福岡県建築士・建築家のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

福岡県の建築士・建築家

NARAインテリア

5.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

住宅リフォーム、建築内装外壁防水工事、賃貸物件現状復旧工事、車庫工事、キッチンバストイレ水周り、壁紙カーテンブラインド工事、襖、建具工事2018年3月で事業を始めて40年、そして仕事の経験は50年を経過したことになります。

詳細を見る

ヒロ工務店

0.5
starstarstarstarstar
ブロンズ

リフォーム業界30年になります。現場打合せ商品仕入れお客様と直接打合せベテランのアドバイス少しでもお客様のために頑張ります。リフォーム業界30年お客様とアドバイスできることを何よりたのしみにしています。

詳細を見る

ATELIER MARK

0
ニューユーザー

建築家としてコトバからデザインをさせていただきます​●建築事業 ​ -新築  個人住宅、幼稚園、学校、オフィスビルまで、大小様々な設計監理の経験を生かします。

詳細を見る

ATELIER MARK

ニューユーザー

建築家とつくる家(店舗やリノベーションも可)●建築事業 ​ -新築  個人住宅、幼稚園、学校、オフィスビルまで、大小様々な設計監理の経験を生かします。

詳細を見る

福岡県福岡市に本社を構え、香港と上海に支社を構えています。主な事業内容は新築住宅、リフォーム、リノベーション、施設建設、ギャラリー、古民家再生などを行っており、次世代ソーラーシステムのパッシブソーラー「そよ風」と、高触媒技術の「そらピュール」を提供しています。

詳細を見る

福岡市のリフォーム会社アクアコーディネイトでは 小さなリフォームから大きな増改築まで、 お住まいの事でしたら何でも喜んで承っております。 全て自社で受注から施工まで行う事により、 驚きの低価格で、高品質なリフォームを実現! 施主様とご家族様にとって快適なお住まいと、 喜びの笑顔をお届けします。

詳細を見る

誠栄建設

ニューユーザー

【事業内容】 解体 解体手バラシ 設計 営繕 新築 リフォーム(水回り一式/フロ/キッチン/トイレ) 店舗内装トランクルーム新築工事 ハローストレージ。

詳細を見る

北九州市八幡西区の小さなリフォーム専門店です。当社はリフォームのご相談から工事まで、自社スタッフや職人が行っており、小回りのきく対応を強みとしております。

詳細を見る

ガラス工事・修理・取替え、鏡や網戸などの窓廻り、アルミサッシ工事などを行う、防犯・省エネ・結露防止・遮光などの機能硝子取扱い代理店です。北九州一円エリアに対応しております。

詳細を見る

サラダ館福間駅前店は、贈り物用商品をお取り扱いしております。冠婚葬祭用、記念品、お中元やお歳暮向けの商品がございます。メッセージカードやラッピングも承ります。

詳細を見る

ブラインド、カーテン、エアコン、空気清浄機など、住宅で大掛かりになる掃除やメンテナンスを承ります。 クロス、カーペット、フローリング、壁紙の内装工事や、エアコンなどの空調調整もさせていただきます。

詳細を見る

心地よい生活と自然の素朴さを大切にしたお部屋や家具を作っています。 家具やオーダーメイドからアンティークなものなど、他店には無いような物を一つ一つ手作りします。

詳細を見る

実際の依頼例

建築士・建築家をお願いしました

福岡県における建築士・建築家の依頼例

建築士・建築家が必要なとき

建築士・建築家とは

建築におけるプロフェッショナルであり、建物の設計・工事監理などを行うのが建築士・建築家の仕事です。主に設計事務所や工務店、ハウスメーカー、建設会社などに在籍しています。なお建築家や設計士は資格がなくても名乗ることができますが、建築士は国家資格を取得しなければ名乗ることができません。資格なしで設計できる建物の規模は限られており、ある程度の大きさの建物は建築士の資格が必要となります。また建物の規模や種類によって、必要となる資格の種類も変わってきます。建築士の資格には、木造建築士、二級建築士、一級建築士の3種類があり、一級建築士が最も難しいとされています。

建築士の資格による違い

一級建築士と二級建築士の大きな違いは、設計できる建物の規模です。一級建築士は、設計する建物の規模に制限がありません。そのため一般住宅に限らず、学校や病院、百貨店、ホテルといった公共施設・商業施設の工事にも携わることができます。対して二級建築士は、設計する建物規模に制限があり、個人住宅程度の規模までを扱うことができます。なお木造建築士に関しては、一級建築士・二級建築士よりも設計できる建物の規模が小さく、かつ木造建築物のみと制限されています。また免許の交付元も異なります。一級建築士は国土交通大臣が交付する免許で、二級建築士ならびに木造建築士は都道府県知事が交付する免許となっています。

建築物の設計・工事監理・指導監督・改修工事

ここからは、建築士に依頼できる仕事についてご説明していきます。まず建築士にとって中心となる仕事が、建築物の設計や工事に関わる業務です。施主から設計の依頼を受けて、予算やイメージ、目的を聞きながら設計図を書いていきます。一般的な住宅や施設の設計だけでなく、健康に良いとされる抗酸化住宅や、省エネのためのエコホームなど、時代に即した住宅設計を強みとする建築士もいます。なお設計だけでなく、契約を結ぶ前の重要事項説明や、設計図通り工事が行われているか確認する工事監理、工事指導も建築士の仕事です。また建物の新築だけでなく、耐震改修や、設備工事といった改修工事なども、建築士に依頼することができます。

建物のリフォーム・リノベーション・解体工事

床を張り替えるような簡単なリフォームであれば、リフォーム業者に施工を依頼するのでも構いません。ですが増築やリノベーションなど、建物の構造を大きく変える場合、建築士に依頼するのがおすすめです。なぜなら、建物の構造に関して熟知している建築士に依頼すれば、その工事の安全性や耐久性を確保できるからです。特に確認申請が必要となるような大規模なリフォーム・リノベーションであれば、建物設計を専門とする建築士に依頼するのがおすすめでしょう。また、解体工事に関しても建築士に依頼するのがおすすめです。解体工事では周辺の環境などにも配慮する必要があり、設計と同様、建物に関して専門性の高い建築士へ相談するのが良いでしょう。

建築物の調査・評価

中古の住宅を購入する際、心配なのはその建物の安全性です。屋根や外壁などは劣化していないか、耐震設計はどうなっているのかといった不安は少なからず出てくるでしょう。そのようなときに、建物の安全性を保証するため、建物診断を建築士に依頼することができます。建物診断では、雨漏りやひび、傾きなど、あらゆる視点で建物を調査・評価してもらいます。建物診断には専門業者もいますが、建物のプロである建築士であれば、その信頼性はより高いでしょう。特に不安の大きい耐震性の調査も、建築士には安心して任せられます。また、適切な評価は売主との価格交渉材料ともなります。そのため、住宅購入の際は住宅診断をおすすめします。

建築における申請手続き代行業務

建物を建てる場合や増築、大規模なリフォームなど行う場合、建物の施主は各自治体の指定確認検査機関に対し、確認申請を行わなければいけません。その建築計画が、建築基準法に違反していないか、確認するためです。ですがその手続きは書類が膨大で、建築の素人にとっては大変なものです。そこで、設計を行った建築士に確認申請を代行してもらうことで、その負担をなくすことができます。建築士が確認申請手続きを行う場合、一部の書類を省略することができます。また複雑な手続きに悩まされる心配もなく、施主にとってメリットが大きいでしょう。

よくある質問

建築士・建築家の料金はどのくらいかかる?

建築士・建築家が在籍する設計事務所に、工事費総額の約10〜20%を設計料・工事管理費を支払います。設計と工事管理を建築士・建築家が在籍する設計事務所が担って、実際の施工は工務店などが行うため、設計・施工・工事管理を丸ごと1箇所に依頼するよりも少々割高になります。

建築士・建築家の依頼における注意点は?

建築士・建築家に対して、何を一番に求めるのか、自分の中で譲れないものは何か考えてみましょう。建築士や建築家の方には「その人が得意とするデザイン」「先生が好きなデザイン」があります。また。建築士や建築家は「現場の施工に精通している現場の職人」ではないことも多々あります。現場の実際の施工は工務店が手がけるのです。そのため相手が建築士・建築家業者で施工は担当しないのかもしれなくても、施工の現場の職人ときちんと連携が取れるのかなども確認しましょう。工務店がデザインや設計をきちんと理解して作業にあたってもらうことで、いい家が作られます。

建築士・建築家を依頼する流れは?

5〜6社の建築士・建築家業者を選び、その中から1社に絞ります。絞るための基準は「全般的に自分の意見を聞いてもらい、デザインや設計をしてもらうのか」、それとも「自分の最も譲れないポイントだけ伝えて、あとはお任せするのか」、「全体的に完全に任せてしまうのか」など、いくつかあるでしょう。決めたら設計やデザインの打ち合わせに入ります。数ヶ月かかってもおかしくありません。設計やデザインが決まったら建築材料の素材などを選んで、着工、工事が完了したら引渡しと支払いを済ませて完了です。

建築士・建築家の選び方は?

建築士や建築家の事務所などが有名であるほど、「設計やデザインが、『依頼者の希望』よりも『先生の得意』『先生らしさを出す』建築やデザインになってしまう」ということもあります。おしゃれで住みやすいのか、おしゃれだけど住みにくいのか、建築家のスタイルによるデザインなのか、自分のライフスタイルに合わせてくれるのか、確認しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

建築士・建築家の中には、現場のことや施工のことに全く疎く「私たちはデザインのみ、施工は工務店さんにお任せしています」という業者も少なくないのだそうです。施工後の保証・補償の対象や期間・内容がどこに明記されているか(約款もしくは保証書があるのか)などを質問してみましょう。質問にすぐに答えてくれる業者は安心して依頼しましょう。しかし答えることができない業者は、トラブルになった時に「この工事は、施工会社が手がけたものだから私たちはわからないです、施工会社と話をつけてください」という展開にならないようにしたいですね。

こんな時も、建築士・建築家におまかせ

Q1:設計のみの依頼もできますか。

A1:はい、設計のみを依頼し、施工は別の施工会社に依頼するという形に対応する業者も多くいます。

Q2:敷地が決まっていない場合でも相談することは可能ですか。

A2:はい、敷地が決まっていない場合の相談にも対応している業者が多いです。予算に応じて敷地の可能性を検討し、様々な視点でアドバイスをしてもらえます。