東京都渋谷区社交ダンスレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都渋谷区の社交ダンス教室

小野 晃歳

4.0
starstarstarstarstar
シルバー

音楽に合わせて相手と踊る楽しさを伝えたい都内で社交ダンスインストラクターとして10年以上活動してきました。 現在は 恵比寿のASダンススタジオ 笹塚の奥敬一郎ダンススタジオ でレッスンしております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

伊藤 なお

0
ニューユーザー

死ぬまでダンスをしたい方だけ、ご連絡ください。身体の使い方を丁寧にレクチャーします。運動が苦手だけど、楽しく踊ってみたい方にピッタリなレッスンです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ダンスクラスに、スタジオを使いませんか? スタジオのレンタルを行なっております。 また、ダンスクラスの運営も行なっております。 ジャズダンス・モダンダンス・ヨガやバレエ、コンテンポラリーダンスやピラティスにも使っていただけるスタジオです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

リープダンスコネクションは、ダンススタジオです。名称のLEAPとは、飛び跳ねる、踊る、という意味です。私自身のダンススタイルからつけた名称ですが、現在JAZZ、BALLET、TAP、HIPHOP、CONTEMPORARY、FLAMENCO、ACROBAT,PIRATES等のクラスがあります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ハラウナマモオトゥリパは、日本4か所に教室を構える、フラダンス教室です。ハワイ(古典フラ・カヒコ、モダンフラ・アウアナ)、ポリネシア(タヒチ、サモア、マオリ)の踊り、言語、文化を伝えることがハラウの目的です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

モアナズフラハラウオブジャパン(Moana's Hula Hālau of Japan)は、Moloka`i島を代表するMoana's Hula Hālau (モアナのフラスタジオ・以下Moana’s)の日本支部です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ビートニックスタジオは、周辺のカフェ・レストランが充実している恵比寿西口から徒歩5分の距離にあり、天井の高さ、広さを誇る都内屈指の川崎悦子主催であるダンススタジオです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

LUXURICA(ラグジュリカ)は世界チャンピオンREIKOが講師をつとめる、渋谷区千駄ヶ谷にあるポールダンススタジオです。ポールダンスとは、金属製のダンス用ポールを使った全く新しいダンス/エクササイズです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

M&Sダンススタジオは、ミュージカルやショーに必要なダンスの基本・技術・表現を現役のプロダンサーをはじめ各種専門分野の講師陣が丁寧に指導するダンススタジオです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

シュートは、ボーイズバーです。お店は、人目気にせず入店できる場所にあるので、初めての方でも気軽に訪れることができます。営業時間は、夕方6時~翌朝6時です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

白い部屋は、ニューハーフキャストによるフロアーショーが楽しめるお店です。コミックショーからセクシーなショーなどを、所狭しと白い部屋ワールドで繰り広げています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ホームズバーヨンパチは、東京都港区の会員制のバーです。重厚な雰囲気の中KENZOワインが飲め、VIPルームがあり、カラオケやダーツが楽しめるプライベート空間となっています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

社交ダンス教室をお願いしました

渋谷区における社交ダンス教室の依頼例

社交ダンスとは

起源

起源はヨーロッパの貴族文化にあります。社交ダンスは必ず男女ペアで踊るという特徴があり、英語でBallroom dance、もしくは Social danceと言われます。

欧米では児童が授業でダンスを教わりパーティーで踊る、結婚式で新郎新婦がダンスを披露することもあり、社交の場で活用されています。日本では競技色が強く、日本人の行うスポーツ種目の24位にランクインし、競技人口は164万人ほど、成人以降の愛好者が多いという特徴があります。

種類

社交ダンスは、社交の場で踊られるダンスと、ダンススポーツとして踊られる競技ダンスがあります。社交としての社交ダンスにはワルツ、タンゴ、ルンバ、ジルバ、ブルースなどがあり、競技ダンスはスタンダードとラテンの2つに大別できます。競技ダンスはスタンダードとラテンの2種類、さらにそれぞれに5種目ずつ種目があります。

競技ダンスのスタンダードはワルツ、タンゴ、スローフォックスロット、クイックステップ、ウィンナーワルツの5種目、ラテンはサンバ、チャチャチャ、ルンバ、バソドブレ、ジャイブの5種目があります。

衣装

男性はタキシードに低いヒールの靴、女性は長いドレスや部分的にフィット感が調整されたドレスを着用し、高いヒールの靴を履きます。

社交ダンス教室、レッスンの相場

体験レッスン

社交ダンス教室の多くは、無料もしくは有料での体験レッスンを設けています。有料の体験レッスンの金額平均は約1,700円で、価格帯は1,000〜2,000円程度です。体験レッスンの時間は約25〜50分程度です。

初心者向けレッスン

初心者コースでは、ごく簡単なステップや社交ダンスの基礎を学んだり、ベーシックステップを中心に音楽に合わせて踊ったりします。社交ダンスが初めての人、ダンス自体の経験がまったくないという人、エクササイズをかねて体を動かしたいという人向けです。

社交ダンス教室では入会金を設けているところが多く、入会金は約3,000〜8,000円程度です。レッスン料金の支払いは、月ごとに支払いをして指定の回数のレッスンを受講できる月謝制、複数回のレッスンのチケットを購入して都度チケットを消費するチケット制、1レッスンごとに料金を支払う都度支払いの教室があります。

チケット制や都度払いを採用している教室では、入会金がかからない教室も多くあります。チケット制と月謝制の、どちらかを選べる教室もあります。

初心者向けレッスンの月謝の平均金額は、約7,000円です。時間は1レッスン30分〜1時間程度で、月のレッスン回数は4回程度です。チケット制や1レッスンの都度支払い制では、1レッスンの金額の平均がグループレッスンで約1,500円、個人レッスンで約4,000円です。時間は、1レッスンが30分〜1時間程度です。

中級〜上級レッスン

中級〜上級者向けの教室も、一般的に約3,000〜8,000円程度の入会金を設けています。レッスン料金は、月謝の平均価格は約8,500円前後、時間は1レッスン30〜1時間程度で、月のレッスンは4回程度です。

1レッスンごとに支払いをする都度支払い制の教室は、1レッスンの平均価格が約2,000円で、何人かの受講者とレッスンを受けるグループレッスンです。中には入会金を支払わず、1レッスン5,000円程度でスポット受講できるような教室や、出張レッスンなどを行っている教室もあり、出張エリアやスケジュールなどによって料金が変わります。

中級のレッスンでは、社交ダンスの基礎を身につけた人がより楽しんで本格的に踊れるように、競技やデモンストレーションなどで使えるバリエーションを学び、難易度の高いステップを練習します。上級のレッスンでは、競技会やプロのインストラクター、メダルテストの受験を目指す人に向けており、目的に応じた質の高いレッスンを受けることができます。