大阪府骨とう品鑑定のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

大阪府の美術品・骨董品の買取鑑定業者

浦美術館では骨董品を始め「茶道具・香木・武具刀剣・珊瑚・象牙製品・絵画・西洋アンティーク・中国美術・宝石・ブランド品」まであらゆる商品の買取を取り扱っています。

詳細を見る

レアストーンズは宝石や稀少石、結晶鉱物やカット用原石、パワーストーン、アクセサリーなど天然石を多数取り揃え大阪市西区オリックス劇場の近くで販売しております。

詳細を見る

買取壱番本舗の松原本店でございます。一点一点誠心誠意査定にてお買い取りさせていただきます。お年寄りや女性の方お一人様でも気軽にお越しいただけるようなお店作りを目指し、皆様のご来店・お問い合わせを心よりお待ち申し上げます。

詳細を見る

お引越し、家屋建替や土蔵、納屋、物置などの整理に伴い、古美術品、古道具類など、ご処分又はコレクションを整理される場合はお知らせ下さい。ご相談の上、お伺いいたします。

詳細を見る

アドバンス株式会社

ニューユーザー

アドバンス株式会社 不用品の回収事業から買取までを行っています。 買取可能なものは積極的に行い、コスト削減を目指しています。 また、「無駄だから捨てる」ではなく、使えるものはリサイクルして未来につないでいきたいと考えています。

詳細を見る

貴金属、宝石、ブランド時計やバッグ、メダルを中心とした買取を行っております。 その他にもお酒や切手類、IT機器、おもちゃなどの買取もいたします。

詳細を見る

買取専門ならではのノウハウと米国宝石学会公認鑑定士の目で、高額買取に自信があります! ■ミネインターナショナルのお得な無料サービス! 査定手数料無料! 査定手数料は頂きません。

詳細を見る

【金・プラチナ・貴金属】 金やプラチナの指輪やネックレス等の貴金属製品の買取や、銀・シルバー指輪等の買取、純金製の仏像や彫塑品等の買取、又、金貨や銀貨・プラチナ貨、純金バー・プラチナバー・インゴット等の貴金属類等の買取を致しております。

詳細を見る

●ネックレスや指輪などの 金・プラチナ・地金製品強化買取中!! チギレていても古くても大歓迎です。 ●パソコン、デジカメ、ビデオカメラ、DVD等の 新品買取り 中古でも付属品があれば取扱可能な商品もございます。

詳細を見る

【時計】 =時計修理料金表= ◎電池交換 (料金は時計や電池の種類によって異なります) ○一般時計 500円~ ○輸入・ブラント・特殊電池 1.500円~ ◎バンド調整 ○コマはずし・足し 500円~ ○輸入・特殊バンド 1.500円~ ◎修理 ○ガラス交換 1.500円~ ○リューズ一式 3.000円~ ○分解掃除 ・一般クォーツ 8.000円~ ・手巻き、自動巻き 10.000円~ ・輸入、ブランド品 12.000円~ ◎その他 ○バンドピン、止め金具修理 ○時刻針のずれ、はずれ ○水が入った(水抜き調整) ○バンド交換 ○文字盤の新品仕上 ○掛時計、置時計の修理 ○その他お問合せ…

詳細を見る

創業百二十余年 新作振袖が豊富な品ぞろえ! 泉州の泉大津市を中心に新店舗を構える「紫宏苑 さかきち」 振袖・訪問着・留袖・袴のレンタル・購入すべてお任せください。

詳細を見る

★シルバーアイテムショップ ラグジュアリーセブン 新作はもちろん、シルバーアイテム新品も中古品も豊富に取り揃えております。 ネックレス・ペンダント・ペンダントトップ・リング・ウォレットチェーン・ブレスレット・ピアス・財布・ 時計 ベルト・靴・ジッポ・衣類など ★シルバーアクセサリー 買取 高価買取中! おかげさまで多くのお客様に【シルバーアクセサリー】をお売り頂いております。

詳細を見る

実際の依頼例

美術品・骨董品の買取鑑定業者をお願いしました

大阪府における美術品・骨董品の買取鑑定業者の依頼例

美術品・骨董品の買取鑑定が必要なとき

骨董品とは

骨董品は一般に、希少価値や美術価値のある古美術や古道具と意味付けられています。その年数は厳密に定義されておらず、日本においては数百年前から数十年前に作られたものまで、幅広い年月のものが骨董品として取り扱われています。なおアメリカでは、1934年に制定された通称関税法により、“製造から100年が経過した手工芸品・工芸品・美術品”を骨董品(アンティーク)と定義しているようです。骨董品の種類は幅広く、大きく分類すると、陶磁器・茶道具、書画・絵画、彫刻・工芸と分けることができます。具体的にどのようなものがあるか、以下でご紹介していきます。

陶磁器・茶道具

陶磁器は、簡単にいうと焼き物を指します。主に日本や中国、韓国など、アジアの焼き物が価値ある骨董品として扱われます。茶道具とは、その名の通り、茶道に用いる道具を指します。具体的に、陶磁器は土器、炻器、須恵器、伊万里焼、印判磁器、益子焼、西洋陶磁器などがあります。茶道具は、茶碗や茶碗をすすいだ水を捨てる建水、水を入れておく水指、湯を沸かすための鉄瓶、蓋やひしゃくを置くための蓋置、茶花を入れる花入、お香を入れる香合などがあります。

絵画・書画

骨董品の中で、絵画や書画といったジャンルは想像がしやすいのではないでしょうか。絵画は様々な手法で描かれた絵を指します。対して書画は、毛筆で書いた文字と絵画が一体化したものを指します。文字だけの書を指す場合もあります。具体的には唐絵や大和絵などの日本画、油彩画、水彩画、水墨画、版画、パステル画、デッサン、掛け軸、屏風などが挙げられます。雪舟や葛飾北斎、歌川広重などが、有名な作者として挙げられるのではないでしょうか。

彫刻・工芸品

彫刻や工芸品も、様々な時代の技術が込められている骨董品です。彫刻とは、木、石、土、象牙、金属といった様々な素材を彫って作られる作品を言います。工芸品は、暮らしの道具として作られた作品全般を言います。具体的に彫刻は、木彫、象牙彫、ブロンズ彫刻、仏像彫刻、ギリシャ彫刻などがあります。工芸品は、漆器、江戸切子、江戸硝子、蒔絵、時代箪笥、バカラ、ヴェネチアンガラス、コーヒーミルなどがあります。

その他の骨董品

以上が主な骨董品の分類ですが、上記の分類だけでは分けられないような骨董品もあります。そのひとつがおもちゃです。1902年に誕生したテディベアの人形やバービー人形、元祖フランス人形であるビスクドールやブリキ人形なども、骨董品とされています。他にも甲冑や日本刀などの刀剣武具、印籠、着物で印籠などを留めるために使う根付、火鉢、古書などが骨董品として取り扱われます。

鑑定と査定の違い

骨董品の価値を出す方法に、“鑑定”と“査定”の2種類の方法があります。まず鑑定とは、作品の真贋を見極めることです。つまり、その作品が本物か偽物かを判断するのです。作家の資料を調査したり、素材を科学的に分析したりすることで、その骨董品の真贋と価値を出します。本物であった場合、真作だと示す法的効力を持った鑑定証書も発行してもらえます。査定は、骨董品が本物であることを前提に、その市場価格を出すことです。単なる売却目的で行うのであれば問題はありませんが、鑑定証書は出してもらえません。専門家に作品の真贋を見極めてほしいのか、とにかく売りたいのか、目的を明確にした上で依頼するようにしましょう。

骨董品以外にも取り扱われるもの

また、骨董品の買取を行う業者の中には、骨董品以外の品物も買い取ってもらえるところがあります。具体的には金券、チケット、貴金属、宝石などがあり、中にはお酒を古酒として買い取っている業者もいます。ブランデーやウイスキー、ワイン、中国酒といったお酒は年月が経つほど価値が上がるものもあり、国産酒・洋酒を問わず、幅広いお酒を買い取っているようです。

よくある質問

美術品・骨董品の買取鑑定の料金はどのくらいかかる?

ジャンルや作家により鑑定料が異なってきますが、鑑定料の相場は3万〜6万円程度かかります。また、鑑定料を定額にせず、買取額の10%〜20%と設定するところもあります。何点か鑑定を依頼する場合、鑑定料の割引に対応している業者もいるようです。また鑑定の結果真作であり、鑑定証書を発行する場合、発行料として1〜3万円程度かかる場合が多いです。なお買取店やリサイクルショップなどで行われているのは、鑑定ではなく査定であることがほとんどです。科学的な判定を出すなどの本格的な鑑定が行われないぶん、査定料を無料とすることも多いです。

美術品・骨董品の買取鑑定の依頼における注意点は?

対応がいい加減な業者は、鑑定の信頼性も低く、避けた方が良いでしょう。問い合わせなどの対応が遅い、または何か質問をした時の答えが曖昧ではぐらかされるような業者の場合、信頼に欠けます。大切な品の価値を見定めてもらうのであれば、対応の細かい部分も丁寧な、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

美術品・骨董品の買取鑑定を依頼する流れは?

まずは業者に問い合わせて、鑑定を依頼する品数や、その内容についてヒアリングしてもらいます。ヒアリングの後は鑑定を行ってもらうため、日程を調整します。業者によっては即日鑑定に対応しているところもあります。当日は鑑定を依頼する品物や、購入時の書類などを用意しておき、鑑定してもらいます。鑑定が完了した後はその場で鑑定料支払いとなり、鑑定証書を発行してもらう場合はその発行手数料も支払います。

美術品・骨董品の買取鑑定業者の選び方は?

業者ごとに、得意分野は異なっています。特定の作家の作品鑑定を得意とする業者もいれば、現代美術工芸品の鑑定を得意とする業者など、その分野は様々です。鑑定してほしい品物がどのような品目に分類され、どの作家によるものなのか、できるだけ事前に調べた上で、その分野を得意とする業者に依頼するのがおすすめでしょう。大体の業者は、ホームページに扱う品目や得意とする品目を記載しています。もしホームページなどだけでは判断できない場合、足を運ぶことにはなりますが店に展示されている品物でも判断できます。自分が鑑定してほしい品物と、近いものが多く扱われている業者を選ぶようにしましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

鑑定証書を発行してもらえるような本格的な鑑定の場合、その作品の真贋は明確になり、正しい価値を出してもらえます。ですが、そのような鑑定には数万円かかり、気軽に依頼できるようなことではありません。業者によっては、LINEやメールで写真を送り、データによる無料査定で大まかな暫定査定額を出すサービスを行っているところもあります。品物の売却を前提としていて、鑑定料と査定額のつり合いが取れるか不安な時などは、こうしたサービスを鑑定の前に利用するのも良いでしょう。

こんな時も、美術品・骨董品の買取鑑定業者におまかせ

Q1:作品の作家や年代が分からないのですが、このような場合でも鑑定してもらえますか。

A1:はい。作家などが不明であっても、鑑定に対応してもらえる業者がほとんどのためご安心ください。

Q2:保存状態が悪いものでも価値を鑑定してもらうことはできますか。

A2:はい、保存状態が悪くなってしまったものでも鑑定に応じてもらえる業者がほとんどです。