東京都調布市バレエレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都調布市のバレエ教室

黒澤 七海

ニューユーザー

クラッシックバレエの教師をしています。バレエの基礎、正しい使い方を、踊ることの楽しさを通し、美しさになっていくように指導していきたいと思います!バレエ講師歴15年 バレエコンクールで、賞をいくつか受賞 バレエ学校で学ぶ。

詳細を見る

佐藤 知美

0
ニューユーザー

クラッシックバレエ教師歴は20年以上、英国ロイヤルバレエスクール、アッパースクールでの留学経験や国内外のバレエ団、ダンスグループでのダンス経験を活かしてバレエをお教え出来ればと思っています。

詳細を見る

M&Rstudio

ニューユーザー

Balettのススメ 3歳から大人の初心者の方まで、基礎から丁寧に指導していきます。 子供達にはバレエを通して、踊る楽しさや表現する喜びを知っていくだけでなく、リズム感・集中力やマナーなども学んでいきます。

詳細を見る

≪クラスのご案内≫ ●児童科(3才~)・・・ひとりひとりの個性と感性を大切にしながら、 音楽に合わせてダンスの基本を養っていく楽しいモダンバレエクラスです。

詳細を見る

東京都 調布市に所在し、50年余りの歴史の中、ダンス総合スクールであり加藤みや子ダンススペース、チャイルド・ファクトリー(4才~中学生)、キンダースクール 幼児総合教室(2~3才)の構成されているアネックス仙川ファクトリーです。

詳細を見る

飛鳥ダンススクール

ニューユーザー

経験豊富な女性ダンサーによる少人数指導が特長! 当スクールではチケット制を採用しているため、忙しい生徒さんでもレッスンを無駄にすることがありません。

詳細を見る

高和学院は1972年(昭和47年)に開校しました。当時は大学受験に始まり高校受験と受験勉強一色でした。 高和学院では一人一人の将来を見据えて日常生活の中、情操面等を充実させる場として受験勉強だけでなく、舞踊、音楽、書画、ボイストレーニング等を開講しました。

詳細を見る

ギャラリー六本木は、エンターテイメントラウンジです。空間の雰囲気が毎月変わり、店内のウォールなどメインスペースに新進気鋭のアーティスト作品(絵画・写真・オブジェなど)を飾り、それに合わせて照明や選曲までもマッチさせています。

詳細を見る

実際の依頼例

バレエ教室をお願いしました

調布市におけるバレエ教室の依頼例

よくある質問

バレエレッスンの料金はどのくらいかかる?

バレエレッスンの体験レッスンは、約1,000〜3,000円程度で、無料で受けられるところもあります。体験レッスンの時間は約45〜90分程度で、通常レッスンに参加するというところが多いです。初心者向けレッスンの月謝の平均は、月4回の場合で約8,000円です。中にはオープンクラスといって、定額制の月謝で自分で好きなときに好きなレッスンを決められた回数まで受講できるシステムをとっているところもあります。手軽にレッスンを受けたい方には、会員にならず1レッスン制や回数券制で参加できる教室もあります。料金は1レッスン約2,000〜3,000円程度です。

中級〜上級レッスンは、ほとんどのバレエ教室が入会金を設けており、約1,000〜1,0000円程度です。中にはキャンペーンなどで入会金が無料になるという教室もあるので確かめてみましょう。ほぼ全ての教室が月謝制になっており、週1回〜5回までと回数を選べるところが多いです。月謝は週1回のコースで平均約7,000円、週4回のコースで平均約14,000円です。別途で発表会のために積み立てる費用として、月2,000円程度が月謝に加算される教室もあります。補強や補講として、1レッスン2,000円程度で追加のレッスンが受けられるところもあります。

バレエレッスンの依頼における注意点は?

バレエレッスンにはいくつかの種類があります、初心者・中級者〜上級者などレベル別だけでなく、子供向けレッスンと大人向けレッスンのように、世代別のレッスンもあります。スタジオによっては「女性専用」など性別を限定している教室もあり、性別などが気になる方はそのような教室を選ぶこともできるでしょう。また、親子で参加できるレッスンを設けている教室もあります。さらに親切な教室もあります。中高生や大人向けのレッスンは夕方〜夜の時間帯にレッスンを設定しているなど、通いやすい工夫が行われています。

子供の習い事としてバレエ教室を探している親御さんは、講師の実績や、定期的な発表会の開催などの有無も確認してみましょう。定期的に発表会があると、練習の励みになります。

バレエレッスンを依頼する流れは?

いくつかのバレエ教室を比較して、まずは数ヶ月通ってみましょう。いくつかの教室を比較するときは、立地や料金、講師の性別や実績など、条件が異なる教室を選ぶといいでしょう。ほとんどのバレエ教室が体験レッスンや無料見学会などを実施しているため、参加して教室やレッスンの雰囲気を確認します。最終的に1つの教室に絞ってみた場合でも、まずは数ヶ月通ってみて、もし合わないようであれば別のバレエレッスンにも通ってみましょう。

バレエレッスン業者の選び方は?

自分の目標やゴールに応じて選びましょう。バレエレッスンのほとんどがグループレッスンですが、国内大会に出場したい、国際大会に出場したいなど具体的な目標があるのであれば「生徒を大会出場まで導いたことのある指導者」や「グループレッスンだけでなく、個人レッスンも依頼できる」ような教室や指導者を選ぶといいでしょう。

子供の習い事で「まずは楽しんでほしい」という意図でレッスンをスタートするのであれば、同じように初心者の多い教室を選ぶとバレエ未経験者同士で楽しむことができたり、ウォーミングアップや基礎のレッスンに特化したプログラムが組まれます。

その他気を付けるべきポイントは?

レッスンの流れは、ウォーミングアップ・バーレッスン・センターレッスンの流れで行われます。ウォーミングアップは簡単にいうと準備運動です。バーレッスンは、スタジオの壁側に取り付けられた腰高の手すり(バー)を使って行うレッスンです。センターレッスンは、スタジオの真ん中のスペースを使ってターンやグランワルツを行います。