和歌山県介護・バリアフリーリフォームのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

和歌山県の介護・バリアフリーのリフォーム工事業者

株式会社 夢工務店

ニューユーザー

小さな事でも構いませんので何でもご相談下さい。夢工務店では外壁塗装、防水工事などの外装工事から水廻り、内装工事などの総合リフォームをおこなっております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

エクステリアを創造するにあたり、最も重要な要素は「調和」にある。私達は考えます。「調和」とは機能と美の調和既に存在する家や、オブジェ、風土や季節の移ろいとの調和です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私どもは和歌山県内を中心にエコキュート、IHクッキングヒーターなどのオール電化工事、太陽光発電システムの設置工事から家電製品の取り扱いまで、電気工事業全般を専門とする地球に優しいエコライフを目指す電気工事のプロ集団です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

関西ではあまり知られていない石州瓦。 塩害・凍害20年メーカー完全保障。 新築工事は当然、葺き替え工事でも、2度目の葺き替え工事はいりません。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

玉置 直樹

ニューユーザー

テストテスト

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社の製品は、従来よりアスベスト(石綿)を一切含まない屋根瓦となっております。 特殊繊維を効率よく分散配合したモルタルを、高圧プレスにより形成し、優れた耐久性と、安心してお使いいただける素材となっております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

住宅の改築、改装、リフォーム、耐久補強などお客様が満足していただける空間作りをプランニングします。責任を持った施工からアフターサービスまで信頼のある仕事で評判です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

不動産を売却する場合には、仲介手数料を支払い、買主を探す「仲介」の方法があり、これは売却までに期間を要しても希望金額で売りたい場合に向いています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

増築、改築、バリアフリー化などのリフォームを承っております。外装、内装、屋根やエクステリア工事、外断熱、浴室やキッチンやトイレなど、リフォームのことはお任せください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

水漏れ・排水管トラブルならお任せください。 水漏れ箇所を突き止め、適切な工事をいたします。 流し台、浴室、トイレなどつまりの原因、悪臭の原因を探します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

部屋には人の呼吸による水蒸気、二酸化炭素建材等からホルムアルデヒド、アンモニアガスなどが発生します。 これを畳は吸着、調湿します。 湿度の調整作用に優れ、カビやダニの発生を抑え、お部屋の空気をきれいにし、音や振動も吸収! 下階や隣室への音を和らげます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

屋根の葺き替えを行います。 職人が伝統の技本に基づき作業を行います。熟練の職人の、丁寧な施工です。 施工だけでなく、葺師の育成や技術向上にも努めてきました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

介護・バリアフリーのリフォーム工事業者をお願いしました

和歌山県における介護・バリアフリーのリフォーム工事業者の依頼例

よくある質問

介護・バリアフリーリフォームの料金はどのくらいかかる?

浴室と脱衣所に暖房を取り付けてヒートショック防止をする料金は、浴室用は約13万円前後〜、脱衣所は約8万円〜15万円前後です。追加で電気工事が必要な場合もあります。トイレを内装ごとリフォームする料金は、地域や住宅の構造、選択した便器、内装の仕様などにより、価格が大幅に変動します。相場は19~34万円程度です。玄関にスロープをつける料金は1平方メートル約3万円前後です。傾斜 やスロープの幅、長さに応じて面積と料金が変動します。

「介護・バリアフリーリフォームの料金相場」は、「介護・バリアフリーリフォームとしてどのようなリフォームをするのか」というリフォームの細かい内容によって異なります。

手すりを新しく取り付けるのにかかる費用は、(手すり本体の費用+工事費用)の合計です。どのような手すりを何本、どこに取り付けるのかによって費用が変わります。手すり本体の費用は、シンプルなものは1万円以下〜屋外用の鉄製の手すりや屋内の飾り用手すりには数十万円するものもあります。工事費用も、1本だけの取り付けに1万円以下のこともあれば〜数十万円かかることもあります。取り付け場所はお風呂・トイレ・玄関・ベッドサイドなどが想定できます。

介護・バリアフリーリフォームの依頼における注意点は?

誰のために介護・バリアフリーリフォームをするのか、他の家族にとっても使い勝手がいいこと、単なる介護・バリアフリーリフォームにするのかユニバーサルデザインにするのか、福祉住環境コーディネーターに相談できるのか(相談しているリフォーム会社にそのような有識者がいるのか)を注意しましょう。

誰のためにするのかを考えるとき、自ずと「した方がいいこと」「するべきこと」が明確になります。また、現段階の必要なものだけでなく、未来に必要な仕様にすることも大切です。

介護・バリアフリーリフォームを依頼する流れは?

見積もり依頼を数社に依頼して、見積書を比較してリフォーム業者を選定します。1社に絞ったら契約をかわして着工してもらい、完了したら契約金を清算して完了となります。

介護・バリアフリーリフォーム業者の選び方は?

業者と工事内容には相性があります。介護・バリアフリーリフォームの実績がある業者を選びましょう。してもらいたいと考えているリフォーム内容を、過去に施工した実績があるかどうかを質問して、実績があると明確に回答する業者を選んでください。

その他気を付けるべきポイントは?

介護・バリアフリーリフォームを最も必要としている人、要介護の家族と、要介護の家族と最も過ごす時間が長い人にとって使いやすいリフォームが行われることが最も大切です。朝起きてから、家で過ごす時、外に出かける時など、行動を時系列でイメージしましょう。「デイサービスやデイケアから帰ってくる時間に暗くなっていることがある、家の前が暗くて今ある照明だけでは足りないから照明を追加する」、そのリフォームも介護・バリアフリーリフォームのひとつです。