換:3~4万円

2.浴槽をバリアフリーに

  • 高さの低い浴槽への交換:7~8万円
  • 浴槽内への滑り止めマットの設置:2~3万円
  • 浴槽わきへの腰掛や手すりの設置:1~2万円

お風呂・浴室リフォームの工事内容とかかる工事の期間:浴室丸ごとの工事

期間はおおよそ7日間程度で完了します。

1日目

養生:家財や床・壁などが傷つかないように養生を行います。
解体と撤去:古い浴槽、タイル壁、床などの解体・撤去を行います。
給排水工事・配線工事:新しい給・排水管や電気配線の工事を行います。

2~4日目

土間基礎工事:ユニットバスを据えるためのコンクリートの土間をつくります。

5日目

搬入・組み立て:ユニットバスの搬入・組み立てを行い、新しい換気扇や照明器具の電気配線を行います。

6~7日目

大工工事・内装工事:ユニットバスのドアまわりの壁をつくり、壁紙などで仕上げを行います。

お風呂・浴室リフォームの工事内容とかかる工事の期間:部分的な取り替えや設置4つ

1.給湯器のメンテナンス

給湯器の修理・交換だけであれば、1~2時間で終わります。

2.バランス釜から給湯器への交換

バランス釜を撤去し、壁貫通型給湯器に変更する工事は4~5時間で終わります。

3.ユニットバスからユニットバスへの交換

ユニットバスからユニットバスの交換も、在来工法の浴室からユニットバスへの置き換えとほぼ同じ手順で、約7日間ほどかかります。配管や配線の位置を変える必要がない場合は、工事期間が短くなります。

4.乾燥機能の設置や換気扇の交換

換気機能のみの製品は1時間以内で終わりますが、暖房乾燥機能付き製品は配管工事も必要になるためほぼ1日かかります。

お風呂・浴室リフォームの工事内容とかかる工事の期間:バリアフリーリフォーム2つ

1.浴室のバリアフリー工事

  • 浴室床のかさ上げ工事:4~5日
  • 手すりの設置:1時間
  • 滑り止め防止床材への張替:1日
  • レバー式シャワーへの交換:1~2時間

2.浴槽をバリアフリーに

  • 高さの低い浴槽への交換:1~2日
  • 浴槽内への滑り止めマットの設置:1時間
  • 浴槽わきへの腰掛や手すりの設置:1~2時間

お風呂・浴室リフォームを検討するタイミング4つ

1.機能に不備や故障がある、使いづらい

国土交通省の住宅市場動向調査(平成29年度)によると、リフォームの動機で最も多かったものは「住宅がいたんだり汚れたりしていた」です。シャワーからお湯が出なくなってしまった、換気扇が回らない、地震で浴槽にヒビが入ったなど、設備の故障や不備が起きた際はリフォームを検討しましょう。

2.古い

古い浴槽や設備に最新機能を入れたいときはリフォームの検討時期でしょう。浴室やその関連設備は進化し続けています。設定温度での自動湯張り、追い炊き、保温機能、設定水位を下回ると自動で足し湯をする機能もあります。

浴室のデザインも洗練され、壁や扉にガラスを使った、まるでホテルの一室にいるかのような雰囲気を醸し出すユニットバスもあります。このような最新設備、デザインの浴室を希望する方もいます。

3.劣化が目立つ

古い建物、浴室は耐震性の面から不安があります。また浴室は疲れを癒してリラックスするための空間でもあります。塗装が剥げている、壁、天井のシミ、汚れが気になるようではリラックスできません。

4.生活サイクルや家族の変化

「年老いた父親が風呂に入るのに苦労している」「子供も独立し、そろそろ自分たちの老後に備えたい」など、家族の変化や自らの老後への備えもリフォームの動機になります。

お風呂・浴室リフォームの補助金とは

要介護または要支援の人が住む住宅がバリアフリー化を目的としたリフォームを行うと介護保険から補助金が支給されます。

支給限度基準額

支給限度基準額は20万円で、うち1割は自己負担となり、実際に補助を受けられる金額の上限は18万円です。

対象となる工事

手すりの取り付け、段差の解消、滑りにくい床材への変更などで、浴室のバリアフリー化工事にも活用できます。

利用方法

計画段階でケアマネジャーに相談のうえ、市区町村に事前申請をしておきます。

支給方法

支給方法は自治体により異なりますが以下の2種類です。

  • 自治体から工事業者へ直接支払われる:発注者は自己負担分のみ支払い
  • 支払い終了後に自治体から発注者に支給される:いったんは発注者が全額負担

業者によるお風呂・浴室リフォームの実例

元々の浴室です。

古い浴室のタイルなどが取り去られました。

工事は進みます。

新しい設備が設置されていきます。

リフォームが完了しました。白を基調にした新しく美しいユニットバスになりました。

お風呂・浴室リフォーム工事の流れ


  1. 見積もり依頼(現場調査が必要になります)
  2. 日時を決めて現場調査(要望の聞き取りや計測など)
  3. カタログやショールームで具体的なイメージをつかみmグレード・壁・床などの仕様を決める。(この時点では候補程度です)
  4.  3の工程で上げた候補に基づき、作成された見積書を検討
  5. 見積書に基づき、担当者と商談
  6. 契約(5の時点でも良いと思います)
  7. 発注(2週間程度要します)、納期の回答を待って工期を設定
  8. ガス工事を伴う場合など前もって供給会社に連絡
    (業者が手配もすることもあります、ガス工事代金がガス代と合わせて請求される場合があるため見積書や代金をよく確認してください)
  9. 着工(既設解体撤去・下地処理・土間コンクリート打ちなど)
    業者によって、土間コンクリート打ちを2日目、3日目を乾燥や配管などの施工日とし、不測の事態(土台の腐食などの修理)に充てる場合もあります。
  10. ユニット搬入・取付(多くの場合、1日で完了させるため夜になる場合もあります)
  11. ガス・水道・電気などの接続と確認。
    ただし、シリコンコーキングなどが乾燥するまで使用しない方が良いため、一晩程度時間を置きましょう。 (着手から4晩程度入浴不可となります。)
  12. 翌日、洗面所の壁や床の補修・出入口枠の取付などを実施後、お引渡し
  13. 契約書に基づき工事代金の清算を行います

お風呂・浴室リフォームにおけるコツ

設備やユニットバスは値段だけで見ない

メーカー毎に特徴があるので、希望と合致するかどうか良く相談してください。また、ユニットバスは安いものはそれなりです。「安く済ませたい」と値段を判断基準にしない方が良いと思います。

業者に聞く、最もよくあるお風呂・浴室リフォームの依頼内容

  1. タイルのひび割れ
  2. 浴室が寒い
  3. 漏水

1.タイルのひび割れを相談されたら

建物において浴室だけが固定(タイル張りの場合)されているので、地震などでひび割れが生じやすいことを説明します。

2.浴室が寒いと相談されたら

ユニットバス(システムバス)であれば、浴室自体が独立した状態になり、断熱や排水などの面からも優れているのでお薦めしています。

3.漏水の相談をされたら

既設解体時に土台や柱の腐食が見つかったり、シロアリが出てくることも多いため、解体後の補修や白アリ防除薬塗布などの工事が必要になる場合があります。ユニット(システム)バス施工後は、翌日に洗面所内の壁や床・出入口枠などの補修工事が必要です。